ベントレー、ミュルザンヌの10年を振り返るショートフィルムを公開【動画】

公開日 : 2020/05/12 17:55 最終更新日 : 2020/05/12 17:55

ミュルザンヌの10年を振り返るショートフィルム

Bentley Mulsanne

ベントレー ミュルザンヌ

 

 

新型コロナウイルスの影響で生産完了は夏になる見込み

 

ベントレーは、間もなく生産を終えるミュルザンヌの10年に及ぶモデルライフをまとめた動画を公開した。1分50秒の動画では、2009年にペブルビーチで開催されたワールドプレミアの模様から、マリナーによって製作された限定仕様「6.75エディション」まで、ミュルザンヌが辿ってきた道程を映像で追っている。

 

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、英国クルーのベントレー本社工場は一時的に閉鎖されており、ミュルザンヌの最終仕様である「6.75エディション」を含む30台の製造がストップ。生産終了は当初の2020年春から夏まで延長される可能性が高くなっている。

 

クルーにおいてハンドメイドで製造されるミュルザンヌはラインオフ後に600項目に及ぶ品質検査を受け、それが終了するとベントレーのフラッグシップとして君臨してきたミュルザンヌの時代は幕を降ろす。そのバトンはすでに発表されている新型フライングスパーに引き継がれることになる。

 

 

 

【関連記事】

ついに生産を終える名作「ベントレー ミュルザンヌ」への想いを、清水和夫と渡辺敏史が語る【動画レポート】

伝統の最終章「ベントレー ミュルザンヌ」を渡辺慎太郎が味わう

最後のグランドベントレー「ミュルザンヌ」を創り出した人々

生産を終えるベントレー ミュルザンヌ、フラッグシップとして君臨した10年間を振り返る