進化を続けた「ムルシエラゴ」後期編(2006-2009)【ランボルギーニ ヒストリー】

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP 640

Lamborghini Murcielago LP 640

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP 640

 

 

2006年には640psにパワーアップ

 

アウディの主導で進められた新世代12気筒ミッドシップ、ムルシエラゴの開発。確かにムルシエラゴは先進のメカニズムを採用し、デザインにも斬新さが満ち溢れるモデルだったが、その一方で鋼管スペースフレームを継続して採用したことや、何よりカウンタックの開発時に、かのパオロ・スタンツァーニが考案した独特なパワーユニットの搭載方法、すなわち一般的なフロントエンジン車とは前後逆方向にパワーユニットを後方から搭載するという、いわば力技ともいえる方法を継承するクラシカルな一面ももつモデルだった。先進と伝統の共存、ムルシエラゴはまさにこう表現すべき12気筒モデルだったのだ。

 

ムルシエラゴは2001年のデビュー以来、スーパーカーの市場では常に大きな話題を呼び、ランボルギーニ、そしてアウディの狙い通りに好調なセールスを続けてきた。途中で追加されたロードスターは、そのデビュー前年に発表されたプロトタイプがバルケッタと呼ばれたことにも象徴されるように、イタリアの伝統的なオープンモデルの姿を再現したもの。すなわち簡素なソフトトップのみを備える軽量なオープンスポーツというコンセプトが高く評価され、最大の市場であるアメリカのみならず世界中で好評を博していた。

 

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP 640 ロードスター

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP 640 ロードスター。LPの名はカウンタック以来の使用で、この頃からパワー値と組み合わた車名が使用されるようになった。

 

ヴェルサーチとのコラボレーションモデルも登場!

 

そして、2006年になるとランボルギーニはムルシエラゴのビッグマイナーチェンジ版ともいえる「LP 640」を発表。その商品力をさらに高める戦略をスタートさせる。LP 640というサブネームは、ランボルギーニのファンにはカウンタック時代を彷彿させるもので、“LP”はそれと同様にエンジンをミッドに(後方に)縦置き搭載することを意味している。カウンタックと異なるのは、それに続く数字がV型12気筒エンジンの最高出力を表していること。LP 640に搭載されたV型12気筒エンジンは、排気量をさらに6496ccにまで拡大した640ps仕様だった。

 

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP 640 ロードスター ヴェルサーチ

ファッション・ブランドのジャンニ・ヴェルサーチとのコラボレーションモデル「LP 640 ヴェルサーチ」は2006年に発表。そのロードスターは2008年に、いずれも限定車としてデビューする。左右のシート間にはVersaceの名を刻んだプレートが貼られている。

 

さらにランボルギーニは、同年末にはそのオープン仕様となる「LP 640 ロードスター」を発表。そしてデビュー順は若干前後するが、この2006年にはファッション・ブランドのジャンニ・ヴェルサーチとのコラボレーションによる限定車も誕生した。2008年にはそのロードスター仕様も発表され、その独特なフィニッシュは当時話題を呼んだ。

 

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP 670 SV

SV=スーパーヴェローチェの称号が与えられた「ムルシエラゴ LP 670-4 SV」。V12エンジンは670psまで高められ、同時に100kgもの軽量化により、刺激的な走行性で魅了した。

 

670ps仕様のSVは350台の限定で2009年にデビュー

 

2009年になると、究極のムルシエラゴともいうべきモデル「LP 670-4 SV」が登場する。SV(Superveloce=スーパーヴェローチェ)とは、ミウラやディアブロでも使用されたランボルギーニでは最も価値ある称号のひとつ。その戦闘的なフォルムはもちろんのこと、スタンダードなムルシエラゴからさらに30psのエクストラパワーを得て、最高出力670psを発揮。このV型12気筒エンジンは、新タイプのインテークやエキゾーストシステムの変更など、独自のチューニングによって実現したものだった。同時に軽量化もより徹底され、ウエイトは1565kgとLP 640比で実に100kgも軽い数字を達成。前後のフェンダーやリヤサイドパネルなどをカーボンファイバー化したほか、インテリアやパワートレーンなどの軽量化により、この100kgのダイエットは実現できたと説明されている。参考までに350台が限定販売されたLP 670-4 SVの最高速度は342km/h。0→100km/h加速は3.2秒という、非常に刺激的な数字が並んだ。

 

ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP 650-4 ロードスター

個性際立つカラーリングをまとう「ムルシエラゴ LP 650-4 ロードスター」。50台限定という超希少車。

 

独特のカラーが際立つ、LP 650-4 ロードスター

 

LP 670-4 SVの誕生からわずか10日後、ランボルギーニはロードスターにも新たなハイパフォーマンスモデル「LP 650-4 ロードスター」を発表している。グレー系の専用色、グリジオ・テレストを採用し、オレンジのアクセントカラーを専用のロゴやボトム部に使用した、個性際立つ雰囲気をもつ。V型12気筒エンジンを650psにまでチューニングしたこのモデルは50台の限定車で、現在ではコレクターズアイテムのひとつとなっている。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP 640

発表:2006年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:6496cc

圧縮比:11.0

最高出力:471kW(640ps)/8000rpm

最大トルク:660Nm/6000rpm

トランスミッション:6速MT(6速セミAT)

駆動方式:AWD

車両重量:1665kg

最高速度:340km/h

 

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP 640 ロードスター

発表:2006年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:6496cc

圧縮比:11.0

最高出力:471kW(640ps)/8000rpm

最大トルク:660Nm/6000rpm

トランスミッション:6速MT(6速セミAT)

駆動方式:AWD

車両重量:1665kg

最高速度:330km/h

 

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP 670-4 SV

発表:2009年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:6496cc

圧縮比:11.0

最高出力:493kW(670ps)/8000rpm

最大トルク:660Nm/6000rpm

トランスミッション:6速MT(6速セミAT)

駆動方式:AWD

車両重量:1565kg

最高速度:342km/h

 

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP 650-4 ロードスター

発表:2009年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:6496cc

圧縮比:11.0

最高出力:478kW(650ps)/8000rpm

最大トルク:660Nm/6000rpm

駆動方式:AWD

最高速度:330km/h

 

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)