タイプ992の「ポルシェ 911 タルガ4/4 S」デビュー! わずか19秒でルーフの開閉が可能

公開日 : 2020/05/18 14:22 最終更新日 : 2020/05/18 14:35


ポルシェ 911タルガのエクステリア

Porsche 911 Targa 4 / Targa 4 S

ポルシェ 911タルガ4/タルガ4S

 

 

シャラポワとベルクマイスターがタルガを発表

 

クーペ、カブリオレに続き、新世代ポルシェ911(タイプ992)の3つ目のボディバリエーションとして、4輪駆動の911タルガ(911タルガ4、911タルガ4S)が追加された。この新型911タルガは、ポルシェのウェブTVチャンネル「9:11 Magazine」で公開されている。

 

ワールドプレミア番組では、ポルシェのブランドアンバサダーを務めるテニス選手のマリア・シャラポワ、レーシングドライバーのヨルグ・ベルクマイスターとともに、911と718の開発責任者であるフランク-シュテファン・ヴァリザー博士が登場し、911タルガの新機能を紹介した。下記のリンクからこのワールドプレミアの様子を見ることができる。

 

ポルシェ 911 タルガのサイドエクステリア

1965年に初代911のボディバリエーションとして登場した「タルガ」は、カブリオレとクーペの美点を両立するモデルとして高い人気を集めてきた。

 

カブリオレの爽快感とクーペの使い勝手を両立

 

911タルガの特徴は、革新的な全自動ルーフシステムにある。1965年にデビューした伝説的なオリジナルの「911タルガ 2.0」と同様に、特徴的なワイドロールフープ、可動式ルーフ、ラップアラウンド式リヤウインドウを装備。ルーフの開閉はわずか19秒で行うことが可能だ。

 

デビュー当時、取り外し可能なルーフを備えた911タルガは「アンチロールバー付きの安全なカブリオレ」として販売され、すぐにポルシェ独自のスタイルアイコンとなった。それ以降の世代でもオープントップの爽快感とクーペの日常的な使い勝手のよさ、そして安全性を確保したモデルとして人気を集めている。

 

ポルシェ 911タルガの走行シーン

搭載される3.0リッター水平対向6気筒ツインターボは、タルガ4Sが最高出力450ps、タルガ4は385psを発揮。タルガ4Sでは最高速度が300km/hオーバーを実現した。

 

3.0リッター水平対向6気筒ツインターボで4輪を駆動

 

パワーユニットは、3.0リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。911タルガ4は最高出力283kW(385ps)を発揮し、オプションのスポーツクロノ・パッケージとの組み合わせにより、0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は289km/hを発揮する。一方、911タルガ4Sは最高出力331kW(450ps)を誇り、0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は304km/hを実現した。

 

911タルガ4、911タルガ4Sともに、8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)、インテリジェントAWDのポルシェ・トラクションマネジメント(PTM)を標準装備。PTMによってフロントドライブの機能を強化しており、あらゆる路面状況において優れたトラクション性能を発揮する。

 

911タルガ4Sでは新開発の7速マニュアルギヤボックスもチョイス可能で、こちらはスポーツクロノパッケージが付属。また、最新世代のアダプティブ・クルーズ・コントロール「イノドライブ(InnoDrive)」と、フロントアクスルの「スマートリフト(Smartlift)」が含まれている。

 

他の第8世代ポルシェ 911と同様に、タルガ・モデルにも「ポルシェ・ウェットモード」が標準装備される。フロントホイールハウジングに取り付けられたセンサーが濡れた路面を検知すると、ドライバーに手動でウェットモードへと切り替えるように指示が表示される。これにより、コンディションに合わせて応答性が変更され、最大限の走行安定性が確保されることになる。

 

ポルシェ 911タルガのインテリア

クラシカルな雰囲気を持ちながら、最新のデジタルデバイス「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント」を搭載。Apple CarPlayなどにも対応する。

 

70年代の911にインスピレーションを得たインテリア

 

インテリアは1970年代の911にインスピレーションを得ている。ポルシェの特徴である中央のレブカウンターのほかに、ふたつのフレームレス薄型フリーフォームディスプレイを設置した。

 

センターコンソールの「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)」の10.9インチ・センタースクリーンの下には、車両の重要機能に直接アクセスできるコンパクトなスイッチユニットを配置。PCMにはオンラインナビゲーションや、Apple CarPlayを含むコネクト・プラスなどの機能が標準装備されている。

 

「ポルシェ・テクイップメント」の豊富なオプションや、「ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクチャー」によるパーソナライゼーションプログラムによって、個性的な1台に仕上げることも可能。ポルシェは、伝統的なスタイルに仕上げた特別仕様を6月にも投入する予定だ。

 

日本国内での車両本体価格(税込)は、911タルガ4が1729万円、911タルガ4Sが2060万円となる。

 

 

【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911

 

 

【関連リンク】

・9:11 Magazine

https://911-magazine.porsche.com/en/index.html