新型フォルクスワーゲン ゴルフ GTIは新様式の制御デバイスを搭載! 進化を遂げたホットハッチのアイコン

公開日 : 2020/05/19 11:55 最終更新日 : 2020/05/19 13:40


フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 正面イメージ

Volkswagen Golf GTI

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI

 

 

最新ホットハッチは先進の統合制御デバイスを搭載

 

フォルクスワーゲンは2020年2月に8代目ゴルフの高性能仕様、GTIを世界に向けて公開した。ホットハッチの代名詞として半世紀にわたり君臨してきた代表選手は、セグメントの勢力図に再び波乱を巻き起こす気配だ。

 

なかでも注目したいのが、新型ゴルフ GTIが搭載する次世代の統合制御デバイス「ビークル ダイナミクス マネージャー」である。

 

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI フロント走行イメージ

8代目ゴルフベースのGTIは最新の統合制御デバイスを搭載。DCCやフロントデフロック機構などと組み合わせることで、FF車の高速コーナリング時に見られるアンダーステア傾向を解消した。

 

FF特有のアンダーステアを打ち消す

 

フォルクスワーゲンのドライビング ダイナミクス部門を率いるカルステン・シェブスダートは次のように説明している。

 

「ビークル ダイナミクス マネージャーは、電気システムと機械システムの複合体である足まわりを“中枢”で調整するハイレベルなコントロールシステムです。フロントディファレンシャルロック機構と協働してゴルフ GTIのパフォーマンス全体を次のレベルへと押し上げます。さらに、ソフトウェアが新しくなったDCC(ダンパーの減衰力やパワーステアリングの設定を電子制御するシステム)と組み合わせることで一層の威力を発揮します」

 

ドライバーは走行モードやDCCのモードを様々に切り替えて好みのセッティングを試すことができる。シャープなハンドリングを与えられた新型ゴルフ GTIはこれまで以上に正確かつ精密なドライビングを実現。実際、前輪駆動車特有のアンダーステア傾向も見られなくなったという。

 

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI コクピットイメージ

新しい革巻きマルチファンクション・ステアリングホイールのスポーク部分には、GTIを象徴するカラーである赤を配している。

 

245ps+370Nmの2.0リッターガソリンエンジンを搭載

 

8代目ゴルフに加わる伝統のホットハッチは、これまでの慣例に従い「パワフルなガソリンエンジン+前輪駆動」のレシピを守る。過給器付きの直噴2.0リッターユニット(EA888 evo4)が発揮するのは、最高出力245ps、最大トルク370Nm。7代目ゴルフ GTIに比べて出力で+15ps、トルクで+20Nmアップしている。

 

8代目ゴルフの標準仕様が積む1.5リッター直列4気筒ガソリンターボの高出力モデルは150ps/250Nm、最上級の2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボモデルでも150ps/360Nmであり、GTIの力強さが群を抜いているのが分かる。

 

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI センターコンソールイメージ

エンジンのスタート&ストップボタンがドライバーに始動を促すように点滅するという演出も用意された。

 

GTI専用の意匠で全身360度を“武装”

 

専用のフロントバンパーやハニカムグリルに加え、ラジエーターグリルにはデイタイムランニングライトと統合された水平基調のLEDバーを装着する。ハニカムグリルのパターンの一部のようにデザインされたフォグライトはオプションとして用意する模様。

 

また、LEDマトリクスヘッドライト“IQ.ライト”もオプション設定される。ヘッドライトユニットそれぞれに22個のLEDを備え、10通りのパターンで路面を照射する先進のシステムだ。

 

足元には17インチのアルミホイールを標準装備。GTI専用のリヤディフューザーや左右2本出しのテールパイプを備えるとともに、LEDテールランプを標準で装着した後ろ姿もGTI“らしさ”を主張する。

 

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI チェック柄シートイメージ

GTIの伝統といえるチェック柄シートも最新型に合わせて新開発。サイドには赤のアクセントカラーが配されている。

 

伝統のチェック柄シートも最新パターンに進化

 

運転席の前方には10.25インチのデジタル・コクピットと10インチのナビゲーションシステムを組み合わせた「デジタル時代」ならではの風景が広がる。30色の背景色などを用意し、好みに合わせて運転席周りの雰囲気を変えることができるのも最新のトレンド。タッチコントロール付きの革巻きマルチファンクション・ステアリングホイールのスポーク部分には、GTIを象徴するカラーである赤を印象的に配した。ドアを開けるとエンジンのスタート&ストップボタンが赤く点滅してドライバーに始動を促すというギミックも用意する。

 

デジタル化を積極的に進めた最新のゴルフといえど、GTI伝統のアイコンはもれなく踏襲。ラジエーターグリルに水平に走る赤いライン、そしてもちろん新しく進化したチェック柄のシート地も採用している。VWはこのチェック柄を「Scalepaper(方眼紙)」と呼んでいる。

 

新型フォルクスワーゲン ゴルフ GTIおよびGTD、GTEの3台イメージ

8代目ゴルフに追加予定のGTI(写真中央)、そしてディーゼルのGTD(同左)とPHVのGTE(同右)。いずれも日本への導入時期は未定。

 

さらに、8代目ゴルフに準ずる最先端の機構を採用。210km/hまで対応する運転支援システム“トラベル・アシスト”をはじめ、半径800mまでの範囲にいる車両や交通インフラストラクチャーと相互に連携する車車間・路車間通信「Car2X」も標準で搭載する。

 

ホットハッチの代名詞ともいえるGTIがいよいよ次世代へ。いまやプレミアムブランドもこぞって参入しているこのセグメントで、元祖がいかなる闘いを見せるか。

 

新型ゴルフ GTIは欧州市場への導入は2020年下半期を予定している。日本への導入時期は未定。

 

 

【関連記事】

コンパクトハッチバック最新事情鼎談。渡辺慎太郎&渡辺敏史がCセグメントを語る