アルファロメオ、110年の全てを凝縮した電子書籍を発表。博物館監修の貴重な歴史本を公開

2020/05/19 06:30

電子書籍、アルファロメオ110周年記念ヒストリーブックイメージ

24HPから最新のジュリアGTAまで

 

アルファロメオは2020年6月24日に創立110周年を迎える。その記念すべき節目を前に、2020年5月18日に1世紀以上にわたる歴史をまとめた電子書籍『E-Book』の英語版を公開した。2020年6月24日には日本語版がアルファロメオの日本公式サイト上にアップされる予定。

 

公式のヒストリーブックとなる本誌には1910年に公開された初代A.L.F.A.「24HP」をはじめ、最新のジュリアに追加されたGTAや今後導入予定のクロスオーバーモデル「Tonale(トナーレ)」など、古典から最新作までを網羅。アルファロメオにまつわる知識や歴史、蘊蓄が凝縮されている。

 

電子書籍、アルファロメオ110周年記念ヒストリーブックの中面イメージ

アルファロメオのテストドライバーやバロッコのテストコースなど、当時の雰囲気を切り取った写真が満載されている。

 

アルファロメオ ミュージアム館長が監修

 

本誌の監修を務めたのはアルファロメオ ミュージアムの館長、ロレンツォ・アルディツィオ氏。同ミュージアムといえば、膨大な資料や動態保存を基本とする貴重な所蔵車の数々、厳密な研究や整理、魅力的な公開方法に定評がある。

 

アルファロメオ ミュージアムの館長、ロレンツォ・アルディツィオ氏イメージ

今回の公式ヒストリーブックを監修したアルファロメオ ミュージアムの館長、ロレンツォ・アルディツィオ氏。

 

『E-Book』は「Values(価値)」「Cars(車両)」「People(人)」「Races(レース)」「Technology(技術)」「Stories(物語)」に焦点を当て、証言やドラマ、エピソードを満載。同誌を上梓した理由について、ロレンツォ・アルディツィオ館長は「なぜこれほどまでにアルファロメオが人々に愛されているのかを突き詰めたかった」と語っている。

 

電子書籍、アルファロメオ110周年記念ヒストリーブックの中面イメージ

ディスコ ヴォランテや、ジュリエッタ スプリントの木型などの写真も掲載。電子書籍だから拡大してじっくり眺めることもできる。

 

日本語版は“110周年の日”に公開予定

 

エンツォ・フェラーリのワークスドライバー時代をはじめとする栄光のモータースポーツ史をはじめ、歴代モデルからエンブレムの変遷、デザイナーや館長の「お気に入りの一台」など、その内容はバラエティに富んでおり、読み物として非常に良質。貴重な写真や証言も数多く、資料性も高い。

 

電子書籍、アルファロメオ110周年記念ヒストリーブックの中面イメージ

『E-Book』の中には歴代ロゴの変遷などを紹介するページもあり、アルフィスタなら必読の内容になっている。日本語版は2020年6月24日に公開される予定だ。

 

アルファロメオ110周年記念電子書籍『E-Book』は本国公式サイト上でまずは英語版を閲覧可能。日本語版は創立110周年を大々的に祝う2020年6月24日に日本の公式サイト上で公開する計画だ。