フェラーリ ミュージアムが再開! モデナのムゼオ エンツォ フェラーリも

フェラーリ ミュージアム

Ferrari Museum

フェラーリ ミュージアム

 

 

マスクの着用を義務化。医療従事者は無料に

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため一時閉館していたマラネッロの「フェラーリ ミュージアム」とモデナの「ムゼオ エンツォ フェラーリ」は、イタリア政府の法令に基づき一般公開を再開した。

 

エミリア・ロマーニャ州の衛生上の非常事態宣言に従い2月24日より閉館していた両ミュージアムは、来館者とスタッフの健康を守るために新たに一連の対策を講じたうえで、すべての展示を再開。「Ferrari at 24 Heures du Mans」や「Hypercars」、「Grand Tour」といった展示を以前とほぼ同様に楽しめるようになった。

 

ムゼオ エンツォ フェラーリ

ムゼオ エンツォ フェラーリ

 

Museo Enzo Ferrari

ムゼオ エンツォ フェラーリ

 

入口では来場者全員を対象にサーマルスキャナーによる検温を行い、マスクの着用を義務としながらも持ち合わせていない場合はミュージアムが無料で提供する。また、床にマークを示してソーシャルディスタンスのルールが守られるように配慮もしている。

 

来場者を制限するためにミュージアムのサイトにあるオンラインのチケットオフィスでは、来場時間を指定してチケットを購入できるほか、医療従事者は2020年末まで感謝を示す意味で両ミュージアムの入場を無料にした(期間中、家族は割引料金)。