ブガッティ シロン ピュール スポール、サーキットテストを再開

ビルスター・ベルクに持ち込まれた2台のシロン ピュール スポール

Bugatti Chiron Pur Sport

ブガッティ シロン ピュール スポール

 

 

ロックダウンが明けて久々のテスト再開

 

地鳴りのようなエキゾーストノートとスキッド音を響かせながら「ブガッティ シロン ピュール スポール」がストレートをフルスロットルで駆け抜けていく。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による数週間にわたるロックダウンを経て、ブガッティのエンジニアはハイパースポーツのサーキットテストを再スタートした。

 

テストでは、シャシー、ハンドリング、ダンパーコントロール、ステアリング、タイヤの摩耗、ギヤボックスなどの細かなセッティング調整が繰り返された。本格的な生産に向けて、新仕様のパワーユニットをテストするためにも必要不可欠なものとなる。また、あらゆる荷重条件やスピード域における車両の全体のフィーリングも繰り返しチェックされた。

 

ブガッティの開発責任者を務めるステファン・エルロットは、今回のテスト再開について以下のようにコメントした。

 

「シロン ピュール スポールは最高のパフォーマンスに加えて、抜群のコーナリング性能を発揮できるように開発されています。サーキットでのテスト再スタートは、開発陣にとって非常に重要なことです。いかにテストコースでマイレージを稼げるかが鍵になりました」

 

ビルスター・ベルクでのシロン ピュール スポールのテスト

今回、高低差の激しいドイツのビルスター・ベルクがテストトラックに選ばれ、シロン ピュール スポールによる3日間の走り込みが行われた。

 

ビルスター・ベルクで3日間の集中的なテスト

 

ドイツ・テートブルクの森に位置する「ビルスター・ベルク(Bilster Berg)」は、高低差の激しいレイアウトを持つ全長4207mのサーキット。NATO(北大西洋条約機構)の弾薬庫施設から改修されたビルスター・ベルクは、多くの自動車メーカーがテストコースとして使用している。5月の第2週の3日間、ここでブガッティはシロン ピュール スポールの集中テストを行った。

 

ドイツの法規を遵守し、エンジニアは安全ヘルメットと防火服を着用。非常に短い時間で正確なデータを測定・分析し、その結果を開発中の車両に反映させる。開発責任者のエルロット、シャシー開発責任者のヤーチン・シュワルベを含む8名のエンジニアは、2台のシロン ピュール スポールのプロトタイプを持ち込み精力的に走り込んだ。今回のテストは新型コロナウイルスに対応すべく、従業員の安全を確保した上で規模を縮小して行われている。

 

「今回、かなりタイトなテストプログラムを計画しました。シロン ピュール スポールに関しては、サーキット以外にも細かいファインチューンを繰り返しています。高低差の激しいビルスター・ベルクの地形、十分なランオフゾーンを備えた安全性の高いコースを考えれば、ポテンシャルの限界を試すことができるでしょう」と、エルロットは説明した。

 

データーを分析するブガッティのエンジニア

データを分析するブガッティのエンジニアたち。ESC(横滑防止装置)には新たなドライビングモードが追加され、ESCをオフにした状態でドリフトが楽しめるようになった。

 

サーキットでドリフトが楽しめるモードを採用

 

エンジニアたちはソーシャルディスタンスを保ちながら、ノートパソコンに表示された様々なデータを分析する。キャンバー角を変更するなど大幅に足まわりが強化されたシャシー、新開発のタイヤ、15%クロスレシオ化されたギヤボックスに加えて、この短いテスト機会でパワーユニットのチューニングも行わなければならない。

 

「すべてのシステムは、それ単体としてだけでなく、もちろん車両全体と連動して完璧に機能しなければなりません。そして、すべての速度域でそれが求められるのです」と、シュワルベは説明する。

 

シロン ピュール スポールには、ESC(横滑防止装置)に新たなドライビングモードが追加された。「Sport+」設定時に、サーキットにおいてドリフトを楽しむことができる。ESCが姿勢を制御することなく、アクセルペダルでリヤをコントロールすることが可能になったのだ。

 

「これはシロンを熟知しているエンジニアにとっても、クルマを降りたくなくなるほどの楽しさです。シロン ピュール スポールは、あなたを一段上のレベルのドライバーにしてくれるでしょう」と、シュワルベは笑顔で付け加えた。

 

ビルスター・ベルクでのシロン ピュール スポールのテスト

ビルスター・ベルクでのテストを完了したブガッティは、ニュルブルクリンクなどのレーシングトラックでもテストを計画。シロン ピュール スポールは60台限定で、2020年後半からデリバリーされる。

 

ノルドシュライフェでのテストも計画

 

シロン ピュール スポールは、標準モデルのシロンから約50kgの軽量化を実現。フロント形状の変更と大型リヤウイングにより、ダウンフォースレベルは大幅に増加した。

 

「最高出力1500ps、最大トルク1600Nmを発揮するW型16気筒エンジンは、これまで以上により軽快に回転するよう感じられるでしょう。非常に実体感のある、エモーショナルなドライビング経験ができるはずです」と、エルロットは絶賛する。

 

ブガッティは、2020年後半にシロン ピュール スポールを価格は300万ユーロ、60台限定で販売。今回のビルスター・ベルクに続き、今後数週間以内にニュルブルクリンクのノルドシュライフェでのテストも計画されている。