ランボルギーニ初の100万ユーロカー「レヴェントン」(2007-2009)【ランボルギーニ ヒストリー】

ランボルギーニ レヴェントン ロードスター

Lamborghini Reventon

ランボルギーニ レヴェントン

 

 

デビュー前に完売した20台の特別限定車

 

ランボルギーニから100万ユーロカーの「レヴェントン」がワールドプレミアされたのは、2007年のフランクフルト・ショーでのことだった。この20台の限定車を見た者はまず、そのプライスに言葉を失い、そしてその20台のすべてがすでにソールドアウトしているというランボルギーニからの発表に驚愕した。それは100万ユーロカーの市場が確実に世界に存在していることの証明だったからだ。

 

当時ランボルギーニのCEOであったステファン・ヴィンケルマンは、プレス・コンファレンスの檀上で「レヴェントンは、これまでのランボルギーニの成功を祝福する1台であると同時に、新たなチャレンジでもある」と語った。それは1998年にランボルギーニがアウディの傘下へと収まり、2001年にはニューモデルとしてこのレヴェントンのベースとなったムルシエラゴが誕生し、さらに2003年にはランボルギーニにとって過去にないほどの大ヒット作となったガヤルドを市場へと投じることで、スーパースポーツ・メーカーとして完全復活を果たしたことへの自信と誇りを改めて強調した言葉にほかならなかった。

 

ランボルギーニ レヴェントン

ステルス戦闘機のF22ラプターからインスピレーションを受けてデザインしたという「レヴェントン」。当時、ランボルギーニ・チェントロ・スティーレを率いていた、デ・シルヴァによるものだ。

 

F22ラプターからインスピレーションを得てデザイン

 

レヴェントンというネーミングは、1940年にドン・ヘリベルト・ロドリゲス牧場に生まれ、1943年に著名な闘牛士フェリックス・グズマンと熾烈な戦いを演じ、見事に勝利を収めた伝説の闘牛から引用されたものだ。それから半世紀以上の年月を経てランボルギーニ最強のモデルの名として復活した。

 

レヴェントンのエクステリア、そしてインテリアのデザインは、もちろんランボルギーニ・チェントロ・スティーレによって行われている。当時このデザイン・センターを率いていたのは、ウォルター・デ・シルヴァで、ムルシエラゴのデザインをベースにジェットファイターのF22ラプターなどからインスピレーションを得て描いたもの。エッジの効いたシャープな直線の組み合わせによる彫刻的なエクステリアデザインが完成されている。

 

ランボルギーニ レヴェントン

ベースとなったムルシエラゴと似てはいるものの、サイドスカート後方に設けられたエアインテークに左右別々の役割を与えるなど、新たに独自の機能をもたせているのも特徴だった。

 

デ・シルヴァによる斬新なフィニッシュ

 

レヴェントンのデザインで最も大きなインパクトを与えるのは、やはりフロントセクションの造形だろう。大きなエアインテークを備えるフロントのバンパースポイラーは、もちろんレヴェントンのための専用デザイン。バイキセノンとLEDによるコンビネーションが斬新なヘッドランプ周りからは、ムルシエラゴとガヤルドの中間的なイメージが感じられる。

 

左右のドア下部からリヤフェンダーにかけて設けられるエアインテークは左右別々の機能をもち、車体左側はエンジンルーム内に冷却用エアを導入することを目的としているのに対して、右側はフロア下のエアフローを確保する役割を担う。リヤクオーターピラー上のエアインテークやテールエンドのウイングは、ムルシエラゴと同様に可変機能が残されているが、その制御ロジックや一部のデザインは、レヴェントンに独自のものとなっている。

 

ランボルギーニ レヴェントン ロードスターのコクピット

3つのTFT液晶ディスプレイを採用するなど、ムルシエラゴとは一線を画するアプローチを見せるレヴェントンのコクピット。Gフォースメーターを備えるなど、その雰囲気は戦闘機に近い。

 

同様にインテリアもムルシエラゴのそれから大きく雰囲気を変えていた。インストゥルメントパネルはアルミニウムブロックから削り出されたもので、かつカーボンファイバーケースに保護されている。メーターは3つのTFT液晶ディスプレイによるもので、中央には3グリッド表示のGフォースメーターも備わり、それは航空機のグラスコクピットをも想像させるデザインだった。シートやインテリアトリムも専用のフィニッシュだ。

 

ミッドに搭載されるV型12気筒エンジンは、主に吸排気システムやECUのリニューアルによって、当時のムルシエラゴからさらに10psのエクストラを得た650ps仕様。ギアボックスは6速セミATのeギヤのみが組み合わされた。駆動方式はもちろんビスカスカップリングによる4WD式。最高速度は340km/hを誇った。

 

さらに2009年には、オープン仕様の「レヴェントン ロードスター」が15台の限定車として誕生。パワー値はさらに20ps引き上げられ、670psを発揮した。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ レヴェントン

発表:2007年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:6496cc

圧縮比:11.0

最高出力:478kW(650ps)/8000rpm

最大トルク:660Nm/6000rpm

トランスミッション:6速セミAT

駆動方式:AWD

車両重量:1665kg

最高速度:340km/h

 

ランボルギーニ レヴェントン ロードスター

発表:2009年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:6496cc

圧縮比:11.0

最高出力:492kW(670ps)/8000rpm

最大トルク:660Nm/6000rpm

トランスミッション:6速セミAT

駆動方式:AWD

車両重量:1690kg

最高速度:330km/h

 

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)