MINI カントリーマンがマイナーチェンジ。MINIの30%を占める人気SUVの商品力をさらに強化!

公開日 : 2020/05/28 14:55 最終更新日 : 2020/05/28 14:55


MINI カントリーマンの俯瞰目フロントイメージ

MINI Countryman

MINI カントリーマン(日本名:MINI クロスオーバー)

 

 

欧州の厳しい排ガス基準に全車が対応

 

BMWは2020年5月27 日、MINI カントリーマン(日本名:MINI クロスオーバー)の改良新型を本国で発表。内外装の意匠を変更するとともに、すべてのパワーユニットを欧州の排ガス基準「6d」に対応させた。

 

MINI カントリーマンは、MINIらしいユニークなデザインに優れた実用性を兼ね備える4ドアSUVとして高い人気を誇り、現在全世界で売られているMINIの新車の30%をカントリーマンが占めているという。

 

MINI クロスオーバーのフロント走行イメージ

マイナーチェンジを受けて表情が変わった改良新型MINI カントリーマン(MINI クロスオーバー)。MINI全体の新車販売台数の30%を占める人気モデルだ。

 

前後ライトはLEDが標準装備に

 

大幅な改良を受けたMINI カントリーマンは、フロントのラジエーターグリルのデザインを刷新。ヘッドライトとフォグライトにはLEDを標準装備し、ハイビームの配光を電子制御するマトリクス機能付きアダプティブLEDヘッドライトもオプションで追加設定できるようになった。

 

後ろ姿でひときわ目立つ変更点はユニオンジャックデザインを採用したテールライトで、やはりLEDが標準装備。リヤバンパーまわりも細かな意匠変更を行っている。

 

ミニ クロスオーバーのヘッドライトイメージ

前後ともにLEDライトが標準装備に。ライト周りやドアハンドルなど、通常のクロームパーツ部分を光沢ブラックで仕上げる外装オプションも設定した。

 

ピアノブラックで外見を引き締める新オプションも

 

ボディカラーには「ホワイト シルバー メタリック」と「セージ グリーン メタリック」を追加。ライトやラジエーターグリル、ドアハンドルといったクロームパーツ部分をハイグロスブラック仕上げに変更できる「ピアノブラック エクステリア」もオプション設定した。

 

これまでも様々なトリムを揃えてきたポップなインテリアには、「チェスター インディゴ ブルー」と「チェスター モルト ブラウン」という選択肢が加わっている。革巻きのスポーツステアリングホイールと5インチのデジタルメーターも全車に用意した。

 

また、Amazon アレクサを利用した音声アシスタントシステムやエマージェンシーコールなどに使う車載通信モジュールとSIMカードも搭載している。

 

ミニ クロスオーバーのインテリアイメージ

内装色にも新しいバリエーションを追加。より細かく各部の色や素材を選択できるようになった。

 

内燃機関は徹底して高効率化

 

パワーユニットは、ガソリンエンジンに微粒子フィルターを、ディーゼルエンジンにはAdBlue噴射機能つきSCR(選択触媒還元)システムを採用。すべてのエンジンを欧州排ガス規制「6d」に対応させた。

 

3気筒及び4気筒ガソリンエンジンにはツインパワー ターボ テクノロジーと呼称するターボチャージャーを装備しており、エキゾーストマニフォールドとシリンダーヘッドを一体型とすることでターボチャージャーに流入する排気ガス温度を低減した。さらに直噴システムの燃料噴射圧を200barから350barに高めている。

 

ディーゼルユニットでは、従来ハイパフォーマンスモデルにのみ採用されていた2ステージターボ過給システムを4気筒の「クーパー D」にも搭載。インジェクターの最大噴射圧は2500barに達するという。

 

4輪駆動システム「ALL4」は4モデルにオプションで設定可能。プラグインハイブリッドの「クーパー SE」は前輪を直列3気筒エンジンで、後輪をモーターで駆動するため4輪駆動が標準となる。

 

MINI カントリーマンのリヤビュー

きめ細やかな変更を随所に施したMINI カントリーマン。ひと目で改良型と分かるポイントは、ユニオンジャックのグラフィックを用いたテールライト。

 

欧州で用意するグレードは11種類

 

新しいMINI カントリーマンのラインナップは、ガソリンエンジン搭載の「One」「クーパー」「クーパー ALL4」「クーパー S」「クーパー S ALL4」「クーパー SE ALL4」。そしてディーゼルの「One D」「クーパー D」「クーパー D ALL4」「クーパー SD」「クーパー SD ALL4」まで、全11グレードを揃える。

 

MINI カントリーマン集合イメージ

改良新型のMINI カントリーマンは、欧州で11グレードをラインナップ。日本に導入されるグレードや時期は未定。

 

ハード面もソフト面もアップデートし、オリジナルアクセサリーもバリエーションを増やすなど、MINIならではの“自分仕様にカスタムする楽しさ”もさらにパワーアップしたMINI カントリーマン。

 

MINI カントリーマンは日本でも「MINIクロスオーバー」として高い人気を集めるモデルだけに、改良新型のいち早い導入が待たれる。