メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+販売開始。走行安定性を高める新システムを初搭載

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+の走行シーン

Mercedes-AMG GLE 53 4MATIC+

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+

 

 

プレミアムSUV「GLE」クラスに新グレードを追加

 

メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムSUVのGLEクラスに「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+(ISG搭載モデル)」を新たに追加。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始した。カスタマーへの納車開始は2020年6月からを予定している。

 

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+のフロントスタイル

3.0リッター直列6気筒DOHCターボに電動スーパーチャージャーを加え、最高出力435ps&最大トルク520Nmを発揮。エンジンとトランスミッションの間には48V電気システムによって駆動される、最高出力21ps&最大トルク250Nmを発生する電気モーター「ISG」を装備する。

 

ISGと48V電気システム、電動スーパーチャージャーを搭載

 

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+は、3.0リッター直列6気筒DOHCターボに電動スーパーチャージャーを加えたツインチャージャー方式のエンジンを採用し、最高出力435ps(320kW)&最大トルク520Nmを発揮。エンジンとトランスミッションの間には48V電気システムによって駆動される、最高出力21ps(16kW)&最大トルク250Nmを発生する電気モーター「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」を装備し、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現した。

 

ISGと48V電気システムは従来のハイブリッド車のように回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhのリチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時にはその電力を利用した動力補助を行って高い効率性と力強い加速を実現する。また、ISGがオルタネーターとスターターの機能を兼ねるためエンジン始動時の振動を抑えることが可能になり、エンジンスタート及びアイドリングストップからの再スタートは従来モデルより振動が少なく快適性向上に寄与している。さらにこのモーターはシフトチェンジの際にも用いられ、エンジンが理想的な回転数に達するまでの時間を最小限に抑える補助を行い、シフトチェンジに必要な時間を短縮してスムーズでタイムラグの少ない変速を促す。

 

パワートレインには可変トルク配分を行うパフォーマンス志向の4輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を採用し、トランスミッションは電子制御式9速AT「AMGスピードシフトTCT(トルク・クラッチ・トランスミッション)」を採用。通常のATに見られる機械損失を低減するとともに軽量化も果たされ、燃費の大幅な向上とレスポンスアップを実現した。また、シフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能を備え、ダイナミックなドライビングを提供する。

 

AMG アクティブ ライド コントロールの構成

GLE 53 4 MATIC+のトピックのひとつがAMG アクティブ ライド コントロールの初搭載。1秒あたり1000回の頻度で路面の状態に対応した制御を行い安定走行をサポートする。

 

AMG アクティブ ライド コントロールを初採用

 

そして今回、新システムの「AMG アクティブ ライド コントロール」をメルセデス・ベンツとして初搭載。AMG アクティブ ライド コントロールは「AMG ライド コントロール+エアサスペンション」をベースに高いアジリティとニュートラルなコーナリング、最適なトラクションを実現。前後アクスルそれぞれに配されたアクチュエーターが独立して動き車体の安定化を図るもので、レスポンスが早い電気機械式を採用したことで1秒あたり1000回の頻度で路面の状態に対応した制御を行い、直進時にはしなやかな足まわりによる快適な乗り心地を、コーナリングや車線変更時にはロールを効果的に抑制した快適でダイナミックなパフォーマンスを約束する。

 

デザイン面では、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエーターグリルのほか、AMGスポーツシート、AMGパフォーマンスステアリングなど最新の専用装備を備える。

 

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+のインテリア

12.3インチの大画面ディスプレイをデュアルで搭載し、様々な機能を便利に扱えるだけでなく好みに応じた表示も可能。定評のある「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」も標準装備する。

 

進化したインフォテインメントシステム

 

インフォテインメントシステムを代表するのはダッシュボード中央に標準装備する2画面の12.3インチ大型ワイドスクリーン。「コックピットディスプレイ」は速度計や回転計、ナビゲーションや安全運転支援システムなどの情報を表示するほか、表示モードはクラシック/スポーティ/スーパースポーツ/ジェントルの4種類から好みに応じて選択できる。

 

また、新型の自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」を搭載しており、ボイスコントロールは「ハイ、メルセデス」をキーワードとして起動。音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様なユーティリティにも対応している。

 

GLE 53 4MATIC+には「Sクラス」と同等の最新世代の運転支援システムを標準装備。機能強化として採用された「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとするときに対向車線を直進してくるクルマと衝突する危険がある場合、車速10km/h以内であれば自動ブレーキが作動。対向車の検知はフロントの長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラを使って行う。

 

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+のリヤスタイル

充実したアフターサービスが人気の「メルセデス・ケア」はもちろん、好みのメルセデスモデルを利用できる「シェアカー・プラス」や、延長保証サービス「メンテナンス・保証プラス」も用意される。

 

メルセデス・ケアほかアフターサービスも充実

 

なお、GLE 53 4MATIC+には新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。

 

さらにメルセデス・ケア期間中には希望のメルセデス・ベンツモデルを3回まで無料で利用可能な週末貸出サービス「シェアカー・プラス」を提供。メルセデス・ケア終了後も引き続き2年間にわたって一般保証修理、定期メンテナンス、24時間ツーリングサポートを利用できる有償のサービスプログラム「メンテナンス&保証プラス」も用意されている。

 

 

【SPECIFICATIONS】

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+(ISG搭載モデル)

ボディサイズ:全長4950 全幅2020 全高1780mm
ホイールベース:2995mm
車両重量:2450kg ※パノラミックスライディングルーフ仕様
エンジン:直列6気筒DOHCターボ+スーパーチャージャー
総排気量:2996cc
ボア×ストローク:83.0×92.3mm
エンジン最高出力:320kW(435ps)/6100rpm
エンジン最大トルク:520Nm/1800-5800rpm
モーター最高出力:16kW
モーター最大トルク:250Nm
トランスミッション:9速AT
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク
駆動方式:AWD
タイヤサイズ:前275/45R21 後315/40R21
車両本体価格(税込):1332万円

 

 

【問い合わせ】
メルセデスコール
TEL 0120-190-610

 

 

【関連リンク】
・メルセデス・ベンツ 公式サイト
https://www.mercedes-benz.co.jp/