究極のラグジュアリーを追求した、ベントレー フライングスパーのリヤキャビン

公開日 : 2020/06/01 11:55 最終更新日 : 2020/06/01 11:55

ベントレー フライングスパーの先進的なインテリア

Bentley Flying Spur

ベントレー フライングスパー

 

 

最新技術と職人技の美しい融合

 

ベントレー フライングスパーのリヤキャビンに用意された様々なオプションは、究極の豪華さと革新性を備える。それはモダンなキャビンを作り続けてきたベントレーの高い技術を象徴していると言えるだろう。

 

フライングスパーは開発当初からリヤのパッセンジャーがフロントと同等の基準と品質を体験できるようにすることに重点が置かれた。そして、カスタマーの要望に合わせてリヤキャビンにあらゆるカスタマイズを施すことが可能となっている。

 

ベントレー フライングスパーの新開発ドリンククーラー

リヤシートのアームレスト後方には、新開発のドリンククーラーをオプションで装着が可能。フルサイズのシャンパンボトル2本が収納できる。

 

2本のボトルを収納できるドリンククーラー

 

「リヤシート・エンターテイメントタブレット(日本未導入)」、ネイム・オーディオと共同開発された「Naim for Bentley」、さらにはラグジュアリーな2本のボトルを収納できる「ドリンククーラー(オプション)」を装備したフライングスパーのリヤキャビンは、疲れを癒す寛ぎの空間となる。

 

新開発のドリンククーラーは、センターアームレスト後方、リヤシートの間に設置。+6度〜ー6度と2段階の冷却が可能で、330mlのソフトドリンク6本、500mlのボトル4本、フルサイズ(750ml)のシャンパンボトル2本が収納できる。完全に新しいデザインのため、先代のフライングスパーよりもはるかに小さなスペースに収められており、420リットルの容量をもつトランクスペースへの影響は少なくなっている。

 

「フライングスパーのインテリアは、最新の統合技術、美しい素材、デザイン性の高さが見事に融合しています。先進的でありながら時代を超越した品質を維持しているので、これから何十年もスタイリッシュで魅力的であり続けるでしょう」と、フライングスパーのインテリアデザイン責任者を務めるブレット・ボイデルはコメントする。

 

ベントレー フライングスパーのタッチスクリーンリモート

リヤキャビンのセンターコンソールには取り外し可能な「タッチスクリーンリモート(TSR)」を装備。5インチのフルカラーディスプレイを直接操作することで、様々な機能を操作できる。

 

センターコンソールのタッチスクリーンリモート

 

ベントレー史上最も先進的な技術が投入されたフライングスパーは、最新のエレクトロニクスと職人の技が融合したモデルと言えるだろう。使いやすさ、洗練されたデザイン、そして機能性を融合させた、ベントレーのテクノロジーへのアプローチを体現している。

 

今回、新たに多機能な5インチフルカラーディスプレイをもつ「タッチスクリーンリモート(TSR)」が、リヤキャビンのセンターコンソールに取り付けられた。スイッチを押すことで、タッチスクリーンリモートをコンソールから取り外すことが可能で、エアコン、ウインドウブラインド、さらにはボンネットの「フライングB」マスコットの作動まで、多くの機能をコントロールすることができる。

 

リヤシートには14段階調整と5つのマッサージモードが用意されており、こちらはドアに取り付けられたスイッチで調整が可能。リヤアウターシートにはベンチレーションとヒーターが装備されており、電動ヘッドレストも好みに合わせて調節できる。

 

最高峰の音質を誇る「Naim for Bentley」サウンドシステムを装備したことで、究極のカーオーディオ体験を味わうことができる。2200ワットの21チャンネルアンプは、19個のスピーカー(スーパーツイーターを含む)と2個のシートマウント型バストランスデューサー、8つのDSPサウンドモード、照明付きスピーカーグリルから構成されている。

 

ベントレー フライングスパーの先進的なインテリア

インテリアは、数多く用意されたマテリアルから、カスタマーの要望に応じた仕様に仕上げることができる。フライングスパーには新たに3Dレザードアパネルや、ロフト付きダイヤモンドキルティングシートなどが採用された。

 

美しい素材を使用したモダンなデザイン

 

インテリアは、15色のハイドカラーと8種類のベニヤからカスタマーの要望に応じた仕様に仕上げることができる。ステッチやエンブレムもブラインドカラーやコントラストカラーから指定が可能。シートカバーには1950年代のオリジナルのフライングスパーを彷彿とさせるコントラストパイピングをオプションで付けることもできる。

 

伝統を受け継ぎ、ベントレーのクラフツマンシップも進化を続けており、3Dレザードアパネルや、ロフト付きダイヤモンドキルティングシート(マリナードライビングスぺシフィケーションに含まれる)など、現代的な新機能が提供されている。

 

「私たちの伝統であるキルティングを次のレベルへと進化させ、限界を押し広げたいと考えていました。3Dレザーキルティングの導入は画期的なプロセスであり、これまでにないまったく新しいアイデアです」と、ボイデルは付け加えた。

 

キャビン全体に使用されている素材の視覚的インパクトを最大化するために、オプションでパノラマガラスのサンルーフを指定することも可能。この機能により自然光が室内にあふれ、フロントとリヤのパッセンジャーエリアをつなぐ新しいフェイシアから流れる、デザインラインが強調される。

 

新型フライングスパーは、すでにベントレーの中で最もカスタマイズ性が高いキャビンを提供。ベントレーは進化の手を緩めることなく、カスタマーの期待を常に上回るようにリヤキャビンをさらに強化するオプションを開発中で、近日中に発表される予定だという。