ケータハム スーパー セブン 1600発売開始! 1970年代のレトロなデザインを現代流にアレンジ【動画】

公開日 : 2020/06/05 11:55 最終更新日 : 2020/06/05 11:55

ケータハム スーパー セブン 1600販売開始、走行シーン

Caterham Super Seven 1600

ケータハム スーパー セブン 1600

 

 

プリミティブなスポーツカーの快感を現代に復刻

 

ケータハムカーズ・ジャパンは、古き良きライトウェイトスポーツの真髄を今に伝えるケータハム スーパー セブンシリーズの最新作として「ケータハム スーパー セブン 1600」を新たにラインナップに加え、全国の正規販売代理店を通じて販売を開始する。

 

ケータハム スーパー セブン 1600販売開始、フロントスタイル

クラシックモデルに見られるフレアードフロントウイングやスペアホイール&キャリアなど、レトロ調なデザインを採用したケータハム スーパー セブン 1600。

 

レトロ調デザインに現代のテクノロジーを搭載

 

スーパー セブン 1600は、2016年と2017年に限定発売されて多くの反響を呼んだヘリテージモデル(セブン スプリント/スーパー セブン スプリント)をイメージして誕生したモデルであり、1970年代のレトロ調な内外装デザインが特徴。通常モデルは前輪にサイクルフェンダーを採用するのに対し、スーパー セブン 1600ではクラシックカーに見られるホイールアーチが後方に向かって広がる形状の「フレアードフロントウイング」を搭載しエレガントさを醸し出す。

 

初期のオリジナルスーパー セブンが体現していたクラフトマンシップを想起させる演出は、ダイヤモンドカップリップをもつ14インチアロイホイールやウッドリムステアリングホイール、レザー張りのインテリア、スペアホイール&キャリア、ヘリテージペイントフィニッシュからも窺える。

 

ケータハム スーパー セブン 1600販売開始、走行シーン

565kgの軽量ボディに1.6リッター直列4気筒フォード・シグマエンジンを搭載、最高出力135ps/最大トルク165Nmを発生する。トランスミッションは5速MT。

 

車重僅か565kgのライトウェイトスポーツ

 

搭載する1.6リッター直列4気筒のフォード・シグマエンジンは最高出力135ps/最大トルク165Nmを発生。僅か565kgの超軽量ボディが見せる動力性能は、0-100km/h加速5.0秒、最高速度195km/hを計上し、変速は伝統的な5速MTを介して行う。アピアランスは1970年代風味ながらも70年代のテクノロジーは一切装備せず、現代の交通環境に即したパフォーマンスを約束する。

 

標準のシリーズ3(ナローボディ)だけでなく、よりワイドで快適性を向上した大きなシャシーをもつシリーズ5(ワイドボディ)もオプションで選択可能になっている。

 

 

 

【SPECIFICATIONS】

ケータハム スーパー セブン 1600

ボディサイズ:全長3380 全幅1575 全高1115mm

ホイールベース:2225mm

トレッド:前1270 後1336mm

車体重量:565kg

エンジン:直列4気筒DOHC

総排気量:1596cc

ボア×ストローク:79.0×81.4mm

最高出力:99.3kW(135ps)/6800rpm

最大トルク:165Nm/4100rpm

トランスミッション:5速MT

タイヤサイズ:前後185/60R14

最高速度:195km/h

0-100km/h加速:5.0秒

車両本体価格(税込):621万5000円

 

 

【問い合わせ】

ケータハムカーズ・ジャパン(エスシーアイ)

TEL 03-5754-2227

 

 

【関連リンク】

・ケータハムカーズ・ジャパン公式サイト

http://www.caterham-cars.jp