ポルシェ カイエン GTS、パワフルなV8エンジンを再び搭載し日本導入スタート

公開日 : 2020/06/12 17:55 最終更新日 : 2020/06/12 17:55

V8エンジンを搭載したポルシェ カイエン GTS クーペとカイエン GTS

Porsche Cayenne GTS Coupe / Cayenne GTS

ポルシェ カイエン GTSクーペ/カイエン GTS

 

 

最高出力460psを発生するV8ツインターボを搭載

 

ポルシェジャパンは、卓越した走行性能を念頭に設計したダイナミズムと高級感を兼ね備える「カイエン GTS」と「カイエン GTSクーペ」の予約受注を612日(金)からスタートした。

 

先代カイエン GTSには、3.6リッターV6気筒ツインターボエンジンが搭載されていたが、新型カイエン GTSでは再びV8エンジンを採用。最高出力338 kW460ps)・最大トルク620Nmを発生する4.0リッターV8ツインターボエンジンは、あらゆる面におけるパフォーマンスを大幅に向上させている。

 

スポーツクロノパッケージを装備したカイエンGTSは、0-100km/h加速が4.5秒、最高速度は270km/hにまで達している。さらにローダウンされたパフォーマンス志向の足まわりや独自のデザインが与えられ、強化された様々な装備が新たに生まれ変わったGTSのパッケージを高い完成度で仕立て上げている。

 

ポルシェ カイエン GTSのエクステリア

先代カイエン GTSでは3.6リッターV6ツインターボが搭載されていたが、再びV8ツインターボを搭載。先代モデルと比較し、最高出力が20ps・最大トルクは20Nmも向上している。

 

先代と比較し最高出力20ps・最大トルク20Nmアップ

 

新型カイエン GTSは、カイエンのフラッグシップモデルである「カイエンターボ」のために開発された4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載。先代モデルと比較すると、最高出力が14 kW20ps)、最大トルクが20Nm向上した。この結果、スポーツクロノパッケージ装備車両の場合、先代モデルに比べて0-100 km/h加速のタイムが0.6秒も短縮し、最高速度も8km/hアップした。

 

トランスミッションには最適化された8速ティプトロニックSを採用し、アダプティブシリンダーコントロール、センターインジェクション方式ガソリンダイレクトインジェクション、サーマルマネージメント・システムなどにより、優れた効率性も実現した。

 

ポルシェカイエン GTS クーペのエキゾースト

GTS専用のスポーツエグゾーストシステムを採用。カイエン GTSクーペのマフラーエンドはセンター配置の2本出しオーバルテールパイプとなる。

 

専用設計されたスポーツエグゾーストシステム

 

感動的な聴覚体験を提供すべく、スポーツエグゾーストシステムは専用設計された。カイエン GTSに標準装備されるエグゾーストシステムはテールパイプをリヤの左右に配し、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でる。高周波チューニングされたスポーツエグゾーストシステムは、GTSのために新規開発された。

 

一方、カイエン GTSクーペはセンター配置の2本出しオーバルテールパイプを採用。このエグゾーストは将来的にカイエンターボ クーペにも展開される予定になっており、それぞれオプションの「ライトウェイトスポーツパッケージ」との組み合わせで提供される。

 

ポルシェカイエン GTS クーペのエクステリア

標準仕様のスチールスプリングサスペンションは20mmの車高ダウンに加え、最高レベルの横方向ダイナミクスを実現すべく専用のセッティングが施されている。

 

標準装備のスチールサスペンションは20mmのローダウンを実現

 

シャシーは、横方向のダイナミクスを最高レベルで実現すべく専用セッティングが施された。標準仕様のスチールスプリングサスペンションは車高を20mm低くするとともに、スポーティなダンパーコントロールを実現するアクティブ制御の「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)」を搭載。このほか「ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)」も標準装備される。

 

標準仕様の21インチ・RSスパイダーデザインホイール、ねずみ鋳鉄製の大径ブレーキ(フロント390×38mm、リヤ358×28mm)、さらにはレッドにペイントされたブレーキキャリパーにより、スポーツカーにも匹敵するスポーツ性能を実現した。

 

さらにブレーキに関しては、タングステンカーバイド・コーティングが施された「ポルシェサーフィスコーテッドブレーキ(PSCB)」に加え、「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」などのオプションを利用することも可能だ。

 

このほかにも、車高を10mmローダウンする「3チャンバーエアサスペンション」、「リヤアクスルステアリング」、アクティブ制御のロール抑制システム「ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)」などがオプションとして用意されている。

 

ポルシェカイエン GTS クーペのエクステリア

アクセントとして、フロント・エアインテーク、サイドウインドウトリム、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、リヤのモデル名とポルシェロゴなどが、ブラックで統一された。

 

GTS」らしい個性を演出するブラックアクセント

 

標準装備の「スポーツデザインパッケージ」はブラックでカラーリングされた様々なアクセントにより、唯一無二のエクステリアを演出。足元にはサテングロスブラックの21インチ「RSスパイダーデザインホイール」を標準で装備した。

 

また、「ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)」を搭載したLEDヘッドライトとLEDテールライトバーには、ダークカラーのティンテッド加工が施されている。フロント・エアインテーク、サイドウインドウトリム、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、リヤのモデル名とポルシェロゴは、全てがブラックで統一された。

 

ポルシェカイエン GTS クーペのインテリア

シートのセンターパネルやドアトリムなどに、アルカンターラをチョイス。アクセントとしてダークブラッシュド仕上げのアルミニウムを採用したことで、スポーティでエレガントな室内を実現した。

 

スポーティでエレガントな個性が貫かれたインテリア

 

ルーフライニング、シートのセンターパネル、センターコンソールアームレスト、ドアにはアルカンターラを採用。ダークブラッシュド仕上げのアルミニウムなど高品質素材を採用したことで、スポーティでエレガントな個性がインテリアにも貫かれている。

 

標準装備される「8-wayスポーツシート」は、コーナリング時にサイドボルスターがドライバーの体を最適にサポート。このシートは新型GTSモデルのために専用設計された。フロントドア、ドアシル、レブカウンター、ヘッドレストには「GTS」のロゴを配置している。

 

日本仕様のカイエン GTSは「アダプティブクルーズコントロール」「レーンチェンジアシスト」「サラウンドビュー付パークアシスト」「コンフォートアクセス」など、日本以外の市場ではオプションとなる多くの装備を標準で搭載している。

 

 

【車両本体価格(税込)】

ポルシェ カイエン GTS1682万円

ポルシェ カイエン GTSクーペ:1752万円

 

 

【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911

 

 

【関連リンク】

・ポルシェ公式サイト

https://www.porsche.com/japan/jp/