新型ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー、ジャパン・ローンチビデオを公開【動画】

公開日 : 2020/06/16 16:00 最終更新日 : 2020/06/16 16:00


新型ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー、ジャパン・ローンチビデオを公開

Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder

ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー

 

 

最新の自然吸気V10モデルをムービーで紹介

 

アウトもビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、新型「ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー」の日本におけるローンチビデオとして、同社のマネージングダイレクターを務めるフランチェスコ・クレシによるプロモーションを撮影した動画を公開した。動画は日本語の字幕付き。

 

新型ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー、ジャパン・ローンチビデオを公開、スクリーンショット

新型ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダーのジャパン・ローンチビデオは日本語字幕付き。車両の基本情報を動画内で解説している。

 

ウラカン EVO RWD スパイダーは、自然吸気式の5.2リッターV型10気筒エンジンをミッドに搭載。最高出力610hp/最大トルク560Nmのハイパワーを路面に伝達するのは後輪のみという硬派なRWDモデルながら、爽快なオープンエアモータリングを愉しめるスパイダーに仕上がっている。

 

最高速度324km/h、0-100km/h加速3.5秒のパフォーマンスは、RWD専用に調整されたP-TCS(パフォーマンス トラクション コントロールシステム)によって実現した高い走行安定性能に担保される。エクステリアは新デザインのフロントスプリッターやリヤディフューザーなどAWDモデルとは異なる意匠が与えられ、RWDモデル独自の魅力をアピールする。

 

新型ランボルギーニ ウラカン EVO RWD スパイダー、ジャパン・ローンチビデオを公開、スクリーンショット

動画は約1分16秒と短めながら、ウラカン EVO RWD スパイダーの魅力が凝縮された内容。電動ソフトトップの開閉シーンやダイナミックな走行シーンなどを収録している。

 

ルーフの開閉状態に関わらずダイナミックなフォルムは、電動ソフトトップの採用により約17秒でクーペスタイルとスパイダースタイルを自在に変更できる。ユーティリティを高める8.4インチのタッチパネルコントロールをセンターコンソールに備え、通話やインターネット、Apple CarPlayとの接続も可能だ。

 

また、ボディカラーとトリムオプションをパーソナライズするランボルギーニ・アドペルソナムも適用でき、カスタマーは自分好みのスタイリングを実現できる。

 

 

【問い合わせ】

ランボルギーニ カスタマーセンター

TEL 0120-988-889

 

 

【関連リンク】

・アウトモビリ・ランボルギーニ公式サイト

https://www.lamborghini.com/jp-en