新型トヨタ ハリアーデビュー。流麗なクーペフォルムを纏う新時代のSUV誕生

公開日 : 2020/06/18 14:55 最終更新日 : 2020/06/18 14:55


新型トヨタ ハリアーデビュー、走行シーン

Toyota Harrier

トヨタ ハリアー

 

 

“感性品質”をコンセプトにしたSUVクーペ

 

トヨタ自動車は、2013年以来のフルモデルチェンジを施した新型「トヨタ ハリアー」を発売。今回デビューしたハリアーは4代目となり、新たに流麗なSUVクーペフォルムを採用して人気の都市型SUVカテゴリーに投入される。車両価格は税込で299〜504万円を設定している。

 

新型トヨタ ハリアーデビュー、フロントスタイル

新型トヨタ ハリアーデビュー、フロントスタイル

 

流麗なクーペスタイルと感性を重視したドライバビリティ

 

新型ハリアーは「見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質」を開発コンセプトとし、SUVのカテゴリーを超えて人生を豊かにするパートナーとしての価値を提案。その結果採用されたのが、シンプルかつエレガントなクーペフォルムであり、TNGAプラットフォームが実現するドライバーの感性を重視した乗り心地と走りの両立だ。

 

特徴的なフロントビューは、アッパーグリルからヘッドランプに流れるような連続性をもたせ、二重のL字型に発光するデイタイムランニングランプ“シグネチャーランプ”の採用により精悍かつシャープな印象を与えた。シンプルながらもボディ断面がダイナミックな変化をみせるサイドビュー、絞り込まれたクーペキャビンと大きく張り出したホイールハウスが逞しさを表現するリヤセクションへと続く。

 

新型トヨタ ハリアーデビュー、インテリア

厚革を曲げてできる自然なシルエットをイメージしたレザー調素材、「曲木」に着想したウッド調加飾、パイピング加飾をインテリア各部に採用。落ち着いた上質感を表現している。

 

美しい曲線を描く「曲木」と調光パノラマルーフを装備

 

馬の鞍をイメージした幅広かつ堂々としたセンターコンソールを用い、インストゥルメントパネルから左右のドアトリムにかけてはボリュームのある広がりを演出。厚革を曲げてできる自然なシルエットをイメージしたレザー調素材、「曲木(まげき:木材を蒸したり煮沸して塑性を増やし金型に嵌めて望みの曲線に整形する加工技法)」に着想したウッド調加飾、パイピング加飾を随所に採用し、落ち着いた上質感を車内空間に与えている。

 

障子越しのような柔らかい光を車内に導く調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフと、走行中の前後方向映像を録画可能なデジタルインナーミラーを装備。共にトヨタ自動車として初採用で、快適性と安全性を両立している。

 

新型トヨタ ハリアーデビュー、ハイブリッドシステム

2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン+前後2モーター(2WDモデルはフロントモーターのみ)のハイブリッド仕様と、2.0リッター直列4気筒ガソリンエンジンの2タイプを用意。

 

ハイブリッドとガソリン、2種類のパワートレインを用意

 

プラットフォームには定評のあるTNGA(GA-K)を採用してボディの高剛性化及び低重心化を図り、高剛性ボディに最適化された前マクファーソンストラット、後ダブルウィッシュボーンサスペンションを搭載。サスペンションはドライバーの目線の動きに着目して最適化され、重厚感としなやかさを併せ持つ上質な乗り心地を追求している。

 

ショックアブソーバーは極微低速域(ショックアブソーバー内のピストン速度が2mm/s以下)でもスムーズなストロークを行い、走り出した瞬間や高速走行時の車両挙動の収束性を向上させた。また、ブレーキ制御によりコーナリング中のアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシストを搭載することで、意のままに操るコントローラブルなドライビングを実現している。

 

パワーソースは、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン+前後2モーター(2WDモデルはフロントモーターのみ)のハイブリッド仕様と、2.0リッター直列4気筒ガソリンエンジンの2タイプを用意。トランスミッションはハイブリッド仕様に電気式無段階変速機を、ガソリン仕様にはダイレクトシフトCVTを組み合わせた。ハイブリッド/ガソリン共に2WDと4WDを選択できる。

 

ハイブリッド仕様のエンジン出力は178ps/221Nm、モーター出力はフロントが120ps/202Nm(E-Fourのみ)、リヤが54ps/121Nm(E-Four、2WD共通)を発生。ガソリン仕様は171ps/207Nmを計上する。

 

新型トヨタ ハリアーデビュー、走行シーン

全グレードで2WDか4WDを選択可能。ハイブリッド4WDはWLTCモード燃費が21.6km/L、同2WDは22.3km/Lを記録。ガソリン4WDは同じく14.7km/L、同2WDは15.4km/Lを計上する。

 

「安心・安全」と「快適・便利」な先進装備

 

安全性を高める装備として、歩行者(昼夜)及び自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」や、低速走行時の衝突緩和・被害低減に寄与するインテリジェントクリアランスソナーを実装。スマートフォンとの連携機能をもつ12.3インチTFTタッチワイドディスプレイを用いたT-Connect SDナビゲーションシステムと9スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステムは快適な移動に寄与する。

 

ハイブリッドモデルにはアクセサリーコンセント(AC100V/1500W)を設定し、家庭用の電化製品を使用できるほか、停電時などには非常用電源として利用することも可能だ。

 

設定するグレードは、S/G/G レザーパッケージ/Z/Zレザーパッケージの5タイプを、ハイブリッド仕様とガソリン仕様にラインナップ。それぞれに2WDと4WDを選べることから、全部で20グレードの展開となる。ボディカラーはプレシャスブラックパールを始めとした彩度を抑えたカラーを中心に全7色を設定。

 

 

【車両価格(税込)】

トヨタ ハリアー ガソリン仕様

S(2WD/4WD):299万円/319万円

G(2WD/4WD):341万円/361万円

G レザーパッケージ(2WD/4WD):371万円/391万円

Z(2WD/4WD):393万円/413万円

Z レザーパッケージ(2WD/4WD):423万円/443万円

 

トヨタ ハリアー ハイブリッド仕様

S(2WD/E-Four):358万円/380万円

G(2WD/E-Four):400万円/422万円

G レザーパッケージ(2WD/E-Four):430万円/452万円

Z(2WD/E-Four):452万円/474万円

Z レザーパッケージ(2WD/E-Four):480万円/504万円

 

 

【問い合わせ】

トヨタ自動車お客様相談センター

TEL 0800-700-7700

 

 

【関連リンク】

・トヨタ自動車公式サイト

https://toyota.jp