テックアート、新開発のホイールを皮切りに「タイカン」のアップデートプログラムをスタート!【動画】

公開日 : 2020/06/22 06:30 最終更新日 : 2020/06/22 06:30


テックアート ポルシェ タイカンのエクステリア

TECHART Porsche Taycan

テックアート ポルシェ タイカン

 

 

エクステリアやインテリアのカスタマイズに対応

 

ドイツをベースにポルシェのチューニングを手がけるテックアート(TECHART)が、「ポルシェ タイカン」のチューニングプログラムを発表した。ついに登場したポルシェ初のフルEVスポーツに向けて、新開発のホイール、エクステリアやインテリアのアップグレードなど、個性的なカスタマイズを展開する。

 

タイカンのアップグレードパーツは、これまでのテックアートのポルシェ関連商品同様に多様性を確保しながら、その魅力を最大限に高めることをターゲットに開発された。今回テックアートの開発部門は、エクステリア用エアロパーツ、インテリア用のカーボンファイバー製トリムなど、幅広いラインナップを用意するという。

 

「テックアート・フォーミュラⅣ」鍛造ホイール

タイカン用にテックアートは、専用デザインのホイール「フォーミュラⅣ」を開発。繊細な10本スポークデザインは、タイカンの足元をクールに引き締める。

 

「テックアート・フォーミュラIV」鍛造ホイールは8月にリリース

 

繊細な細身のスポーク、軽量、魅力的なディメンション、スポーツ志向の特別なスタイリング・・・。完全に新設計された22インチ「テックアート・フォーミュラIV(TECHART Formula IV)」鍛造アルミホイールは、2020年モデルのタイカン4S、タイカン ターボ、タイカン ターボ Sに装着することができる。

 

2020年8月のリリースを予定しており、サイズはフロント10.0J×22インチ、リヤ11.5J×22インチ。パーソナライズを希望するカスタマーのために、カラーや仕上げに関しては多くのオプションを用意。モノカラー・バイカラー、グロス仕上げ・マット仕上げなど、希望に応じたホイールに仕上げることが可能だ。

 

テックアート ポルシェ タイカンのエクステリア

現在、テックアートでは、タイカン用のエクステリアやインテリアのパーツを開発・テスト中。メーリングリストに登録することで、最新情報をゲットすることができる。

 

パーツ開発状況は公式サイトにおいて告知予定

 

テックアートのタイカン用アップデートパーツの皮切りとなるのが、「テックアート・フォーミュラIV」ホイール。空力性能を向上させるエアロパーツ、ボディスタイリング・オプション、インテリア用トリムなどの開発・テストは、現在精力的に進められている。

 

テックアートでは、タイカンのアップデートパーツの購入希望者に対して、テクニカルスペック、開発状況、写真、リリースのスケジュールなどを知らせるメーリングリストを展開中。メーリングリストは下記のテックアート・タイカン特設サイトから登録できる。

 

 

【関連リンク】
・テックアート・タイカン特設サイト

https://www.techart.de/en/taycan