「カストロール トムス スープラ」を蘇らせる! レストアプロジェクトをクラウドファンディングで実施

公開日 : 2020/06/22 15:00 最終更新日 : 2020/06/22 15:00


Castrol TOM’S Supra レストアプロジェクト2020

1998年を戦ったスープラ36号車を走行可能な状態に

 

トムスは、同チームのレーシングカー「Castrol TOM’S Supra(カストロール トムス スープラ)」を完全復元する新プロジェクト「Castrol TOM’S Supra レストアプロジェクト2020」を、2020年6月22日(月)15時から開始した。

 

「Castrol TOM’S Supra」は、1995年にトムスの全日本GT選手権参戦(JGTC)と共にデビュー。1997年シーズンにはトヨタ勢初のシリーズチャンピオンを獲得し、JGTCの歴史に名を刻んだ名車だ。

 

強烈なコントラストを描くカラーリングとそのスピードで国内レースファンの記憶に鮮明に残っているだけでなく、当時プレイステーション用ゲームとして発売された「グランツーリスモ3 A-spec」のオープニングに登場したことで世界的にも知られている。

 

1998年のJGTCを戦ったトムス・スープラ

レストア費用はオンラインプラットフォーム「makuake」を通じて行うクラウドファンディングで賄われる。参加者には「完成披露イベントへの招待」や「2021年 SUPER GT シーズンパス」などの特典が用意されている。

 

様々な特典が用意されたクラウドファンディング

 

今回のプロジェクトは、マクアケが提供するオンラインプラットフォーム「makuake」を通じたクラウドファンディングで資金を調達。ファンを対象にサポートを募り、プロジェクトの達成を目指すことになる。

 

集まった支援金はレーシングカー「Castrol TOM’S Supra」の復元費用等に充てられる予定。クラウドファンディング参加者には、支援内容に応じて「参加証ステッカー」「完成披露イベントへの招待」「2021年 SUPER GT シーズンパス」など、様々なリターンが提供される。

 

同プロジェクトの概要やリターンに関する詳細情報は「makuake」内のプロジェクト特設ページ、トムス公式サイト、公式Twitter(@tomsracing)などから順次配信される予定だ。

 

 

【プロジェクト概要】

レストア対象車:1998年モデル 36号車 Castrol TOM’S Supra
エントラント名:TOYOTA Castrol TEAM TOM’S

マシン名:Castrol TOM’S SUPRA (カストロール・トムス・スープラ)

ドライバー:関谷正則/ノルベルト・フォンタナ

ボディディメンション:全長4520mm 全幅1910mm 全高1200mm

重量:1150kg

エンジン:3S-GTE型直列4気筒ターボ

排気量:1998cc

 

 

【関連リンク】
・makuake内特設ページ

https://www.makuake.com/project/toms-supra/

 

・TOM’S公式サイト

https://www.tomsracing.co.jp/