ポルシェの新型ピュアスポーツモデル、ポルシェ 718ボクスターT&718ケイマンTの予約受注スタート!

公開日 : 2020/06/24 17:55 最終更新日 : 2020/06/24 17:56


ポルシェ718ボクスターT/ケイマンT

Porsche 718 Boxster T / Cayman T

ポルシェ718ボクスターT/ケイマンT

 

 

純粋なドライビングプレジャーを表現した718T

 

ポルシェジャパンは、718モデルのラインアップで最も純粋なドライビングプレジャーを表現する2つのニューモデル、「718ケイマンT」と「718ボクスターT」の予約受注を、全国のポルシェ正規販売店において6月24日(水)からスタートする。

 

718ケイマンTと718ボクスターTは、1968年に登場した「911 T」の意思を受け継ぐ2シータースポーツモデル。最高出力220kW(300ps)を発揮する2.0リッター水平対向4気筒ターボエンジンによって、非常にエモーショナルなドライビングエクスペリエンスを提供する。

 

718 Tモデルは、20インチ軽合金製ホイール、車高を20mm低く設定したPASMスポーツシャシー(シリーズ初となる2.0リッターターボエンジンとの組み合わせ)、さらにスポーツクロノパッケージを含む広範な装備パッケージを採用。ボクスターとケイマンの両バージョンで、機械式リヤディファレンシャルロックを含むポルシェ トルクベクトリング(PTV)と7速PDKが標準で装備される。

 

ポルシェ718ボクスターTのインテリア

ツーリングを意味する「T」が冠された718 Tモデル。インテリアもその名にふさわしいスポーティな意匠が、各部に採用されている。

 

ドライビングマシンらしいスポーティなインテリア

 

伝統的に“T”は「ツーリング」の略で、最も純粋な形のドライビングプレジャーを表したもの。曲がりくねったワインディングを最も得意とする718 Tモデルは、究極のダイナミックドライブを提供する。その証左は削ぎ落とされた装備、ブラックのドアプル、スポーツシート(2way電動調整機能、ブラックのSport-Texセンターセクション及び“718”ロゴ刺繍ヘッドレスト付)から垣間見ることができるだろう。

 

インテリアは、各所に配されたスポーティなタッチによって強化。360mmのモードスイッチ付GTスポーツステアリングホイールは、パッドとレザーカバーによって安全なグリップを提供。メーターのブラックの文字盤には“Boxster T”か“Cayman T”のロゴが入り、メータパネルとセンターコンソールのデコレーティブトリムはグロスブラック仕上げがチョイスされた。また、ドアエントリーガードにも“Boxster T”か“Cayman T”のロゴが入れられている。

 

ポルシェ 718 ケイマンTのエクステリア

718 Tモデルのスポーティなエクステリアを実現しているのが、20インチ軽合金製ホイールと20mmのローダウンを可能としたPASMスポーツシャシーの組み合わせ。

 

スパルタンな20インチホイールと20mmのローダウン

 

718 Tモデルのエクステリアを特徴付けるのが、ハイグロスチタニウムグレーでペイントされた20インチ軽合金製ホイールと、車高を20mm低く設定したPASMスポーツシャシーの組み合わせだろう。

 

アゲートグレーのミラーシェルと両サイドの“Boxster T”及び“Cayman T”ロゴは、ブラッククロムメッキのツインテールパイプを中央に配置したスポーツエグゾーストシステムとともに、特別なモデルであることをアピールしている。

 

エクステリアカラーは、ブラック、インディアンレッド、レーシングイエロー、ホワイト、キャララホワイト、ディープブラック、GTシルバーメタリックからチョイスが可能。スペシャルカラーとしてラバオレンジとマイアミブルーも用意されている。

 

ポルシェ 718 ボクスターTの走行シーン

ミッドに搭載される2.0リッター水平対向4気筒ターボエンジンは、最高出力300ps・最大トルク380Nmを発揮。0-100km/h加速が4.7秒、最高速度は275km/hというスペックを実現している。

 

最高出力300ps・最大トルク380Nmを発生する2.0ボクサーターボ

 

2.0リッター水平対向4気筒ターボエンジンは、最高出力220kW(300ps)・最大トルク380Nmを発生。重量は1380kgに抑えられ、4.6kg/psのパワーウエイトレシオにより、0-100km/h加速が4.7秒、最高速度は275km/hというスペックを実現した。

 

718 Tモデルに標準装備されるスポ-ツクロノ パッケージは、ステアリングホイールのモードスイッチを使用することで「ノーマル」「スポーツ」「スポーツプラス」「インディビジュアル」の各ドライビングモードを選択することができる。

 

スポーツとスポーツプラスを選択すると、エンジンマネジメントシステムがよりスポーティな特性に設定。スポーツプラスはポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)、ポルシェアクティブドライブトレインマウント(PADM)、PDKをよりスポーティに設定し、718 Tモデルのハンドリングをさらに強化する。PDKとの組み合わせで、ローンチコントロール機能とモードスイッチ中央のスポーツレスポンススイッチを使用することも可能だ。

 

718 Tモデルの特徴的な機能のひとつがダイナミック・ギヤボックスマウントになるPADMシステムだろう。エンジンとギヤボックスエリアの振動を最小限に抑え、ドライブトレインの重量による動きを低減することに成功した。これはギヤボックスのハードマウントとソフトマウントのメリットを兼ね備えており、荷重移動や高速コーナリング中の走行挙動の精度と安定性を大幅に向上させる。

 

 

【車両本体価格(税込)】

718ボクスターT:932万2000円
718ケイマンT:893万2000円

 

 

【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911

 

 

【関連リンク】

・ポルシェ公式サイト

https://www.porsche.com/japan/jp/