新型メルセデス・ベンツ GLBが日本上陸! ボクシーでルーミーな7人乗りの良識派コンパクトSUVは512万円から

公開日 : 2020/06/25 12:30 最終更新日 : 2020/06/25 12:30

Mercedes-Benz GLB

メルセデス・ベンツ GLB

 

 

ディーゼルもしくはガソリンの2.0リッター直4を搭載

 

メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、新型SUV「GLB」の国内予約受注をスタートした。まず日本市場へ導入されるのは2.0リッター直4ディーゼルターボの「GLB 200 d」と2.0リッター直4ガソリンターボの「GLB 250 4マティック スポーツ」で、車両価格は前者が512万円(税込)、後者が696万円(税込)。納車開始は2020年7月頃を予定している。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 250 4マティック スポーツのフロントイメージ

2020年6月25日に日本での受注をスタートした新型GLB。本国では5人乗り仕様もラインナップするが、日本で選べるのは7人乗り仕様となる。

 

全長4.6mのボディに3列シートを設置

 

GLBは既存のGLAとGLCの隙間を埋める新型車で、同社のSUVとしては9車種目となるモデル。トヨタ RAV4やホンダ CR-Vと同等のボディ全長4.6mに、2829mmという伸びやかなホイールベースを組み合わせる。

 

Cセグメントに属するコンパクトサイズながら、ボクシーなシルエットを活かして広大な乗員空間と荷室を確保している。このサイズで独立型の3列シートを用意しているのも特徴だ。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 250 4マティック スポーツのサイドビュー

GLB最大の特徴ともいえるのが、コンパクトなボディに広い室内空間を確保するボクシーなフォルム。前後オーバーハングが短く、プロテクションを配備することで機動性の高さも備えている。

 

「ハイ、メルセデス」のAI機能や優れた機動性も完備

 

高いユーティリティに加え、「ハイ、メルセデス」でお馴染みの自然対話型音声認識機能やSクラスと同等の先進運転支援システムなど、AIやセンサー、カメラ、高精細ディスプレイなどを駆使した最新機能を満載。先進性も高い。

 

また、最低地上高も約200mmとクリアランスに余裕をもたせるとともに、ボディ下部にプロテクターを配置。悪路や荒れ地にも強く、ドライブルートや目的地の幅を大きく広げる硬派なSUVとしての顔も併せ持つ。さらに、ガソリンモデルにはアクティブ4WDを備えており、玄人はだしのオフロード性能を実現している。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 250 4マティック スポーツの2列目シートイメージ

2列目シートは60:40分割で前後に120mmスライドすることが可能。バックレストは40:20:40の分割可倒式となる。

 

2列目シートはスライド&背もたれ角調整が可能

 

GLAやGLCと一見して異なるのは、フロントノーズやボディ各部を直立近くに切り立たせたボクシーなシルエット。フロント、リヤともにオーバーハングも短く、オフローダーらしい佇まいを作り上げている。

 

四角いプロポーションは室内空間の広さに直結。2列目シートは前後140mmスライドに加えてバックレスト角を8段階に調節できる。2列目シートのバックレストに備わるレバーでロックを解除すればワンタッチで畳みこまれ、3列目シートへのアクセスが可能となる。2列目及び3列目にはISOFIX対応固定装置とトップテザーアンカー(固定ポイント)を備えているので、最大4個のチャイルドシートを取り付けることができる。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 250 4マティック スポーツの3列目シートイメージ

3列目シートにも高さ調整式ヘッドレストを装備。USBタイプCのポートも2列目と3列目に2つずつ備わっている。

 

3列目シートは「身長168cmまで」と明記する理由

 

安全性への配慮もメルセデス・ベンツ基準に則っており、すべての席に高さ調整式のヘッドレストを装備。2列目センターを除く6席にシートベルトテンショナーおよびベルトフォースリミッター付きシートベルトを備え、3列目乗員にも対応したSRSウインドウバッグも搭載している。3列目シートは「安全上の理由から対応身長が左右とも168cm以下となっている」と明記しており、いかにもメルセデス・ベンツらしい安全哲学が垣間見られる。

 

荷室は通常で570リットル、最大で1805リットルという大容量を誇り、フロアは2段階で高さを調整することもできる。足をリヤバンパー下部に差し入れればテールゲートが自動で開閉する機能も標準装備した。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 250 4マティック スポーツのオフロード走行イメージ

4輪駆動の「4マティック」モデルには本格的なオフロード性能を与えている。前後トルク配分は80:20〜50:50で切り替えることができる。

 

4輪駆動仕様は本格的なオフロード性能を実現

 

GLB 200 dに搭載するのはOM654q型2.0リッター直列4気筒ディーゼルターボで、最高出力150ps/最大トルク320Nmを発生。GLB 250 4マティック スポーツには224ps/350NmのM260型2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンターボを積む。いずれも8速のデュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」と組み合わせている。

 

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リヤは全車4リンク式で、GLB 250 4マティック スポーツには4輪駆動システムを搭載。前後トルク配分は走行モードごとで異なり、「エコ/コンフォート」で80:20、「スポーツ」で70:30に変化する。オフロード走行では4輪駆動クラッチをセンターデフとして稼働させ、基本的には50:50で配分を行なう。

 

また、GLB 250 4マティック スポーツに標準装備するマルチビームLEDヘッドライトは車両直前のエリアを広く明るく照射するモードを備えており、障害物の発見を助ける。急勾配の下り坂を一定の速度に自動調整するヒルディセントコントロールも搭載している。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 250 4マティック スポーツのフェイシアイメージ

「ハイ、メルセデス」と声をかければ起動するAIアシスタントや、デジタル化したメータークラスター、Sクラス同等のADAS(先進運転支援システム)など、現在のメルセデス・ベンツが誇る先端の機構を用意している。

 

Sクラスレベルの先進運転支援システムを搭載

 

フラッグシップモデルのSクラスと同等のシステムを採用したADAS(先進運転支援システム)関連は、セグメントトップクラスの充実度といえる。自動再発進機能とステアリングアシスト機能付きのACCをはじめ、アクティブレーンチェンジアシスト、渋滞時緊急ブレーキ、歩行者/飛び出し検知機能付きのアクティブブレーキアシストも用意。衝突の危険を検知した際にステアリング操作をアシストする緊急回避補助システム、誤発進抑制機能、標識認識機能、車線保持アシストも搭載する。

 

車両の斜め後ろ、死角エリアにいる障害物を検知するブラインドスポットモニターは状況に応じてブレーキの自動制御も行なう。さらに、エンジン停止から3分間は警告が作動するので、降車時に自転車やオートバイなどと接触してしまういわゆる「ドア開き事故」も予防する。

 

新型メルセデス・ベンツ GLB 200 dのリヤビュー

車両価格(税込)は「GLB 200 d」が512万円、「GLB 250 4マティック スポーツ」が696万円。納車スタートは2020年7月頃を予定しているという。

 

ボクシーなフォルムによるルーミーな空間設計、都心部で取り回しやすいサイズ感、出先の選択肢を広げる機動性の高さに加え、いざというときには7人乗車もできて、先進の運転支援システムも積んだ最新コンパクトSUV。メルセデス・ベンツの良識がこれでもかというほど詰め込まれた注目必至の新型車である。

 

 

【関連記事】

メルセデス・ベンツ GLB に渡辺慎太郎が試乗! 今、大注目の小型SUVの実力とは?

新型メルセデス・ベンツGLB 海外試乗記、第2弾! 藤野太一が嗅ぎ取ったヒットの予感とは

メルセデス注目の小型SUV、GLBのAMGモデルが欧州販売開始! 邦貨約665万円からスタート

 

 

【問い合わせ先】

メルセデス・コール

TEL 0120-190-610

 

 

【関連リンク】

・メルセデス・ベンツ公式サイト

https://www.mercedes-benz.co.jp/