マセラティ、世界に一台のグラントゥーリズモ ゼダを日本で初披露。仙台から福岡まで巡回ツアーを実施

公開日 : 2020/06/26 14:55 最終更新日 : 2020/06/26 14:55

マセラティ グラントゥーリズモ ゼダのサイドビュー

Maserati GranTurismo Zeda

マセラティ グラントゥーリズモ ゼダ

 

グラントゥーリズモ最後の花道を飾るワンオフモデル

 

マセラティ ジャパンは2020年6月25日より、世界に1台だけのグラントゥーリズモ「ゼダ」の日本ツアーを開始する。

 

現行のグラントゥーリズモおよびグランカブリオは2019年11月11日に生産を終了。そのフィナーレを飾る記念碑として、グラントゥーリズモ ゼダはワンオフで製作された。

 

マセラティ グラントゥーリズモ ゼダのフロントイメージ

10年以上にわたり4万台超を生産したグラントゥーリズモ及びグランカブリオは2019年11月に生産終了。そのフィナーレを飾る記念碑的モデルとしてゼダが製作された。

 

塗装技術の高さを証明するグラデーション

 

手掛けたのはマセラティのチェントロ スティーレ(デザインセンター)。ブランドの過去と現在、そして未来を繋ぐ架け橋としてのイメージを、グラデーション仕上げのボディで表現した。

 

グラントゥーリズモ ゼダは、同社の高い塗装技術を証明する一台でもある。そのボディには、ツヤ消しのサテン、メタリックペイント、マセラティ ブルー、無垢の金属という4パターンの異なる肌合いが、互いに融け合うようにグラデーションを描き出している。

 

マセラティ グラントゥーリズモ ゼダの塗装プロセスイメージ

質感も色合いも異なる4つの塗装面をグラデーションで繊細に繋げたグラントゥーリズモ ゼダのボディ。高い技術なくしては実現しない塗面だ。

 

市販最後のグラントゥーリズモは入札受け付け中

 

グラントゥーリズモ ゼダが日本で公開されるのは今回が初。6月25日〜8月23日にかけて、北は仙台から西は福岡まで、日本各地のマセラティ販売店を巡回する。

 

マセラティ グラントゥーリズモ グランフィナーレ生産ムービーイメージ

グラントゥーリズモの“市販される最後の個体”は、「グラントゥーリズモ フィナーレ」として販売している。入札方式を採用しており、現在全国のマセラティ正規販売店で受け付けを行っている。

 

また、市販されるグラントゥーリズモの中で“最後の個体”である「グラントゥーリズモ フィナーレ」は入札方式での販売を実施中。入札受け付けは2020年7月31日まで行っている。売り上げの一部は公益財団法人日本陸上競技連盟へ寄付されるという。

 

 

【関連記事】
マセラティ、最後のグラントゥーリズモ「ゼダ」を公開。次期モデルへの橋渡しをグラデーションで表現

 

マセラティ、最後の「グラントゥーリズモ」を異例の入札形式で販売。最低入札金額は2700万円から【動画】