フォードGTベースの「ル マンソリー」デビュー! ル・マン24時間をオマージュした限定モデル【動画】

公開日 : 2020/07/01 17:55 最終更新日 : 2020/07/01 17:55


フォードGTをベースに開発されたル マンソリー

Le MANSORY

ル マンソリー

 

 

30周年を記念し、世界限定3台のみを製造

 

ドイツ・バイエルンを拠点にヨーロッパの高級車ブランドのチューニングカーを展開するマンソリー(MANSORY)が、フォード GTをベースとしたコンプリートカー「ル マンソリー(Le MANSORY)」を発表した。

 

「10年に1台」をモットーに開発されたル マンソリーは、2020年のマンソリー創立30周年を記念し、世界限定3台のみが製造される。

 

フォードGTをベースに開発されたル マンソリー

1966年のル・マン24時間を制したフォード GT40を現代に蘇らせた、フォードGT。その第2世代モデルをベースにル マンソリーは開発された。

 

ル・マンに歴史を刻んだフォードGT

 

かつてスティーブ・マックイーンが製作した名作映画『栄光のル・マン(Le Mans)』に続き、2019年には1966年のフォードによるル・マン24時間初制覇を描いた『フォードvsフェラーリ(Ford v Ferrari)』が公開された。その主役となったのがフォード GT40。ちなみにこの作品は、イギリスやドイツなどのヨーロッパ諸国では『LE Mans 66』の題名で公開されている。

 

当時、打倒フェラーリを掲げて開発・製造されたフォード GT40は、1966年のル・マン初勝利から3連覇を達成。モータースポーツ史においてカルト的な人気を誇る1台となっている。そして2005年、フォード100周年を記念したリメイク仕様が「フォードGT」としてデビュー。さらに2017年には2代目が発表された。

 

マンソリーは、この2代目フォードGTをベースに、30周年を記念するモデル、ル マンソリーを開発している。

 

フォードGTをベースに開発されたル マンソリー

大幅に変更されたカーボンファイバー製ボディワークは5cmワイド化された。4灯式分割ヘッドライトを採用したことで、明確な個性を主張する。

 

5cm拡幅化されたフルカーボンボディ

 

ル マンソリーは、フォードGTというアイコニックなスーパースポーツをベースにしながら、マンソリー30年の歴史を感じさせる個性的なコンプリートカーに仕上がった。

 

最も視覚的なインパクトを与えるのは、5cm拡幅化されたフルカーボンファイバー製ボディワークだろう。この攻撃的なフォルムは、すべてのモータースポーツファンの鼓動を加速させるだけの存在感を持っている。

 

LEDを用いたメインヘッドライトは、ル マンソリーのために完全新規設計された。4分割式を採用するヘッドライトは新たにデザインされた大型エアインレットと組み合わせたことで、丸みを帯びたベースのフォードGTとは異なる個性を主張する。

 

搭載される3.5リッターV6ツインターボ

3.5リッターV6ツインターボはエンジンマネジメントシステムの変更により、最高出力710hp、最大トルク840Nmにまでパフォーマンスが向上している。

 

最高出力710hp、最大トルク840Nmを達成

 

心臓部に搭載される3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンは、エンジンマネジメントシステムを大幅に変更。最高出力はベースモデルの656hpから710hpに引き上げられ、最大トルクも840Nmにまで達している。エアロダイナミクスの最適化とエンジンのパワーアップにより、最高速度354km/hを実現した。

 

足元にはフロント9×21インチ、リヤ12×21インチサイズの鍛造アルミホイール「YN.5」を装着。タイヤは「コンチネンタル・スポーツ・コンタクト6」が組み合わされる。

 

ル マンソリーのインテリア

ボディカラーと同じブルーとカーボンファイバーによる”ブルーリオン・レース“を基調にホワイトを組み合わせたことで、レーシーでありながらエレガントなインテリアが実現した。

 

“ブルーリオン・レース”でまとめられたインテリア

 

ベースモデルの段階でレーシングカーを思わせるスパルタンなコクピットが特徴となるフォードGTだが、マンソリーのスペシャリストはこれまでのコンプリートカーと同様にほとんどの内装パーツを変更した。

 

「ブルーリオン・レース(Bleurion Race)」と名付けられたブルーとダークグレーのカーボンファイバーでインテリアは構成され、ダッシュボードやスポーツシートにはアクセントとしてホワイト・ブルーのアルカンターラを使用した。パッセンジャーセル全体に施されたカーボン・コーティングにより、インテリア全体が美しい調和を見せている。