新型ディフェンダーで天空キャンプ。ランドローバーが純正ルーフテントを開発

公開日 : 2020/07/02 11:55 最終更新日 : 2020/07/02 11:55


ランドローバーとAutohomeが共同開発した新型ディフェンダー用ルーフテントの使用シーンイメージ

高品質マットレスやアルミ製ラダーも付属

 

ランドローバーは、新型ディフェンダー向けの純正アクセサリーとしてルーフテントを発売した。イタリアの老舗ルーフテントメーカーAutohomeと共同開発した専用設計モデルで、価格は3081.96ユーロ(約37万円)。

 

純正ルーフテントは新型ディフェンダーのロングボディ「110」に設置可能。大人2名が就寝可能で、フルサイズのコットン製マットレスと枕、LEDライト、天窓、アルミニウム製ラダーが付属する。

 

ランドローバーとAutohomeが共同開発した新型ディフェンダー用ルーフテントの使用シーンリヤイメージ

ランドローバーとAutohomeが共同開発した新型ディフェンダー用ルーフテント。大人2名が就寝できるスペースに、高品質なコットン製マットレスと枕も付属。アルミ製ラダーはボディ左右のいずれにも設置可能。

 

イタリアのテントスペシャリストと共同開発

 

1958年にハードシェルタイプのルーフテントで特許を取得して以来、ルーフテントのスペシャリストとして君臨してきたAutohomeとランドローバーが共同開発。数秒で設営完了できるシンプルな構造を採用している。

 

軽量なファイバーグラス製シェルに収まるテントはエアダンパーを備え、人の手を借りることなく簡単に展開することができる。

 

ランドローバーとAutohomeが共同開発した新型ディフェンダー用ルーフテントの格納時走行シーンイメージ

空力性能への影響を考え、格納時のシルエットはフラットで滑らか。シェルはファイバーグラス製だ。

 

ランドローバー史上最多のアクセサリー

 

格納時には空力面を考慮したフラットなシルエットを実現。展開時のサイズは全長2.3m、全幅1.3m、全高1.5mとなる。

 

ディフェンダー専用ルーフテントはルーフラック及びルーフレールとセットで設置することが可能。ルーフラックとルーフレールは、新型ディフェンダーのパッケージオプション「アドベンチャー パック」に含まれている。

 

ランドローバーとAutohomeが共同開発した新型ディフェンダー用ルーフテントの使用シーン俯瞰目イメージ

「どこへ」「だれと」「なにを」の想像の羽をどこまでも広げてくれる新型ディフェンダー。ルーフテントの登場で、愛車の上で星空鑑賞という選択肢もひとつ加わった。

 

新型ディフェンダーはランドローバー史上最大規模のアクセサリーを用意しており、とくに「アドベンチャー」「エクスプローラー」「アーバン」「カントリー」という4つの世界観を表現したパッケージオプションは人気を集めている。オンラインでディフェンダー 110を申し込んだ顧客の半分以上が、いずれかのパッケージオプションを選択しているという。

 

 

【関連記事】

新型ディフェンダーの110が日本初上陸! 最新オフローダーの実車を見て分かったこと