新型BMW M3&M4がニュルブルクリンクを走る! 2020年9月デビューに向けて開発は重要局面へ【動画】

公開日 : 2020/07/02 06:30 最終更新日 : 2020/07/02 06:30


次期型BMW M4クーペのプリプロダクションモデル フロント走行イメージ

BMW M3 Sedan/M4 Coupe

BMW M3セダン/M4クーペ

 

 

次期型M3のテスト走行シーンを動画で公開

 

BMW M GmbHは2020年7月1日、次期型「M3セダン」及び「M4クーペ」のテスト走行の様子を公開した。ワールドプレミアは2020年9月中旬を予定しており、開発プロセスは重要局面を迎えている。

 

今回BMW M GmbHは特別ムービーもリリース。擬装した次期型M3のプリプロダクションモデルで雪上テストやニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを周回する様子を確認することができる。

 

次期型BMW M4クーペのプリプロダクションモデル サイドビュー

世界各地のサーキットやテストコースで開発テストを繰り返してきた次期型M3セダンとM4クーペ(写真)。ノーマルのMモデルに加えて、よりパワフルな「コンペティション」仕様もラインナップする。

 

ニュルブルクリンクやザクセンリンクで鍛錬

 

ハイパフォーマンスセダン/クーペの象徴ともいえるM3とM4が最新世代へ生まれ変わる。セグメントの指標を次の段階へと押し上げるべく直列6気筒ユニットにさらなる改良を重ねている。

 

ダイナミクス全般を鍛えぬくために、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェやザクセンリンクをはじめ、南フランス・ミラマスやスウェーデン・アリエプローグのテストコースや公道でテストを繰り返してきた。

 

次期型BMW M4 クーペのプリプロダクションモデル エンジンコンパートメントイメージ

次期型M4クーペのプリプロダクションモデルのエンジンコンパートメント。直列6気筒エンジンは480hpと510hpの出力違いを設定する。最大トルクは650Nm。

 

先代を大きく上回るパフォーマンス

 

BMW M GmbHの代表取締役、マルクス・フラシュは語る。

 

「BMW Mのすべてのモデルにはモータースポーツのテクノロジーが注ぎこまれています。その主義を明確に体現するのが新型M3セダン、そしてM4クーペです。テスト走行の結果、次世代の2モデルは先代を大きく上回るパフォーマンスを実現していることが分かりました」

 

次期型BMW M3 セダンのプリプロダクションモデル インストゥルメントパネルイメージ

次期型M3セダンのプリプロダクションモデルのインストゥルメントパネル。足元にCペダルの存在が窺えるので、6速MT仕様のベースモデルと思われる。

 

480hp&6速MTと510hp&8速ATの2バリエーションを設定

 

他のMモデルと同様、M3及びM4には2つのバリエーションを設定。480hp+6速MTに加えて、510hp+8速Mステップトロニック仕様の「コンペティション」モデルをラインナップする。後者には、伝統的な後輪駆動のほかに、追ってM xDriveを搭載した4輪駆動モデルも追加するという。

 

エンジン出力は先代比で49hp(コンペティションは60hp)プラスとなり、最大トルクは650Nmを誇る。いかなる速度域でも極めて自然なレスポンスを実現するパワーユニットは、今後M4 GT3にも搭載予定。カスタマーレーシング界の新星として2022年シーズンより導入される期待のモデルである。

 

次期型BMW M4 クーペのプリプロダクションモデル 俯瞰目リヤビュー

次期型M3及びM4と同じパワーユニットを搭載したM4 GT3も今後登場する予定。2022年シーズンからカスタマーレースのフィールドで姿を見ることができるはずだ。

 

マニュアルトランスミッションで純度の高いドライビングを楽しむか、より軽快でパワフルなコンペティションで最大限の性能を味わい尽くすか。Mのアイコンともいえるセダンとクーペは次なるステージでエンスージアストに難しい選択肢を叩きつける。