新型プジョー 208が日本で販売開始! 最新フレンチハッチで選ぶべきは直3ガソリンかEVか

公開日 : 2020/07/02 19:03 最終更新日 : 2020/07/02 19:03


Peugeot 208 /  e-208

プジョー 208/e-208

 

 

マルチエネルギー対応の車台がもたらす恩恵

 

グループPSAジャパンは2020年7月2日、新型プジョー「208」及び「e-208」を発売した。車両価格は208が239万9000円から、e-208が389万9000円から。ICE(Internal Combustion Engine=内燃機関)と電気(EV)という両輪を携えてBセグメント市場へ切り込んでいく。

 

新型208とe-208は、グループPSAのB/Cセグメント向け新プラットフォームCMP(Common Modular Platform)がベース。先代のPF1プラットフォーム比で30kgの軽量化を果たしており、フラットなフロアパン構造などにより空力性能を改善、振動レベルも低減している。EVという選択肢が増えたのも、マルチエネルギーに対応したCMPプラットフォームの恩恵だ。

 

新型プジョー208の2台イメージ

天地方向に伸びたデイタイムランニングライトが表情をシャープに引き締める新型208。GT Lineには3本爪をモチーフにしたフルLEDヘッドライト、AllureにはLEDヘッドライトを装備する。

 

傑作ユニットとして定評のある直3ガソリンターボ

 

新型208のボディ寸法は、ベールモデルで全長4095mm(先代比+120mm)、全幅1745mm(同+5mm)、全高1445mm(同-25mm)、ホイールベースが2540mm。全長が拡大したものの、最小回転半径は5.4mと先代同様の取り回し性の良さを確保している。車両重量も1160kgと軽量だ。

 

内燃機関モデルには1.2リッター“ピュアテック”直列3気筒ガソリンターボを搭載。滑らかで透明感のあるフィーリングに定評があるユニットで、最高出力100ps/5500rpm、最大トルク205Nm/1750rpmを発生する。組み合わせるトランスミッションは好相性で知られるEAT8(8速AT)を選択した。

 

サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リヤにトーションビーム。e-208はバッテリーの重量増に対応するため、リヤ側トーションビームにはパナールロッドを追加している。

 

新型プジョーe-208のメーターディスプレイイメージ

新型208&eー208のコクピットにはプジョー独自の設計思想によるi-Cockpitの最新版を採用する。メーターディスプレイはフルデジタルだ。センターコンソール上部には7インチのスクリーンを配置している。

 

340km走行可能なコンパクトEVという選択肢

 

EVのe-208には136ps/260Nmを発生する電気モーターを採用。50kWhリチウムイオンバッテリーを前席座面下、センターコンソール、後席座面下に最適配置して重量配分を整えている。最大航続距離はWLTPモード換算で約340kmを実現した。

 

充電は3つのモードに対応しており、CHAdeMO(チャデモ)による50kWの急速充電であれば約50分で80%までチャージが可能。車両に標準で搭載する15A 200Vケーブルで3kWの普通充電をした場合は、約18時間で“満タン”になる。

 

スマートフォンに無料の「MyPeugeot」アプリを入れておけば、遠隔から車両の充電状態を確認したり、車内のエアコンを事前調整することができる。

 

新型プジョーe-208のフロントグリルイメージ

EV仕様の「e-208」のグリルにはボディ同色の塗装が。ライオンマークにも、見る角度によって色調が異なる特殊処理を施している。

 

特殊処理のライオンがEV感を主張

 

エクステリアはICEモデルとEVで差別化しており、e-208のラジエーターグリルにはボディ色に合わせた塗装を施すとともに、見る角度によって異なる色調に変化するダイクロイック加工ライオンエンブレムを採用している。

 

ちなみにマルチエネルギー対応のプラットフォームをベースにしているため、EVであっても車内空間に影響はない。208、e-208ともに荷室容量はほぼ同等であるという。

 

新型プジョー208のフロント走行イメージ

サスペンション形式は前マクファーソンストラット、後トーションビームの組み合わせ。自然な操縦性に定評のある自慢のアシには、GT Lineは205/45R17タイヤ、それ以外には195/55R16タイヤを組み合わせる。

 

プジョー独自の思想を具現する3次元コクピット

 

コクピットには最新プジョーにお馴染みとなったi-Cockpitの進化版を採用。小径ステアリングホイールの上、進行方向へオフセットした場所にメータークラスターを配置する3次元構造となっている。デジタルメーターパネル自体にもホログラム投影を活用し、奥行き感のある景色を作り出した。

 

先進運転支援機能(ADAS)については、アクティブセーフティブレーキや標識認識機能、レーンキープアシストといった基本機能を全車に標準搭載。完全停止&再発進機能付きACCやアクティブ ブラインド スポット モニター、インテリジェントハイビームなども用意している。

 

新型プジョーe-208のセレクターレバーイメージ

新型プジョー e-208のセレクターレバー。回生ブレーキの強度を2段階に切り替えられる。Dが内燃機関に近いフィーリング、Bがアクセルペダルだけで加減速を積極的にコントロールするモード。

 

ベーシックカーづくりの雄が生んだ最新Bセグハッチ

 

グレード構成は内燃機関モデルがベースの「Style(税込:239万9000円)」、装備充実の「Allure(同:259万9000円)」、空力仕様の17インチホイールやアルカンターラ張りのダイナミックシートを装備した「GT Line(同:293万円)」をラインナップ。e-208は「Allure(同:389万9000円)」と「GT Line(同:423万円)」の2グレード設定となる。

 

新型プジョー208のリヤ走行イメージ

最新のBセグメントハッチ、208は2020年の欧州COTYにも選出。動力源の多彩な選択肢(本国にはディーゼルも存在)や大胆なデザインが高く評価されている。

 

ベーシックカーづくりの匠、プジョーが送り込む最新コンパクト。1.2リッター“ピュアテック”直3ターボの気持ち良いフィーリングはすでにお墨付きだし、発進直後から260Nmのトルクが湧き出るEVの頼もしさはBセグメントに新しい可能性をもたらすはずだ。

 

欧州では2019年10月の導入以来、すでに11万台もの注文が入っているという。うち15%がEVを選んでいるようだ。ICEにせよEVにせよ、小型車を日々の相棒として長く愛する国で厳しい眼に鍛えられてきた208は、Bセグメントの基準をさらに一段高いところへきっと押し上げる。