総合格闘家・山本美憂とアバルトの共通項とは。2020年の今、どうしても聞きたかったこと

公開日 : 2020/07/08 06:30 最終更新日 : 2020/07/08 06:30

Abarth Scorpionna Drive for Womanのオンラインイベントイメージ

カルロ・アバルトから受け継ぐスピリット

 

根っからの負けず嫌い。アバルトの創始者、カルロ・アバルトは大変勝ち気な人物だったようである。不屈の闘志を口にくわえて生まれたような人物。そう思う。

 

カルロの武勇伝は少年時代から始まっている。彼が当時没頭していたのが、近所の少年らを集めてのスクーター レース。ライバルはカルロより身体の大きな年上ばかりだった。地面をぐぐっと蹴り出してスタートするスピード競争は、足の長さが勝敗を決める。肉体的不利を克服すべくカルロがひねり出した妙案は、なんと革のベルトをカットしてタイヤの周りに巻き付けるというもの。アスファルトとの摩擦係数が減り、彼の乗るスクーターは敵を蹴散らして誰より速くゴールしたという。そのときのカルロ、わずか11歳。小さきものが大なるものを制する喜びは、この頃すでに芽生えていたのである。

 

飽くなきカルロのチャレンジングスピリットは、現代アバルトにも色濃く受け継がれている。彼らはそれを「The Scorpion Spirit(サソリの精神)」と呼ぶ。

 

Abarth Scorpionna Drive for Womanのオンラインイベントのイメージ

アバルトは2020年現在、「挑戦」をテーマに総合格闘家の山本美憂選手とK-1チャンピオンの武尊選手とのコラボレーション企画を展開している。2020年6月には、女性向けのオンラインイベントに山本選手がトークゲストとして登場した。

 

山本美憂というザ・チャレンジャー

 

そのアバルトの精神性に共感する人は様々な分野に存在する。たとえば総合格闘家の山本美憂選手だ。女子レスリング元世界女王、3度のオリンピック挑戦、現役引退からの復帰、狭き門も立ちはだかる壁も険しい断崖も乗り越えてきたチャレンジャーである。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の不安が世間を覆うなか、アバルトがオンライントークイベントを実施すると聞き、いちもにもなく参加を決めた。山本美憂選手が出演するというのが一番の理由だった。コロナ禍のいまこそ、山本選手の強い言葉が聞きたかった。

 

アバルトは2019年より「SCORPIONNA DRIVE for WOMAN(スコーピオンナ ドライブ フォー ウーマン)」と銘打ち女性向けのドライビングレッスンを展開してきた。今回のトークイベントはそのオンライン版という位置づけ。ゲストには山本美憂選手と、ドライビングレッスンのチーフインストラクターとしてお馴染みのドリフト女王・石川沙織選手が登壇した。

 

Abarth Scorpionna Drive for Womanのオンラインイベントのイメージ

「Abarth Scorpionna Drive for Womanオンラインイベント」では、アバルトの歴史をまとめた特別ムービーも公開。カルロ・アバルトやタツィオ・ヌヴォラーリのエネルギッシュな姿が活き活きと描写された。

 

昨日の自分よりも強くなる

 

イベント中、山本選手が口にした中で強烈に記憶に残ったのが「失敗してもいいからぶつかっていきたい」という言葉。小学生時代からずっとやってきたレスリングを離れ、総合格闘技に身を転じる際にはやはり怖さがあったという。これまでなかったパンチもある。「それでも」と彼女は笑う。「パンチをされても楽しかった。負けたら悔しいし悲しいけど、新しい何かに挑戦することが楽しくて、毎日の練習がすごく嬉しい。昨日よりも強くなっている自分を楽しみに、日々を過ごしているんです」

 

負けて、チャレンジして、強くなる。石川選手は山本選手のこの言葉に強く頷いた。「私も運転が最初から巧かったわけじゃないんです。ただ運転が好きだった。身近な人がライバルになって、その人に負けたくないと思って。その繰り返し。気付いたらこうなっていました(笑)」

 

イベントの最中、カルロ・アバルトの物語をつづった特別ムービーが流れた。レース、レース、レースの日々。排気量の大きな高級レーサーに果敢に挑むピッコロモンスター。動画を一緒に見ていた山本選手はその姿にインスパイアされた、と語る。「勝っても次に進化することを考えなければいけない。そういうことですよね」

 

Abarth Scorpionna Drive for Womanのイメージ

アバルトは2019年より女性向けイベント「Abarth Scorpionna Drive for Woman」を実施している。チーフインストラクターを務めるのはドリフト競技の元日本チャンプ、石川沙織選手。先生も女性もすべて女性という、女性による女性のためのドライビングスクールだ。

 

試合前の緊張を克服する方法はあるか

 

今回のオンライントークイベントのユニークな取り組みが、チャット形式で視聴者がゲストに質問をできるコーナー。その中に印象的な質問があった。試合前の緊張やプレッシャーを、おふたりはどう克服するか、というものだ。石川選手は言う。

 

「絶対に緊張はするんですよ。今日のこのイベントだって緊張しました(笑)。そういうときは、いままでやってきた練習を振り返る。じたばたしたってそれ以上のことはできないんだから。過去の自分に自信を持つんです」

 

それに対して、山本選手が「一緒!」と同意して続ける。「一日の終わりに後悔しないために、100%練習を積む。相手よりも練習しているという自信があれば、同じ緊張でもいい緊張になるんです」

 

Abarth Scorpionna Drive for Womanのオンラインイベントのイメージ

小児がんや重い病気と闘う子供や家族をサポートするNPO法人「シャイン・オン!キッズ」の活動を、アバルトブランドを扱うFCAジャパンはサポートしている。ファシリティドッグは患者の心を癒す存在として注目を集めている。

 

戦う子供を支えるというもうひとつのチャレンジ

 

トークイベントの最後、もうひとりの特別なゲストが紹介された。小児がんや重い病気に向き合う子供や家族を支える認定NPO法人「シャイン・オン!キッズ」広報の橋爪浩子さんだ。

 

「シャイン・オン!キッズ」は、2歳を目前に小児がんで逝去したタイラー・フェリスの両親が設立した「タイラー基金」を前身とする組織。イベントには創設者のひとり、母親のキンバリーさんによるビデオメッセージも用意されていた。曰く、ご子息の闘病時、日本の病院の治療は素晴らしかったという。しかし、患者や家族の心のケアは遅れていると感じた。そこでキンバリーさんは、ワークショップや独自のプログラムを通じて患者と家族を力づけようと、現在に繋がる活動を開始したのである。

 

日本の病院は保守的な組織構造にある。そこへ入り込むのはチャレンジの連続だった、とキンバリーさんは語る。現在は、病院で活動するために専門的に育成された「ファシリティ ドッグ」の導入を積極的に進めている。病院に動物と聞いただけで、交渉がいかに難しいものであったか想像できる。

 

オンラインイベントに登壇した「シャイン・オン!キッズ」広報の橋爪浩子さんは言う。

 

「10数年前まで、日本の子供病院に犬がいるなんてまったく信じられないことでした。現在は静岡、神奈川、東京で展開していて、これからももっと増やしていく予定です。最近は新型コロナウイルスの影響もあり、入院中の子供たちは保護者に1時間も逢えないような状況でした。でも私たちは医療従事者としてファシリティ ドッグ プログラムを実施していたので、すべて通常通りに行うことができました。心のよりどころになっている、そんな声をいただいています」

 

「チャレンジスピリット」を⼤切にしているアバルトは、⼩児がんや重い病気と闘う⼦どもたちの「⼼のケア」のための活動を⾏う認定NPO法⼈「シャイン・オン!キッズ」の理念に深く共感し、⼀⼈でも多くの⼦どもたちが⾃信と勇気を持って、次の治療に臨めるように⻑年にわたりサポートを続けている。

 

Abarth Scorpionna Drive for Womanのイメージ

アバルト好きな女性を表す「スコーピ“オンナ”」は、サソリを意味するスコーピオンとイタリア語のDONNA(ドンナ)を組み合わせた造語。2019年のドライビングレッスンは筑波や奈良、福岡など全国で実施し、参加者は毎回抽選となるほどの人気ぶり。コロナ禍終息まではオンラインによる様々なイベントを予定している。

 

画面を通じて受け取るエネルギー

 

ところで今回のオンライントークイベント、司会を務めたのはFCAジャパン マーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセ。南イタリアから日本へやってきて、部門長まで登り詰めた業界一のパワフルウーマンである。すなわちMCもゲストもすべて女性、全員が戦う女性だったというわけだ。あっという間の1時間、見終えた頃にはPC画面の前に背筋がピシッと伸びた自分がいた。

 

これまでにもアバルトはユニークなイベントを積極的に実施してきたが、さしあたってコロナ禍が終息するまでの間、オンラインイベントを第二弾、第三弾と企画しているらしい。公式サイトをこまめにチェックするのもいいが、SNSの公式アカウントをフォローするか、メールマガジンに登録すれば情報を漏らさずキャッチできてオススメだ。

 

サソリの毒、ならぬスパイスはきっと貴方を元気にする。

 

 

【関連リンク】

・アバルト公式サイト

https://www.abarth.jp

 

・アバルト メルマガ登録ページ

https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ler-mdodq-c149dc891da316c358646c8054233d26

 

・アバルトのCSV活動

https://www.abarth.jp/csv/

 

 

【関連記事】

アバルトが女性による女性のためのドライビングスクールを行なう理由

 

アバルト生誕70周年のアニバーサリーイヤーに見せつけられたサソリ魂の原動力