新型レクサス LS、世界初公開! 鏡面に見える最新のボディカラーはレクサスの真骨頂

公開日 : 2020/07/08 17:55 最終更新日 : 2020/07/08 17:55


Lexus LS

レクサス LS

 

 

マイナーチェンジモデルの発売は2020年初冬から

 

レクサスは2020年7月7日、改良新型の「LS」を世界初公開した。日本での発売は2020年初冬を予定しているという。

 

主な改良ポイントは、「静粛性と乗り心地の向上」と「先進運転支援機能(ADAS)のアップデート」、そして「内外装に日本的意匠を採用」の3点。フラッグシップモデルとしてのクォリティを静的・動的の両面から磨きあげた。

 

改良新型レクサス LSのサイドビュー

「銀影(ぎんえい)ラスター」と呼ぶ外板色を新設定したマイナーチェンジ版LS。アルミフレークを含んだ塗料の体積を凝縮させる工法により、アルミの粒子感のない艶やかな塗面を実現した。

 

粒子感のない鏡のようなシルバー塗面

 

内外装のアップデートには日本的な要素をふんだんに取り入れている。

 

新ボディカラーの「銀影(ぎんえい)ラスター」は、ボディパネル、塗装面の美しさで随一の品質を誇るレクサスの強みをさらに一段引き上げる最新のシルバー。アルミフレークを高密度で敷き詰めた塗装面は粒子感がほどんどなく、まるで鏡面のように見える。

 

改良新型レクサス LSのコクピットイメージ

内装の加飾トリムに、西陣織の銀糸やプラチナ箔を取り入れたデザインを設定。センターディスプレイはAppleCarPlayやAndoroid Autoに対応した。

 

西陣や箔など日本の伝統工芸の世界観をキャビンへ

 

キャビンには、加飾オーナメント部分へ西陣や箔といった日本の伝統工芸に着想を得た意匠を採用。銀糸やプラチナ箔の輝きは、月明かりに照らされた水面の揺らぎを表現したものだという。

 

情感的なアップデートの一方で、AppleCarplayやAndroid Autoに対応する新しい12.3インチタッチディスプレイを採用するなど、インターフェース面も現代最新基準へ持ち上げた。

 

改良新型レクサス LSのセンサーイメージ

改良新型LSには「Lexus Teammate」を搭載。車線・車間維持、分岐や車線変更、追い越しまでをサポートするアクディブACC機能が使用可能となった。

 

アクティブACCの乗り味の影に「凄腕ドライバー」のスキルあり

 

ADAS面では「Lexus Teammate(レクサス チームメイト)」を導入。自動車専用道路ではドライバー監視のもと、車載システムが車線・車間維持、分岐や車線変更、追い越しまでをサポートするアクディブACC機能を搭載している。レクサス曰く、「カーブ、追い越しなど、走行中の様々なシーンで凄腕ドライバーの走りから学んだ自動車メーカーならではの人に寄り添った乗り味を実現」したという。

 

高速走行や駐車時など、様々な面で高度な制御を行なう「Lexus Teammate」は、ソフトウェアのアップデート次第で機能の追加や性能向上を図ることが可能。

 

ちなみにトヨタは2015年にレクサス GSをベースに改造した自動運転実験車のデモ走行を公開している。その車両の名前が「Highway Teammate」だった。同時に、トヨタの自動運転の構想を「Mobility Teammate Concept」と命名している。完全なクルマ任せの自律運転ではなく、あくまで人とクルマをチームメイトと見なす考え方である。

 

改良新型レクサス LSのセンサーイメージ

世界初のブレードスキャン アダプティブハイビームシステム(AHS)を採用。高速回転するブレードミラーにLEDの光を照射し、その反射光で前方を照らす仕組み。従来よりも細かい遮光制御を実現している。

 

自動ハイビームの進化やデジタルルームミラーの採用も

 

また、RXから世界初採用したブレードスキャン アダプティブハイビームシステム(AHS)を採用。LEDの光を高速回転するブレードミラーに照射し、レンズを介してその反射光で前方を照らす仕組み。ブレードミラーの回転とLEDの点灯/消灯タイミングを調整することで、従来よりも細かい遮光制御が可能になっている。

 

さらに、キャビン内には高解像度のデジタルルームミラーを設定。夜間や悪天候時の後方視認性を向上した。

 

改良新型レクサス LSのフロントシートイメージ

シートのステッチ位置から見直して、座り心地の良さを追求したフロントシート。ウレタンパッドにも低反発素材を採用し、快適性を向上している。

 

シートにも手を加えて乗り味全体を改善

 

乗り心地面の改善にあたっては、ソレノイドを用いたAVS(アダプティブ バリアブル サスペンションシステム)を新規に開発。減衰力を抑えるとともに、ランフラットタイヤの縦ばね剛性、スタビライザーバーの剛性も見直してバランスを最適化している。エンジンマウントの減衰特性も見直して、室内に伝わる振動を少なくしたという。

 

さらに、乗員との接点にも注目。シート表皮のステッチ位置を変更するとともに、ウレタンパッドに低反発素材を採用し、当たりの柔らかいしなやかな座り心地を実現した。

ハイブリッドは発進加速時のエンジン最高回転数を低めて静粛性を向上。常用域でのモーターによるアシスト量も増やし、加速感に力強さを加えた。

 

改良新型レクサス LSのパワートレーンイメージ

ハイブリッドは発進加速時のエンジン最高回転数を低めて静粛性を向上。常用域でのモーターによるアシスト量も増やして加速感に力強さを加えた。

 

ハイブリッド・ガソリンともに加速感を強化

 

また、ハイブリッドのLS500hは発進加速時のエンジン最高回転数を低めることで静粛性を向上。使用頻度の高いスピード域ではモーターのアシストを増やし、加速力をさらに強めた。ガソリン車のLS500もトルクの立ち上がりを改善したうえ、シフトプログラムも見直すなど、レスポンスに優れた力強い加速を実現しているという。

 

逆位相の音で騒音を打ち消すANC(アクティブ ノイズ コントロール)やスピーカーを用いたESE(エンジン サウンド エンハンスメント)のチューニングも変更し、キャビンの「静けさの質」を高めることに注力した。

 

改良新型レクサス LSのリヤビュー

現行LSは2017年にフルモデルチェンジされた5代目。今回マイナーチェンジを受けた改良新型LSは、2020年初冬に日本国内の販売をスタートする予定。

 

人の感性を大切にして走りの質を磨く

 

改良新型LSの走りを磨き上げるにあたり、レクサスのテストドライバーの匠である伊藤好章は語っている。

 

「人の感性を大切に、タイヤの内部構造からシートに座った際の質感、日常走行領域での加速レスポンスなど、走行性能に関係するパーツや制御を細部まで徹底的に作り込んでいます」

 

 

【問い合わせ】

レクサス インフォメーションデスク

TEL 0800-500-5577

 

 

【関連リンク】

・レクサス 公式サイト

http://www.lexus.jp