アウディのEV版SUVクーペ「Q4 スポーツバック e-tron コンセプト」デビュー

公開日 : 2020/07/10 11:55 最終更新日 : 2020/07/10 11:55


Audi Q4 Sportback e-tron concept

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

 

 

市販仕様を2021年から生産スタート

 

アウディは「Q4 スポーツバック e-tron コンセプト」を発表した。2019年のジュネーブ・モーターショーで公開されたアウディ初のコンパクト電動SUV「Q4 e-tron concept」をベースにクーペスタイルを与え、まったく独自のデザインとキャラクターを持つQ4 スポーツバック e-tron コンセプトは、2021年から生産をスタートする。今回の発表により、Q4の購入を検討しているカスタマーは、デビューの約1年前から、2つのバージョンを検討できることになった。

 

Q4 e-tronは典型的なSUVスタイルを持つ一方、Q4 スポーツバック e-tronはクーペを連想させるダイナミックでエレガントなスタイルを採用。2つのQ4モデルは全幅が1.9m、ホイールベースが2.77mとほぼ同じサイズを持つ。しかし、スポーツバックの全長は4.60mと1cm長く、全高は1.6mと1cm低くなっている。

 

VWグループのEV専用MEBプラットフォームを採用

 

2つのコンセプトカーは、今後の量産モデルに導入されるトップクラスの電気駆動システムを先取りして搭載。225kWのシステム出力を発生し、2基の電気モーターによって駆動される。アウディの他のモデルと同様、駆動力はクワトロ・フルタイム4輪駆動システムを介して路面へと伝達され、その優れたトラクションによってQ4 e-tronの両バージョンは0-100km/h加速6.3秒を達成する。一方、最高速度は電子的に180km/hに制限された。

 

82kWhの大容量バッテリーは、前後アクスル間のフロア下ほぼ全てのスペースを占めている。WLTPサイクルで450kmを超える航続距離(欧州計測値)は、このクラスのベンチマークとなるものだ。Q4には上位モデルのクワトロに加えて後輪駆動バージョンもあり、こちらはWLTPサイクルで500kmを超える航続距離(欧州計測値)を誇る。

 

Q4 e-tronは「モジュラー・エレクトリフィケーション・プラットフォーム(MEB)」をベースに開発。MEBはコンパクトクラスからアッパーミドルクラスまで、将来的にフォルクスワーゲン・グループが製造する数多くの電気自動車に採用される予定となっている。

 

Q4 スポーツバック e-tron コンセプトのエクステリア

兄弟モデルのQ4 e-tronと同様のデザイン要素を備えるQ4 スポーツバック e-tron コンセプト。また、ホイールアーチのデザインは、初代アウディ クワトロから受け継いでいる。

 

アウディの電動モデルであることを主張するエクステリア

 

スポーツバックのシルエットは、繊細かつダイナミックな弧を描きながら、後方に向かって傾斜。ルーフラインは大きく傾斜したDピラーへと流れこみ、リヤリップスポイラーへと伸びている。その結果、Q4 スポーツバック e-tronの全長は、姉妹モデルのQ4 e-tronよりもかなり長く見えるはずだ。

 

左右のリヤランプ間を結ぶ印象的な幅広いライトバンドは、Q4 e-tron コンセプトのデザイン要素を反映したもの。この2つのモデルが同じe-tronファミリーに属していることは一目で分かるようになっている。また、水平バーを備えたバンパーディフューザーユニット、中央に設置された照明付きe-tronロゴも、2つのQ4バージョンに共通するエレメントだ。

 

正面から見ると、アウディの4リングスロゴが装着されたシングルフレームグリルが、アウディラインナップの一員であることを明確に主張。アウディ初の電気自動車「e-tron」と同様、この新しいコンセプトモデルもオクタゴンシングルフレームグリルを備えている。内燃機関のようなラジエーターは備えないため、グリルの表面は閉じた構造となる。

 

見る角度によって色調が変わるキネティックグレー

 

4つのホイールをデザイン的に強調するフェンダーは、1980年に登場した伝説的な初代クワトロ以来、アウディ・デザインを象徴する役割を果たしてきた。ワイドフェンダーは有機的に流れるようなデザインを備え、サイドビューに豊かな表情を付け加えている。前後ホイール間のサイドシルエリアに設置されたアクセントはバッテリーがこの場所に搭載されていることを示すもので、e-tronの特徴のひとつと言えるだろう。

 

Q4 スポーツバック e-tron コンセプトのボディカラーは、新しいキネティック グレーが採用された。明るいメタリックとパールエフェクトを組み合わせたこのカラーは、見る角度によって緑がかった色合いを見せる。対照的にボディのロワーセクションは、ダークグレイでペイント。2色のコントラストによって、車両の幅広さと水平基調のデザインが強調されている。

 

Q4 スポーツバック e-tron コンセプトのインテリア

内燃機関モデルにあるトランスミッショントンネルが存在しないため、寸法以上の広々した快適な室内スペースを実現した。

 

EVモデルだからこそ実現した広い室内スペース

 

Q4 スポーツバック e-tronは、コンパクトクラスでありながら、広い室内を特徴とする。コンパクトな外寸法とは対照的に、2.77mのホイールベースは1クラス上の室内スペースを実現。電気自動車には室内スペースを制限するトランスミッショントンネルが存在しないため、フロント&リヤシートの両方に外観から想像するよりも遥かに広いスペースと快適性を提供すことが可能になった。

 

インテリアの配色も広々感を強調。インテリアの上部は暖色系の明るい色を基調にする一方で、フロアには暗色系のカーペットが採用されて効果的なコントラストを演出している。ヘッドライニング、ウインドーピラー、ドアレールとダッシュパネルの上部には、ホワイトとベージュのマイクロファイバー テキスタイルを採用した。

 

今回のモデルにおいても、持続可能性(サステナビリティ)は最優先事項となる。これは、電動駆動システム以外の面にも適用された。その一例として、フロアカバーはリサイクル素材で製造。また、クロームメッキされた装飾フレームの代わりに、表面に高品質な多層塗装仕上げを施したフレームを使用した。この塗装された艶消しプレキシガラスは、深みのある印象を生み出している。ヘッドレストが一体化された4つのシートの張地には、熟練工の手によって製造された快適なアルカンターラを採用。このシートには太い糸を使用したダブルステッチによる装飾が施されている。

 

様々な先進機能が備えられたコクピット

 

速度、充電レベル、ナビゲーションといった最も重要な情報を表示する「バーチャルコックピット」はステアリングホイールの奥に設置。拡張現実(AR)機能を備えた大型ヘッドアップディスプレイは、ターンインジケーターなどの重要なグラフィック情報を車両前方の道路上に浮かんでいるように投影することができる。

 

タッチエレメントを使用したステアリングホイールの操作パネルは、頻繁に使用する機能を割り当てることが可能で、センターコンソールの中央部分にはインフォテインメントと車両の機能を表示及び操作するための12.3インチ タッチスクリーンを設置。このディスプレイは操作性を向上させるためにドライバーに向けて配置されている。

 

センターコンソールにはシフトレバーやパーキングブレーキレバーを設置する必要がないため、携帯電話用の充電クレードルを含む広い収納スペースが実現した。美しくデザインされたトレイ部分にはトランスミッションのモードを選択するためのボタンを一体化。ドアには従来のドアポケットに加えて、手の届きやすい位置にボトルホルダーも設置されている。

 

Q4 スポーツバック e-tron コンセプトのエクステリア

基本的な使用条件下では、後輪駆動となるQ4 スポーツバック e-tron。滑りやすい路面や高速コーナリング中など、滑りやすい局面ではフロントのモーターにもパワーが供給される。

 

効率的なパフォーマンスを実現した駆動システム

 

モジュラー・エレクトリフィケーション・プラットフォーム(MEB)は、幅広い駆動方式と出力レベルに対応。Q4 スポーツバック e-tron コンセプトには、ハイパフォーマンス電気駆動システムが搭載された。

 

フロントとリヤアクスルは、電気モーターによって駆動(電動クワトロ・システム)。前後アクスルをつなぐ機械的なリンクはいっさい存在せず、その代わりに電子制御システムがトルクを一瞬で前後アクスルに最適配分する。

 

ほとんどの使用条件において最高の効率を達成するため、リヤに搭載された永久磁石同期モーターを主に使用。効率上の理由から通常はリヤアクスルにより多くの駆動力が配分される。

 

リヤの電気モーターが供給可能なパワーよりも多くの駆動力を要求した場合、この電動4輪駆動システムは必要に応じてフロントの非同期モーターにトルクを配分。これは滑りやすい路面や高速コーナリング中にスリップが発生する前など、車両がアンダーステアまたはオーバーステアの状態になる前にも予測的に行われる。

 

大容量バッテリーと高効率化により航続距離450kmを実現

 

リヤの電気モーターは150kWの出力と310Nmのトルクを発生。フロントの電気モーターは出力75kW・トルク150Nmとなり、前後を合計したシステム出力は225kWに及ぶ。

 

フロアに搭載されたバッテリーは82kWhの容量を備え、WLTPサイクルで450km以上の航続距離を可能にした。バッテリーは最大125kWで充電することができる。さらに125kW急速充電を利用した場合、約30分でバッテリー容量の80%まで充電することが可能となっている。

 

この優れた航続距離は大容量バッテリーだけで達成されるわけではない。その設計は最高の効率を求め、空気抵抗を削減することからスタートした。その結果、Cd値(空気抵抗係数)は、Q4 e-tronよりも0.01低い0.26を達成。また、航続距離を最大化するために回生システムも洗練された。CO2ヒートポンプを備え駆動系とバッテリーを保護する高度な熱管理システムも、高い効率の実現に貢献している。

 

Q4 e-tron コンセプトQ4とスポーツバック e-tron コンセプト

2018年に発表されたe-tronによって、電動化攻勢をスタートしたアウディ。2025年までに、アウディは20以上の新たな電気自動車を投入する計画を持つ。

 

駆動コンポーネントを車両中央の低い位置に搭載

 

スポーティなキャラクターと優れたコーナリング性能は、駆動コンポーネントを車両中央の低い位置へ搭載したことによって生まれる。

 

バッテリーシステムはボディサイズに合わせて最適化され、前後アクスル間の乗員コンパートメント下にフラットなブロック形式で配置されている。バッテリーシステムの重量は510kg。その重心高は一般的な駆動システムを搭載したセダンの重心高とほぼ同じレベルとなっている。

 

前後重量配分は理想的な50:50。フロントサスペンションには、アダプティブダンパー付きのマクファーソンストラットが採用された。リヤサスペンションは別体式スプリングとアダプティブダンパーを備えたマルチリンクタイプとなっている。

 

2025年までに20を超える電動化モデルをリリース

 

アウディは2018年9月に電気自動車のSUVモデル「e-tron」を世界初公開し、電動化攻勢をスタートした。2025年までに全世界の主要な市場において20以上の電気自動車を発売し、電動化モデルの販売台数を全体の約40%にすることを目指している。

 

今後はSUVだけでなく、アバントやスポーツバックといった従来型のボディを備えたモデルも導入される。将来のアウディ・ラインナップはコンパクトクラスからラグジュアリークラスに至るまで、あらゆる市場セグメントを網羅する予定だ。