究極の快適性を追求したショーファードリブン、新型ベントレー ベンテイガに4シーター仕様登場

公開日 : 2020/07/18 11:55 最終更新日 : 2020/07/18 11:55

ベントレー ベンテイガに追加された「 4シート コンフォートスペック」

Bentley Bentayga Four Seat Comfort Spec

ベントレー ベンテイガ 4シート コンフォートスペック

 

 

5人乗り・7人乗りに続き、待望の4人乗り仕様を追加

 

フェイスリフトされたベントレー ベンテイガに、リムジンとしても使用可能な4人乗りの「4シート コンフォートスペック」が追加された。すでに「7シーター仕様」と「5シーター仕様」が設定されており、ベンテイガ・ファミリーの選択肢が大きく拡充した形だ。様々な室内仕様が揃い、ファミリーやビジネスなど、ベンテイガはあらゆるニーズに対応している。

 

フェイスリフト前のベンテイガでも、5台に1台(約4000台)が4人乗り仕様として製造されており、その成功を受けて今回も4人乗り仕様がカタログモデル化された。

 

ベントレー ベンテイガに追加された「 4シート コンフォートスペック」

フェイスリフトに合わせて、4人乗り仕様のリヤシートは居住性を大幅に向上。前後のシートスライドも35mm拡大した。

 

リヤシートの居住性・快適性が大幅に向上

 

新型ベンテイガは今回のモデルチェンジを受け、ショーファードリブン用車両としての性能を大幅に向上した。キャビンとトランクエリアを隔てるバックボードの位置を変更し、リヤシートの最大リクライニング角度を32度から40度とし、前後のシートスライド量も35mm拡大した。この結果、リクライニング時のニールームは100mmも広がり、リヤパッセンジャー空間がより快適になっている。

 

また、シートデザインも一新され、より彫刻的な形状となった。 特にショルダー部を中心に改良が施されており、高級SUVのベンチマークを担ってきたベンテイガの快適性能はさらにレベルを上げている。

 

ベントレー ベンテイガに追加された「 4シート コンフォートスペック」

ふたつのリヤシート間には、収納スペースと2基のUSB充電ソケットを備えた美しいセンターコンソールが設置されている。

 

リヤシートのふたりのために用意されたイクイップメント

 

4シート コンフォートスペックには、シートヒーターに加え、シートベンチレーション、6種類のマッサージプログラム、ウイング式コンフォートヘッドレストなど、後部座席の装備をさらに充実化。また、750mlのボトルを収納できるドリンククーラーや、カンブリア・クリスタルを2本収納できる「マリナー・コンソール・ボトルクーラー」をチョイスすることもできる。

 

ふたつのリヤシート間には、収納スペースと2基のUSB充電ソケットを備えたセンターコンソールを設置。美しいレザートリムのバックボードには、ダイヤモンドキルトのスキーハッチが付いており、キャビンとトランクスペースを分けている。

 

ベンテイガ でも選べるようになった「タッチスクリーン・リモート」

フライングスパーから導入された大型ディスプレイを備えた「タッチスクリーン・リモート」が、ベンテイガでも選べるようになった。

 

スマートフォンのような「タッチスクリーン・リモート」

 

また、フライングスパーから導入された「タッチスクリーン・リモート(TSR)」コントロール・タブレットが、ベンテイガでも使用できるようになった。

 

5インチ大型ディスプレイは、現代的なグラフィックを採用。本体から取り出して使用できるスマートフォンのような形状の「ハンドヘルド・リモート」は、4コアプロセッサと1GBのオンボードRAMを搭載している。

 

TSRをタッチすることで、リヤシートの空調設定、マッサージ、メディアシステム、ナビゲーション、キャビンの照明、ウインドウやサンルーフ・ブラインドなど、さまざまな機能を操作することができる。