ポルシェ911 GT3 RSをニュルブルクリンクで試乗:前編。清水和夫が新コースでバトルを展開!【Playback GENROQ 2018】

公開日 : 2020/07/20 17:55 最終更新日 : 2020/07/20 17:55

AUTHOR :

ポルシェ911 GT3 RS海外試乗、走行シーン

Porsche 911 GT3 RS

ポルシェ911 GT3 RS

 

 

水平対向6気筒NAエンジンが生む9000rpmの旋律

 

ダウンサイズターボ化が進む911のラインナップにおいて頑にNAを貫くGT3。その最高峰であるRSが新たに生まれ変わった。4リッターのNAエンジンは歴代最高である520psを達成。そのパワフルさと速さ、そして9000rpmまで回りきるフラット6。現代のスーパースポーツカーとしては珍しいほどのピュアな快感がここにある。911シリーズきっての辛口モデルを、清水和夫と島下泰久が試乗インプレッション。本記事では清水和夫氏のレポートをお届けする。

 

ポルシェ911 GT3 RS海外試乗、走行シーン

ニュルブルクリンクのノルトシュライフェを6分56秒で駆け抜ける911 GT3 RS。そのポテンシャルを清水和夫氏が確認した。

 

「路面に吸い付くような安定感。最高のステージで鍛えた走りは本物だ」

 

昨年、ポルシェのモータースポーツ&GTカーの担当副社長であるフランク=シュテッフェン・ヴァリザー博士から聞いた話だが、GT2 RSがニュルブルクリンクのノルトシュライフェで出したタイム、6分47秒はコンピューターによるシミュレーションよりも速かったそうだ。

 

今回の主役であるGT3 RSはNAだから、絶対的なトルクはGT2 RSに敵わない。しかしGT3 RSの開発チームはシャシーを徹底的に煮詰めることで、7分前後のタイムで走れるだろうと予測していたという。991後期型GT3が7分12秒を叩き出していることもあり、希望的な意味もあったようだが、いざ実際のアタックでGT3 RSは何と6分56秒をマークしたのだ。

 

ポルシェ911 GT3 RS海外試乗、エンジン

4.0リッターのNA6気筒エンジンは、従来よりも20ps/10Nmアップの520ps/470Nmとなった。最高出力の発生回転は8250rpmだが、レブリミットは9000rpmという超高回転型ユニットである。

 

「ニュルブルクリンクGPコース(新コース)で試す」

 

その時のインカー動画を見たのだが、ケッセルヘン(Kesselchen)コーナーを過ぎたセクションでの走りには驚いた。ゆるく左に曲がった超高速コーナーで、どのマシンもスロットル全開で加速する。そしてその先にややタイトな左コーナーがあり、ここはプロドライバーでも思わず減速してしまうコーナーだ。GT3 RSは240km/h近いスピードが出ていたのだが、この左コーナーをスロットル全開でクリアしたのだ。新型GT3 RSが恐ろしいポテンシャルを持っていることは、この映像だけでも十分に理解できた。そのマシンを、いよいよニュルブルクリンクGPコース(新コース)で実際に試す機会が訪れたのだ。

 

GT3 RSに装着されるタイヤはミシュランとダンロップだが、開発スタッフによると、サーキットではミシュランが、オールラウンドではダンロップが最適らしい。ちなみに今回のテストカーはすべてミシュランの秘密兵器となる「パイロット・カップ2R」という、まだ未発表の最新タイヤを装着。これでGT3 RSでマイナス5秒、GT2 RSでマイナス3秒のタイム短縮が期待できるそうだ。つまり他のタイヤであれば6分56秒のタイムが約7分01秒、ということか・・・。

 

ポルシェ911 GT3 RS海外試乗、フェンダー

フェンダー上には引き続き特徴的な形状のスリットが開けられる。タイヤまわりの熱を排気し、ダウンフォースを得る効果がある。

 

「インストラクターに追従する試乗は、実際はバトルのようなもの」

 

サーキット走行はカー・トゥ・カーの2台のカルガモ走行で行われる。インストラクターが運転するGT2 RSに私のGT3 RSが追従するという形式だが、実際はバトルのようなものなのだ。

 

いざコースインし、メインストレートから1コーナーに向けてブレーキング。ここは若干下りながらのフルブレーキだが、スマートフォンで計測すると1.4Gくらいを表示している。多少リヤ荷重が減るのだが、ブレーキングスタビリティはびくともしない。ブレーキローターはもちろんPCCBだが、初期制動も踏み込んでいったときのリニアな効き具合もほれぼれするほどだ。このブレーキ性能こそが、リヤエンジンの911が世界最速を誇れる理由ではないだろうか。続いて超タイトな右コーナーから連続するS字カーブをクリアする。加速が鋭いので、2速ギヤは要注意。簡単にリヤが滑るだろうと思いきや、意外にもよく粘る。グリップレベルは相当に高いようだ。

 

ポルシェ911 GT3 RS海外試乗、ボンネット

軽量化は徹底しており、ボンネット、エンジンリッド、フロントウイングはすべてカーボンとなる。マフラーはチタン製だ。

 

「180km/hのコーナリングでの挙動も実に安定している」

 

さて、ここからGPコースの見どころとなる、下りながらの中速コーナーをクリアし、ボトムに位置するヘアピンまで一気に下る。ドライビングに集中したいので、Dレンジで走る。シフトアップはPDK任せ、シフトダウンはパドルを使った。

 

ボトムのヘアピンでは2度目の2速ギヤの出番だ。バンクがついているので、早目にスロットルを開けられるのだが、その先には高速シケインが待ち受ける。3速で9000rpm近くまで回して4速にシフトアップ。そのタイミングでステアリングを切り込む。縁石をスムーズにカットし、最小限の舵角でクリア。サスペンションが上下に大きくストロークするが、挙動は乱れない。さすがニュルのオールドコースで鍛えたシャシー性能だ。冒頭に述べたオールドコースの240km/hのコーナリングとは絶対速度が異なるが、180km/hのコーナリングでの挙動も実に安定している。

 

ポルシェ911 GT3 RS海外試乗、インテリア

レザーとアルカンターラで仕上げられたインテリアには、エアコンはもちろんPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)も装備する。

 

「その実力は数字で表される以上に素晴らしい」

 

4リッターのフラット6は991前期型から採用されているが、その内容はまるで別物だ。6000rpmくらいからのレスポンスとエンジン音でその違いが分かる。最後は約230km/hの右コーナーが待ち受ける。ここをスロットル全開でいくにはフロントのグリップがもう少し欲しい気もした。だが、スピードが高まるほどに路面に吸い付くような安定感は、前期型よりも明らかに進化している。

 

20psアップを果たした新型GT3 RSだが、その実力は数字で表される以上に素晴らしい。クルマとドライバーを鍛える最高のステージ、ニュルブルクリンクオールドコースで磨き上げた走りは、やはり本物だ。タイムが7分01秒であったとしても、その価値はまったく揺るぎない。

 

 

REPORT/清水和夫(Kazuo SHIMIZU)

PHOTO/Porsche AG

 

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ911 GT3 RS

ボディサイズ:全長4557 全幅1880 全高1297mm
ホイールベース:2453mm
車両重量:1430kg
エンジン:水平対向6気筒DOHC
総排気量:3996cc

最高出力:383kW(520ps)/8250rpm
最大トルク:470Nm(47.9kgm)/6000rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD
サスペンション形式:前マクファーソンストラット 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(リム幅):前265/35ZR20(9.5J) 後325/30ZR21(12.5J)
最高速度:312km/h

0-100km/h加速:3.2秒
燃料消費率:12.8リッター/100km
CO2排出量:291g/km
車両本体価格:2692万円

 

 

※GENROQ 2018年 7月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。

 

 

【関連記事】

ポルシェ911 GT3 RSをニュルブルクリンクで試乗:後編。北コースを島下泰久が全開アタック!【Playback GENROQ 2018】

 

 

【関連リンク】

GENROQ 2018年 7月号 電子版

※雑誌版は販売終了