ランボルギーニ史上最多・最速! ウルスが生産台数1万台を達成!

公開日 : 2020/07/22 14:55 最終更新日 : 2020/07/22 14:55


生産台数1万台を達成したランボルギーニ ウルス

Lamborghini Urus

ランボルギーニ ウルス

 

 

1万台目のウルスはロシアのオーナーの元へ

 

7月21日、マーケット投入から2年を経て、ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」が生産台数1万台を達成した。

 

サンタアガタ・ボロネーゼのファクトリーでラインオフしたシャシーナンバー「10000」のウルスは、ロシア向けの1台。エクステリアは新色のネロ・ノクティス・マット(ブラック)にカーボンファイバー製パーツを組み合わせ、インテリアはカーボンファイバー・パッケージに、ブラック&オレンジのアド・ペルソナム・インテリアをチョイスしている。

 

製造台数1万台を達成したランボルギーニ ウルス

2017年の発表以来、今やランボルギーニの屋台骨を支えるモデルとなったウルス。初めて通年販売された2019年には4962台がデリバリーされている。

 

2019年、世界中のマーケットに向けて4962台を販売

 

2017年12月の発表以来、ウルスはアウトモビリ・ランボルギーニの販売台数の増加に大きく貢献してきた。ウルスがマーケットにおいて初めて通年販売された2019年には、4962台がカスタマーにデリバリーされている。

 

さらに2020年6月、ウルスの2021年モデルとして新たなデザインオプション「ウルス パールカプセル(Urus Pearl Capsule)」を追加。

 

エクステリアは鮮やかなメインカラーにグロスブラックの2トーンを採用し、ランボルギーニ伝統のハイグロス4層パールカラー「ジアッロ・インティ(Giallo Inti)」「アランチョ・ボレアリス(Arancio Borealis)」「ヴェルデ・マンティス(Verde Mantis)」に、ハイグロスブラック・ルーフ、リヤディフューザー、スポイラーリップなどのブラックパーツが組み合わせられている。

 

ウルスの最新製造工場

ウルスの生産に向けて、サンタアガタの本社工場敷地を大幅に拡大。新たに建設された専用工場マニファチュラ・ランボルギーニは、最新AIなどが導入されている。

 

「ファクトリー4.0」を導入した最新の生産設備

 

ランボルギーニは、アヴェンタドール、ウラカンに続く、3番目のモデルとなるウルスのために、本社工場の敷地を8万平方mから16万平方mに拡張。ウルス専用の組み立てライン「マニファチュラ・ランボルギーニ」は、従業員をサポートする最新のスマート生産コンセプト「ファクトリー4.0(Factory 4.0)」が採り入れられている。

 

モジュールコンセプトを導入した拡張性・柔軟性によって様々なパーソナライゼーションにも対応可能な生産施設が実現し、2019年にはウルス専用のペイントショップがオープンした。新しいペイントショップの特徴は、生産ラインと同様にAIをはじめとする新技術を統合したファクトリー4.0モデルを採用したことにある。