BMW、たった1台の特別な8シリーズを日本で限定発売。闇夜に一閃する稲妻をイメージ

公開日 : 2020/07/26 14:55 最終更新日 : 2020/07/26 14:55


BMW 8シリーズ M850i xDrive エディション ゴールデン サンダーのフロントイメージ

BMW 8 Series M850i xDrive Edition Golden Thunder

BMW 8シリーズ M850i xDrive エディション ゴールデン サンダー

 

 

日本での発売は「たったの1台」

 

BMWジャパンは2020年7月30日に、8シリーズの特別仕様車「M850i xDriveエディション ゴールデン サンダー」を国内発売する。2ドア クーペ、4ドア グランクーペ、カブリオレそれぞれ1台ずつの限定販売で、車両価格は順に1882万円、1851万円、1962万円。

 

エディション ゴールデン サンダーの受注はオンラインのみで実施。2020年7月30日正午より、公式オンライン・ストアで受付を開始する。

 

BMW 8シリーズ M850i xDrive エディション ゴールデン サンダーのフロントイメージ

BMWジャパンは2020年7月30日正午より、日本での「8シリーズ M850i xDrive エディション ゴールデン サンダー」の受注を開始する。クーペ/グランクーペ/カブリオレ、各1台ずつの設定となる。

 

ゴールド塗装の20インチホイールを装着

 

エディション ゴールデン サンダーのベース車両は、530ps/750Nmを発生する4.4リッターV型8気筒エンジンと4輪駆動を組み合わせた上級モデル「M850i」。“Golden Thunder”の名が示すとおり、闇に煌めく鮮烈な稲妻をイメージしている。

 

サファイア ブラック メタリックのボディカラーをベースに、フロントエプロンからサイドスカート、リヤエプロン、そしてサイドミラーにゴールドのアクセントをあしらった。

 

また、ブレーキにはブラック塗装のキャリパーを装備。そこに20インチのゴールド塗装ホイールを組み合わせている。

 

BMW 8シリーズ M850i xDrive エディション ゴールデン サンダーのリヤビュー

黒×ゴールドの配色が大胆なエディション ブラック サンダー。2ドアのクーペには、ゴールドカラーのMリヤスポイラーを装備する。

 

鮮烈な黒×ゴールド配色は内装にも

 

キャビンもまた、外観同様に黒×ゴールドの配色を随所に採用。センターコンソール部分をゴールド仕上げにするとともに、フロントシートのヘッドレストには“Edition Golden Thunder”の刺繍を施している。クーペ及びグランクーペのルーフは墨色のアルカンターラ地となる。バウワース アンド ウィルキンス製ダイヤモンド サラウンド サウンド システムも全車に搭載している。

 

BMW 8シリーズ M850i xDrive エディション ゴールデン サンダーのフェイシアイメージ

内装はブラックのメリノレザーを基本にした上質なムードで、センターコンソールをゴールド配色に。セレクターレバーやスタート&ストップボタンはカッティングした宝石を思わせるクリスタル仕様だ。

 

BMWのフラッグシップ、8シリーズ。クーペ、グランクーペ、カブリオレと、それぞれにたった1台のみの限定仕様となる「エディション ゴールデン サンダー」は稀少性、そしてインパクトともに群を抜く一台。即完売は間違いがなさそうだ。生産はディンゴルフィン工場で2020年9月よりスタートする予定。

 

 

【車両本体価格(税込)】

BMW M850i xDrive Edition Golden Thunder:1882万円

BMW M850i xDrive Cabriolet Edition Golden Thunder:1962万円

BMW M850i xDrive Gran Coupe Edition Golden Thunder:1851万円

 

 

【関連リンク】

・BMWオンライン・ストア公式サイト

https://online-store.bmw.co.jp/