アメリカの大富豪マイケル・フックス、「イスパノ スイザ カルメン ブローニュ」をオーダー【動画】

公開日 : 2020/07/30 11:55 最終更新日 : 2020/07/30 11:55


Hispano Suiza Carmen Boulogne “Michael Fux”

イスパノ スイザ カルメン ブローニュマイケル・フックス

 

 

お馴染みメタリックパープルのボディカラーを採用

 

世界的に有名なカーコレクター、低反発マットレスビジネスで大成功を収めた大富豪のマイケル・フックスが、「イスパノ スイザ カルメン ブローニュ」をオーダーした。新生イスパノ スイザにとっては、最初のアメリカ人オーナーへのデリバリーとなる。

 

スペイン・バルセロナのイスパノ スイザ・テクニカルセンターにおいて、限定19台の製造を予定しているカルメン。そのうちの5台のみが、ハイパフォーマンス仕様のカルメン ブローニュとして販売される。今回、160台以上のカーコレクションを持つフックスは、カルメン ブローニュをベースに、デザインチームと協力し、鮮やかなカラーリングと最高級のラグジュアリーを纏ったビスポーク仕様を作り上げた。

 

エクステリアは、特注のメタリックパープルで仕上げられ、フロントグリル、ウイングミラー、ウインドウトリム、ホイールにはカッパーカラーのアクセントが施された。インテリアは、ホワイトレザーシートにパープルのパイピングが施され、カーボンファイバー製ステアリングホイールはパープルとカッパーのトリムで仕上げられている。

 

カルメン ブローニュの特徴であるカッパーカラーのアクセントを残しつつ、フックスのイメージカラーのメタリックパープルを組み合わせたことで、時代を超越したエレガンスをアピール。さらにアグレッシブなスポーティさと、唯一無二のボディラインを強調することにも成功している。

 

イスパノ スイザ カルメン ブローニュ 「マイケル・フックス」のインテリア

フックス仕様に仕上げられたカルメン  ブローニュのインテリア。この2月にバルセロナのイスパノ スイザのファクトリーを訪問したマイケル・フックスは、開発・製造施設を見学したことで、彼らの自動車製造にかける想いに共感したという。

 

フックスがシンパシーを抱いたイスパノ スイザの情熱

 

カルメン ブローニュは、フックスのカーコレクション初のフルEVスーパースポーツとなる。エレガントで未来的なデザインと、最新の電動パワートレインがフックスの心を強く捉えたようだ。

 

「2月にイスパノ スイザのファクトリーを訪問したのですが、そこにあるすべてを気に入りました。私はディテールにこだわるタイプです。そして、気分を高揚させてくれるカラーが大好きです。カルメン ブローニュは間違いなく『wow(すごい)』なクルマだと思います。レトロでロマンティックな佇まいは、誰もが思わず見つめてしまうでしょう」

 

「現社長のミゲル・スケ・マテウ氏をはじめとする、ファミリーの献身的な姿勢、そしてイスパノ スイザの伝統に対する情熱に感銘を受けました。彼らは素晴らしい作品を製造していますし、一緒に仕事をすることで本当にカスタマイズプロセスの一部になれるのです」

 

2020年3月に公開されたスペシャル仕様のカルメン ブローニュは、ベースモデルから大幅なパフォーマンスアップを実現。開発を担当するQEVテクノロジーズ社が、電動パワートレインの最高システム出力を1114ps(820kW)にまで向上させており、最高速度は40km/h向上した290km/h、0-100km/h加速は2.6秒を発揮する。