ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_011 | 8枚目の写真 (全10枚)

公開日 : 2020/08/07 17:55 最終更新日 : 2020/08/17 15:33

AUTHOR :
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_01_A | 1枚目の写真 (全10枚) ランボルギーニ ミウラ P400の走行シーン
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_020 | 2枚目の写真 (全10枚) ミウラは常に見る者から熱い視線を集めるタレント性の強いモデルだった。その美しさとともにV型12気筒エンジンをミッドシップするという、レースカーのようなメカニズムが世界中のスーパーリッチを大いに刺激した。もちろん、現在でもその存在感は大きい。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_019 | 3枚目の写真 (全10枚) 4.0リッター仕様のエンジンをリヤに搭載するという意味のP400を掲げた、P400ミウラがランボルギーニでの正式な車名。ミウラとは、スペインの闘牛界では有名な繁殖牧場の名で、それを物語るかのように当時このような写真も撮影されている。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_018 | 4枚目の写真 (全10枚) 1968年のブリュッセル・ショーには、ベルトーネによって製作されたコンセプトカー、ミウラ・ロードスターが出品されたが、その生産化は実現しなかった。先日リニューアルされたムゼオ・ランボルギーニで、フルレストアされた現在の姿を見ることができる。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_015 | 5枚目の写真 (全10枚) V型12気筒エンジンと、それに組み合わされる5速MTのオイル潤滑を互いに共用して行うというシステムはミニからヒントを得たもの。ダラーラは、ミウラを設計する以前にミニのパワーユニットを用いたミッドシップ車の可能性を探っていたという。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_014 | 6枚目の写真 (全10枚) ミウラが生産されていた当時のランボルギーニ本社工場。シャシーの製作は同じモデナのマルケージ、ボディパネルはトリノのシルバーカーが製作した後、ベルトーネで組み立てと塗装が行われ、ランボルギーニへと運ばれるシステムだった。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_012 | 7枚目の写真 (全10枚) トラクターの生産などですでに実業家として大きな成功を収めていたフェルッチオ・ランボルギーニ。自らの名を掲げた高性能なGTを世に送り出すことを目的にランボルギーニ社を創立したフェルッチオは、最初ミウラの企画には懐疑的だったという。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_011 | 8枚目の写真 (全10枚) 今回のメディアイベントには、まさにミウラの生みの親ともいえる、ジャン・パオロ・ダラーラ(右)、パオロ・スタンツァーニ(左)、そしてマルチェロ・ガンディーニ(中央)も姿を現した。彼らはミウラの開発当時、全員が20代という若さだった。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_06 | 9枚目の写真 (全10枚) TP400を発表したランボルギーニのもとに、さまざまなカロッツェリアからの提案があったという。最終的に選択されたのはマルチェロ・ガンディーニの手によるベルトーネ案。ガンディーニは一切の迷いなく、このスタイルを描き出したという。
  • ランボルギーニ ミウラ誕生から半世紀。イタリアでの試乗を通じてヒストリーを振り返る:前編【Playback GENROQ 2016】 | GQW_MIURA_05 | 10枚目の写真 (全10枚) ミウラの誕生によってランボルギーニの価値は大きく変わり、他人にアピールしたくなるクルマになった。そのエレガントでスタイリッシュなボディデザインこそ直接の理由。ファッションなどさまざまなフィールドでミウラが活用された例は実に多い。

※ スワイプで前後の画像を表示