ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | GQW_SONY_VISION-S_CES2020_08083 | 4枚目の写真 (全7枚)

公開日 : 2020/08/09 06:30 最終更新日 : 2020/08/17 15:14

  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | 1枚目の写真 (全7枚) 清水和夫の頑固一徹学校
  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | GQW_SONY_VISION-S_CES2020_08085 | 2枚目の写真 (全7枚) 東京・品川のソニー本社に登場した自動運転EVコンセプト「VISION-S」を助手席で同乗体験した清水和夫は、「21世紀に生まれるべくして生まれるクルマ」と印象を語った。
  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | GQW_SONY_VISION-S_CES2020_08084 | 3枚目の写真 (全7枚) VISION-Sの開発ポイントは3つ。センサー類の知見を活かした「安心・安全」、得意のAV技術を応用した「エンタテインメント」、そして「クルマとITの融合」だ。目指すは疾走するエンタテインメント空間である。
  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | GQW_SONY_VISION-S_CES2020_08083 | 4枚目の写真 (全7枚) 合計33個のセンサーを駆使してレベル2+相当の運転支援機構を実現するVISION-S。乗員のコンディションをモニタリングする機能も搭載する。ルームミラーやサイドミラーはオールデジタルだ。
  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | GQW_SONY_VISION-S_CES2020_08082 | 5枚目の写真 (全7枚) VISION-Sは2020年1月のCES発表後、オーストリア・グラーツの開発拠点へ移送。マグナ シュタイヤーなどパートナー各社と開発を進めてきた。
  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | GQW_SONY_VISION-S_CES2020_08081 | 6枚目の写真 (全7枚) クラウンより全長は短いのにメルセデス・ベンツSクラスに比肩するホイールベースを実現できたのは、EVの利点を存分に活かした結果だろう。ショーファーとしても通用する車内空間を導き出していると清水和夫は語る。
  • ソニーが作ったクルマ「VISION-S」を体験! 清水和夫が感じた「まっ白なキャンバス」の可能性とは【動画】 | SONY_VISION-S_shimizu_0808 | 7枚目の写真 (全7枚)

※ スワイプで前後の画像を表示