実車と同じペイントとマテリアルを選べるベントレー コンチネンタル GTの1/8スケールモデル、約100万円でオーダー開始

公開日 : 2020/08/10 06:30 最終更新日 : 2020/08/17 14:56

ベントレー コレクションにコンチネンタルGTが登場

1/8 Bentley Continental GT Bespoke Model

1/8 スケール ベントレー コンチネンタルGT ビスポークモデル

 

 

オーダーメイドで仕上げられるスケールモデル

 

ベントレーは、コンチネンタルGTを精巧に再現したスケールモデルシリーズ「ベントレー コレクション(Bentley Collection)」を発表した。

 

今回、1/8、1/43、1/64と、3種類のスケールで再現されたコンチネンタルGTをラインナップ。特に1/8スケールはビスポーク仕様となり、自身の愛車を正確に再現した忠実なレプリカをオーダーすることができる。さらに、この特注モデルは、未来の夢のクルマやサーキット仕様のコンチネンタルGT3を注文することも可能となっている。

 

1/8 コンチネンタル GT ビスポークモデル

最も大きなサイズとなる1/8スケールは受注生産となり、エクステリアやインテリアを自分の愛車とまったく同じ仕様に仕上げることが可能になっている。

 

実車とまったく同じ素材で再現する1/8スケール

 

1/8スケールモデルは、ベントレーのデザインスタジオの監督のもとで開発。この精巧なオーダーメイドモデルは、実車のコンチネンタルGTのディテールを完璧に再現するため、ひとつひとつのパーツが丹念に作り上げられた。実に1000個以上のパーツが使用されており、ハンドメイドによる製作時間は、約300時間を必要とするという。

 

このモデルは全長が78cmに及び、そのまま実車として存在しているようなリアリティが追求された。コクピットの小さなステアリングホイールには完璧にコピーされたクロスステッチが施され、ベントレーを象徴する美しいシートのキルティングや光沢をもったウッドパネル、ゴージャスなフロアカーペットまで完璧に再現。ドアやトランクはもちろん開閉可能で、複雑に再現されたインテリアやラゲッジをじっくりと楽しむことができる。

 

カスタマーはインテリアとエクステリアの膨大なオプションから、自分の愛車と同じように仕様を選ぶことができる。ボディカラー、シート、ステッチカラー、ウッドパネル、ホイール、トリムオプションの選択まで、すべてのカラーと仕上げは実車のベントレーに使用されている本物のペイント、レザー、ウッド、マテリアルによって再現される。

 

1/8 コンチネンタルGT ビスポークモデルのディテール

1/8 コンチネンタル GTビスポークモデルのインテリア。自身の愛車以外にも、ベントレーの歴史的なモデルや、特別仕様車のために開発されたエクスクルーシブなボディカラーやインテリアでスケールモデルを仕上げることもできる。

 

アイコニックなスペシャル仕様を再現することも可能

 

ベントレー・ファンであれば、歴史に名を刻んだ特別なコンチネンタルGTを再現しても面白そうだ。例えば、2011年にWRCチャンピオンのユハ・カンクネンがドライブし、氷上の世界速度記録を更新したブラックラッピングの「コンチネンタルGT スーパースポーツ コンバーチブル」と同じように、シトリック・ペイント、ベルーガ・インテリア、カーボンファイバーパネル、レッドとダイヤモンドを使用した21インチホイールをチョイスすることができる。

 

また、2019年に発表された限定モデル「コンチネンタルGT ナンバー9エディション」のために、マリナーが開発したスペシャルカラー「ヴィリジアングリーン」も選択肢に含まれている。ちなみに写真のモデルは、クラシカルなシークインブルーのエクステリアペイントと、リネン&ベルーガのインテリアで仕上げられた。

 

1/8スケールモデルはレジン製で、専用台座に装着された状態でデリバリー。全長78cm、全幅40cm、全高24.4cmと、コンチネンタルGTのスケールモデルコレクション最大のサイズを誇る。そのまま自宅のコレクションルームや、オフィスの美しい装飾品として楽しむことが可能だ。

 

エクステリア・ペイントカラー、ホイール、ロワーグリル、ブレーキキャリパー、ナンバープレート、左右ドライバーポジション、インテリアカラー・スプリット、メインハイドカラー、セカンダリーハイドカラー、シートキルティング、シートフルーティング、ウッドパネル、カーペットなど、充実のオプションを用意。また、実車でも人気の「ブラックライン」仕様のオプションも選べる。

 

1/43 コンチネンタル GT モデル

ミニチュアカーコレクターにとっては最も馴染みの深い1/43スケールは、対照的なカラーリングが施された2種類をラインナップ。写真はカーメンのボディカラーを纏ったバージョン。

 

人気の2仕様をラインナップする1/43スケール

 

1/43スケールは、オーナーのコレクションだけでなく、自動車やモータースポーツ、デザイン、クラフトマンシップを愛する人への贈り物としても重宝しそうだ。 

 

コンチネンタルGTをミニチェアカーコレクターにとってはお馴染みのサイズで再現。レジン製で、サイズは全長11.2cm、全幅5.2cm、全高3.3cm。化粧箱と台座にはベントレーを象徴するウイングロゴがあしらわれている。

 

ブラックライン仕様のカーメンのボディカラーにベルーガ・インテリア、ストームグレーのボディカラーにブルネル&リネン・インテリアをラインナップ。この大胆かつクラシカルなふたつの仕様は、実車でも非常に人気の高い組み合わせだという。

 

1/64 コンチネンタル GT モデル

最も小さなサイズとなる1/64スケールモデル。ボディカラーはアイス、オレンジフレイム、シークインブルーの3色を用意する。

 

3台とも揃えたい最も小さな1/64スケール

 

今回、最も小さなサイズとなるのが1/64スケール。全長7.7cm、全幅3.1cmという小さなサイズながらも、実車の象徴的な美しいスタイリングラインを再現した。ダイキャスト製で、ソフトラバータイヤとホイールデザインのディテールがアクセントになっている。ボディカラーはアイス、オレンジフレイム、シークインブルーの3色が用意された。

 

購入は下記のベントレー公式ショッピングサイトから。英国における価格は「1/8 コンチネンタルGT ビスポークモデル」が6995ポンド(約97万円)、「1/43 コンチネンタルGT モデル」が85ポンド(約1万1000円)、「1/64 コンチネンタルGT モデル」が12ポンド(約1600円)となっている。

 

 

【関連リンク】

・ベントレー公式ショッピングサイト

https://shop.bentleymotors.com