幻に終わった4ドアサルーン「エストーケ」(2008)【ランボルギーニ ヒストリー】

公開日 : 2020/08/16 14:55 最終更新日 : 2020/08/17 14:31

AUTHOR :

ランボルギーニ エストーケのフロントスタイル

Lamborghini Estoque

ランボルギーニ エストーケ

 

 

パリ・サロンで発表されたコンセプトモデル

 

ランボルギーニのプロダクションモデル・ラインナップには現在、12気筒ミッドシップのアヴェンタドール、10気筒ミッドシップのウラカンという両スーパースポーツと、8気筒エンジンをフロントに搭載したSSUV(スーパースポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)のウルスが存在するが、ランボルギーニはウルスの開発をスタートさせる以前に、4ドアサルーンの可能性を探っていた時代があった。

 

そしてその評価を問うために、2008年のパリ・サロンで発表したのがコンセプトカーのエストーケだ。エストーケとはスペイン語で闘牛士が用いる刀剣を意味する言葉で、それはかつてランボルギーニが生産した2ドア4シーター、エスパーダと同義の言葉であった。

 

ランボルギーニ エストーケのサイドビュー

ボディディメンションは、全長5150×全幅1990×全高1350mm、ホイールベース3010mm。前後に長いボディによって後席乗員の快適性も担保した設計を採り入れている。

 

マルツァルにインスパイアされたデザインを採用

 

エストーケのボディサイズは、全長×全幅×全高で5150×1990×1350mm。ホイールベースも3010mmと堂々とした設定だった。それによって得られたキャビンの前後長が、低いルーフラインに影響されたパッセンジャーの閉塞感を低減することに大きく貢献していることが分かる。

 

エクステリアとインテリアで、その要所にモチーフとして採り込まれているのはヘキサゴン、すなわち六角形で、これも後にエスパーダへとつながるコンセプトカー、マルツァルのディテールにインスパイアされたものだ。つまりマルツァル、エスパーダ、エストーケという一連の流れを、ランボルギーニはエストーケという車名やデザインで強調したかったのだろう。

 

ランボルギーニ エストーケのリヤスタイル

搭載エンジンはガヤルドに採用されていた自然吸気の5.2リッターV型10気筒。ボディは同じグループのアウディ A8とベースを共にするアルミスペースフレーム。完成度の高さから市販化を熱望されたが実現には至らなかった。

 

アウディ A8と共通のアルミボディに5.2リッターV10を搭載

 

エストーケに搭載されていたエンジンは、後期型ガヤルドから流用された5204ccのV型10気筒自然吸気。最高出力は560psで、基本骨格となるアルミニウム製のスペースフレームは当時のアウディ A8に共通だった。生産はすぐに立ち上がることが可能と思われたが、当時CEOを務めていたステファン・ヴィンケルマンは、今後4年以内にそれを決定するとパリ・サロンではコメントしたのみ。結局はSSUVのウルスが第3のモデルとして2018年に誕生する。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ エストーケ

発表:2008年

エンジン:90度V型10気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:5204cc

圧縮比:11.0

最高出力:412kW(560ps)/8000rpm

最大トルク:540Nm/6500rpm

トランスミッション:ー

駆動方式:ー

車両重量:ー

最高速度:ー

 

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)