マクラーレン、7500台を北米に届ける。記念モデルは燕尾服を纏い400km/h超を誇るスピードテール!

公開日 : 2020/08/22 14:55 最終更新日 : 2020/08/22 14:55


マクラーレン スピードテールのリヤビュー

McLaren Speedtail

マクラーレン スピードテール

 

 

同社史上最速のHVハイパーカー

 

マクラーレン オートモーティブは、アメリカにおけるマクラーレンのデリバリー数が7500台に達したと発表。その記念すべき7500台目は、同社史上最速のハイパーHVスポーツ「スピードテール」だった。

 

マクラーレンが北米への正規輸入をスタートしたのは2011年12月。以来、継続して販売台数を伸ばしてきた。単一の市場としては同社にとって北米は最大のマーケットであり、全体販売の3分の1以上を占めているという。

 

マクラーレン スピードテールのサイドビュー

北米市場への輸入を2011年12月に開始したマクラーレン オートモーティブ。7500台目の上陸とあいなった記念すべきモデルはスピードテールだった。

 

106台をハンドメイドで生産

 

現在マクラーレンのプロダクションモデルは「スポーツ」「スーパー」「アルティメット」の各シリーズに系列化されている。スピードテールはP1、P1 GTR、セナ、セナ GTRに続くアルティメットシリーズの新作だ。

 

スピードテールは106台の限定販売であり、175万ポンド(約2億4350万円)のプライスタグを掲げていながらも製造分はすべて完売。生産は英国ウォーキングのマクラーレン プロダクションセンターで行われ、顧客のオーダーに合わせてハンドメイドで一台一台作られている。

 

マクラーレン スピードテールのリヤビュー

米フロリダ州のケネディ宇宙センターで行われたスピードテールの最終ダイナミックテストでは、チーフテストドライバーのケニー・ブラックの手により最高速度403km/hを記録した。

 

出力1000psオーバー、最高速度も400km/h超え

 

なにしろスピードテールのパワースペックは桁違いだ。

 

P1のエンジンをベースに開発した4.0リッターV型8気筒に電気モーターを組み合わせたHVユニットは、最高出力1070ps/最大トルク1150Nmを発生。0-300km/h加速は13秒未満、ケネディ宇宙センターで行ったテストでは最高速度403km/hを記録している。106人のオーナーがその魔力に抗えなかったというのも納得である。

 

マクラーレン スピードテールのコンクールイメージ

フランス・シャンティイ城で行われる「シャンティイ アーツ&エレガンス リシャール・ミル」で、ベスト・オブ・ショーに輝いたスピードテール。世界で最も優雅なコンクールイベントと言われる場所で、ゲストの視線を一身に集めた。

 

空力に裏打ちされたマクラーレン流の美

 

その並外れたパフォーマンスもさることながら、徹底したエアロダイナミズムに裏打ちされた優雅なプロポーションもスピードテールが帯びる魔力のひとつ。仏シャンティイのコンクール・デレガンスでもベスト・オブ・ショーを受賞するなど、現代スーパーカー界でも屈指の美しさを誇っている。

 

燕尾服をまとったアスリート、スピードテールに続いて2020年中には次のアルティメット シリーズであるエルヴァ、そしてスーパー シリーズの最高峰である765LTも北米へと上陸を果たす予定だ。

 

 

【関連記事】

マクラーレン スピードテール、高度な電動パワートレイン技術により400km/hオーバーを実現

 

マクラーレン スピードテール、最高速度403km/hを記録! ケネディ宇宙センターでテスト