最速記録達成仕様の「ベントレー パイクスピーク コンチネンタルGT by マリナー」、生産1号車がラインオフ

公開日 : 2020/08/22 11:55 最終更新日 : 2020/08/22 11:55


ベントレー パイクスピーク コンチネンタルGT by マリナーのエクステリア

Bentley Pikes Peak Continental GT by Mulliner

ベントレー パイクスピーク コンチネンタルGT by マリナー

 

 

2019年のパイクスピークで市販車最高記録を更新

 

ベントレーのビスポーク部門マリナー(Mulliner)が手がけた、15台限定のスペシャルモデル「パイクスピーク コンチネンタルGT by マリナー 」の最初の1台が、英国・クルーのファクトリーをラインオフした。

 

2019年の「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にベントレーは、W12気筒エンジンを搭載するコンチネンタルGTを投入。リース・ミレンのドライブで従来の市販車記録を8.4秒も更新する10分18秒4を記録した。

 

この偉業を記念して製作された「パイクスピーク コンチネンタルGT by マリナー」は、マリナーが展開する新たなシリーズ「コレクション(Collections)」の1台となる。ベースとなるのはレコードブレーカー仕様と同じく6.0リッターW型12気筒エンジン搭載モデル。このパワフルなW12ユニットは、最高出力626bhp・最大トルク900Nmを発揮し、0-100km/h加速が3.7秒、最高速度は333km/hを誇る。

 

限定15台はすべてソールドアウトしており、欧州、アメリカ、ニュージーランドなど世界にまたがるカスタマーへのデリバリーは9月に開始される。

 

ベントレー パイクスピーク コンチネンタル GT by マリナーのエクステリア

わずか15台が製造される「パイクスピーク コンチネンタル GT」は、記録達成車両と同じ鮮やかなラディウムのボディカラーを採用した。

 

記録達成車両と同じラディウムのボディカラーを採用

 

今回のパイクスピーク・ヒルクライムの参戦車両を記念した特別仕様車には、ボディカラーにマリナー専用カラー「ラディウム」をチョイス。カーボンファイバー・ボディキット、グロスブラック・22インチ・マリナー・ドライビング・スペシフィケイション・ホイール、アシッドグリーン・ブレーキャリパー、ピレリP Zeroカラーエディションタイヤなどを標準装備する。

 

さらにフロントのロワバンパーインサート、ルーフパネル、ミラー、リヤサーフェイスにグロスブラックのディテールが追加。フロントフェンダーには「Pikes Peak」デカールを配置した。

 

オプションとして設定されている“100”グリルは、パイクスピークのレコードチャレンジがベントレー創業100周年イヤーに行われたことを思い起こさせるもの。同じくオプションで設定されているパイクスピーク記録達成車両と同じマウンテンデカールは、35%の販売車両がチョイスしたという。

 

ベントレー パイクスピーク コンチネンタル GT by マリナーのフェイシアに入れられたパイクスのルート

アルカンターラ製のゴージャスなコクピットには、ボディカラーと同じラディウムのアクセントステッチを採用。シートやフェイシアには、パイクスピークの記録達成を記念したディテールが加えられている。

 

インテリアの各部に施された特別なディテール

 

アルカンターラ製インテリアには、ボディカラーと同じラディウムのコントラストステッチとアクセントが入れられ、シートのヘッドレストには“Pikes Peak”の刺繍が入る。コクピット側にパイクスピークのルートとレコードタイムを刻んだカーボンファイバー製フェイシアは、ピアノブラックのセンターコンソールによって補完される。

 

ステアリングホイールには、パイクスピーク参戦車両と同じくラディウムカラーのハニカムステッチとセンターストライプが入れられた。また、素晴らしい音質を実現するブラック・アノダイズとラディウム仕上げのバング&オルフセン製専用スピーカーもチョイスされている。

 

ラインオフしたベントレー パイクスピーク コンチネンタル GT by マリナー

現在、マリナーは少量生産のスペシャルエディションを積極的に展開するが、これを可能としているのが新たに導入された生産オペレーションとクルーの熟練工たちの対応力だという。

 

少量生産モデルを可能にしたクルーの適応力

 

ベントレーの生産部門担当取締役のピーター・ボッシュは、今回のスペシャルエディションについて、以下のようにコメントした。

 

「ベントレーは、オーダーメイドによるハンドメイドと、日常的な使い勝手を両立した魔法のようなクルマをこれまでも作り続けてきました。そして、マリナーが展開する高度にパーソナライズされた限定の少量生産モデルを通じて、我が社の生産能力が大幅に向上したと自負しています」

 

「最先端の製造オペレーションをシームレスに統合することで、マリナーの製品に期待されるエクスクルーシブな特別感、そしてお客様の個性を実現することができました。もちろんベントレーに期待される最高の品質と信頼性はしっかりと確保されています」

 

「これらの製品が実現したのは、クルーの熟練した従業員の適応力が大きかったと考えています。彼らは小規模生産モデルや、お客様の要望にもしっかりと対応してくれました。その素晴らしい一例が、2019年のジュネーブ・モーターショーで発表された、ベントレー100周年記念モデル『コンチネンタル GT ナンバー9 エディションです」