最高出力700hpにパワーアップ! ACシュニッツァーの「BMW M8」プログラムがスタート! 【動画】

公開日 : 2020/08/29 06:30 最終更新日 : 2020/08/29 06:30


BMW M8 by ACシュニッツァーの走行シーン

BMW M8 by AC Schnitzer

BMW M8 by ACシュニッツァー

 

 

全てのボディタイプでアップデートの利用が可能

 

BMWを中心にカスタムメニューを展開するACシュニッツァーから、BMW M8のチューニングプログラムが発表された。ラグジュアリーな内外装と抜群のドライビングパフォーマンスを両立させたM8シリーズは、クーペ、カブリオレ、グランクーペと3種類のボディスタイルをラインアップ。ACシュニッツァーはすべてのボディバリエーションに対応したアップデートパーツを展開する。

 

BMW M8 by ACシュニッツァーの走行シーン

M8に搭載される4.4リッターV8ツインターボガソリンエンジンは、ACシュニッツァーのエンジンアップデートプログラムにより、最高出力700hp、最大トルク850Nmにまでパワーアップすることが可能。

 

最高出力700hp・最大トルク850Nmというビッグパワーを実現

 

M8シリーズは、BMW M GmbHが開発を手がけた4.4リッターV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載。上級モデルの「コンペティション」は、最高出力460kW(625hp)、最大トルク750Nmを発揮する。ACシュニッツァーのパフォーマンスアップグレードプログラムを装着することで、最高出力515kW(700hp)、最大トルク850Nmにまでパワーアップさせることが可能だ。

 

2基のエキゾーストフラップ付き「ACシュニッツァー・スポーツエキゾースト」は、M8シリーズ全車に装着可能。テールパイプは左右2本出しの4本セットとなり、「カーボン・スポーツ」「スポーツ」「スポーツブラック」をラインナップ。スポーティでありながら深みのある豊かなエンジンサウンドを楽しむことができる。

 

BMW M8 by ACシュニッツァーの空力パーツ

様々なモータースポーツへの参戦経験を持つACシュニッツァー。M8向けに開発されたエアロパーツは、コーナリング時に大幅なダウンフォースレベル向上をもたらす。

 

モータースポーツからフィードバックされた空力パーツ

 

ACシュニッツァーの豊富なモータースポーツ経験に裏打ちされたエアロパーツは、特にコーナリング時におけるダウンフォースレベルを大幅に向上させる効果を持つ。

 

今回、「フロントスプリッター」「カーボンサイドスカート」「M8グランクーペ用2ピース・リヤスポイラー」「M8クーペ用カーボンリヤスポイラー」「M8クーペ用 レーシングリヤウイング」などがラインナップされた。

 

BMW M8 by ACシュニッツァーのエクステリア

ホイールは20インチと21インチ、それぞれ3種類のデザインを用意。20インチ・ホイールはウィンタータイヤにも対応する。

 

21インチ&21インチ、3種類のホイールを展開

 

21インチホイールは、シルバー&アントラシート(無煙炭カラー)、アントラシート&シルバーのバイカラーを展開する「AC3 Evo」軽量鍛造アロイホイールが登場。グレーかゴールドのセンターロックをオプションでチョイスすることもできる。「AC3」軽量鍛造アロイホイールも同様のカラー展開となる。「タイプ VIII」軽量鍛造アロイホイールは、ブラックのバイカラーが装着可能だ。

 

20インチは「AC3」「AC1」「タイプ VIII」をラインナップ。20インチサイズのホイールセットには、ウィンタータイヤも用意されている。

 

インテリアはACシュニッツァー・アルミニウム・シフトパドルセット、アルミニウム・ペダル、アルミニウム・フットレスト、アルミニウム・キーホルダーなど、アルミニウム製パーツを多用することで、よりシャープでクールなコクピットを実現する。