16歳のクロエ・チェンバース、ポルシェ 718 スパイダーでスラロームのギネス世界記録を更新!【動画】

公開日 : 2020/09/06 11:55 最終更新日 : 2020/09/06 11:55


クロエ・チェンバースがスラローム記録を達成したポルシェ 718 スパイダー

Porsche 718 Spyder

ポルシェ 718 スパイダー

 

 

ポルシェ・カーズ・ノースアメリカがサポート

 

16歳のカートドライバー、クロエ・チェンバースがポルシェ 718 スパイダーをドライブし、ギネス世界記録認定の「スラロームにおける最速車両(the Fastest Vehicle Slalom)」を達成した。これまでの最速タイムは2018年に中国で記録されている。

 

8月21日(金曜日)、ポルシェ・カーズ・ノースアメリカのサポートのもと、チェンバースはギネス認定コースにおいて47秒45の世界最高記録を樹立した。この偉業に使用されたのは、タイヤから車両まで完全にノーマルの2020年式718 スパイダー。7年間のレース経験を持つチェンバースは、現在カートシリーズに参戦している。

 

緊張感溢れるタイムアタックを終えたチェンバースは、以下のように喜びを語った。

 

「簡単そうに見えますが、そうではありませんでした。世界記録を更新するためには、コースに設置された51個のコーンの間を可能な限り高速で走りながら、1個のコーンにも接触できないのです。最後のアタックでは、すべての条件が揃いましたね。マシンは完璧に機能し、タイヤからは必要なグリップを得ることができました。私をサポートし、信じてくれた家族、そしてポルシェに感謝します」 

 

ギネス記録を更新した16歳のクロエ・チェンバース

まだ16歳と、自動車運転免許取得前であるため、カートを中心に活動しているチェンバース。今回、ほぼ経験のない乗用車でのタイムアタックを成功させた。

 

カートから乗用車へ、見事に対応したチェンバース

 

16歳のチェンバースのレース経験は、ほぼカートのみ。彼女は今回のタイムアタックに向けて、乗用車でのドライブに適応する必要があった。練習を繰り返すことですぐに自信を持ってドライブすることができるようになり、その過程で選んだマシンがマニュアルギヤボックスを搭載した718スパイダーだった。

 

ポルシェ・カーズ・ノースアメリカのクラウス・ゼルマーCEOは、チェンバースの記録達成に喜びを隠さない。

 

「クロエがこの素晴らしい記録を打ち立てたことを、心から誇りに思います。そして、彼女の野心的な記録挑戦をサポートすることができたこと、そして素晴らしい瞬間を、彼女と一緒に分かちあえたことも嬉しく感じています」

 

クロエ・チェンバースがスラローム記録を達成したポルシェ 718 スパイダー

2018年に中国で記録された最速タイムを破るために、ポルシェ・カーズ・ノースアメリカが用意したのは718 スパイダー。ツイスティなスラロームコースで、そのハンドリング性能の高さを改めて証明した形だ。

 

ツイスティなスラロームで性能を発揮した718 スパイダー

 

「718 ケイマン GT4」と「718 スパイダー」は、ポルシェのモータースポーツ部門が開発を担当し同一スペックを持つ。718のラインナップで最もパワフルな、最高出力309kW(420ps)・最大トルク420Nmを発揮する4.0リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、これに6速マニュアルトランスミッションが組み合わせられる。

 

最高速度は718 スパイダーが301km/h、718 ケイマン GT4では304km/h。「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)」により、足まわりは30mmローダウン化されており、シャープなハンドリングがチェンバースの記録達成を後押ししたことは間違い無いだろう。

 

今回のタイムアタックはギネス世界記録認定の審査員による監督のもと、独自の認定コースによって行われた。このコースはニュージャージー州にある滑走路に設置され、50フィート(15.24m)間隔に配置された51個のコーンで構成。タイムアタックの計時は、英国レースロジック製の機器が使用されている。