「SAV」の本領発揮! BMW渾身のX5&X6 M コンペティションの凄まじいパフォーマンスを測る :後編

公開日 : 2020/09/10 17:56 最終更新日 : 2020/09/10 17:56

AUTHOR :

BMW X5 M コンペティションとX6 M コンペティションのフロントスタイル

BMW X5 M Competiotion × BMW X6 M Competiotion

BMW X5 M コンペティション × X6 M コンペティション

 

 

M コンペティションを冠する4台のSAV

 

X5 M Competition/X6 M Competition(以下、X5 MC/X6 MC)を乗り比べて感じたのは、明確なキャラクターの棲み分けだ。

 

通常こうしたラインナップにおいて、オーソドックススタイルのX5 MCにベーシックなキャラクターを与え、クーペタイプのX6 MCによりスポーティな味付けを施すのは常套手段。そしてBMWもこの方程式に則ってはいるのだが、X6 MCのスポーティ度合いは、かなり高いのである。

 

言ってもそれは、2000万円級のSUV。X5 MCが持つ極上のしなやかさを基本として残し、ちょっとしたキレ味を足す程度が普通だと思う。さらに言えばクーペスタイルの優雅さをもっと全面に打ち出した、ラグジュアリーな乗り味にしてもよい。

 

BMW X6 M コンペティションのフロントスタイル

クーペスタイルのX6 MCは、よりスポーティな味付けがなされてドライバー自らが好みのセッティングを模索する楽しさがある。

 

X6 MCはその重心の低さをスポーツ性能に割り当てた

 

しかしX6 MCはその重心の低さを、快適な乗り味や身のこなしにではなく、スポーツ性能に割り当てた。足まわりをエアサスにすることもなく、恐らく敢えて引き締められたスチール・スプリングと可変ダンパーで、625ps/750Nmの高出力をピュアに受け止めて速さへと変換したのである。

 

誰がどこでその性能を使い切るのかは別として、こうした潔さはまさに“M”のイメージそのものだ。その出力値や限界領域が途方もなく高見にあるから、そのピュアさが伝わりにくいだけである。だからX5 MCとX6 MCは、最終的にドライバーの気質で選ばれるだろう。その見た目や実用性の違い以上に、乗り手のアグレッシブさが大きく関係してくると筆者は予想する。

 

BMW X5 M コンペティションの走行シーン

日常使いを容易にこなしラグジュアリーな乗り味も楽しめるX5 MC。そのオールマイティなセッティングは万人向けだが、振り回して楽しむこともできるのがM コンペティションのセールスポイントだろう。

 

X5 MCはリニアなハンドリングと心地良い万能感、快適な日常を両立する

 

私も含めて、より多くのドライバーはX5 MCを選ぶ。ソフトライドとはいえそれはX6 MCとの比較論で、SUVとして考えたら驚くほどリニアなハンドリングを持ち、心地良い万能感と快適な日常を両立するその性能に、うっとりするはずである。

 

しかし多少乗り心地が硬かろうがダイレクトなハンドリングが欲しい。この4.4リッターV8が持つ速さと官能性をSUVで楽しみたい! と考えるドライバーは、X6 MCを手にするに違いない。

 

BMW X3 M コンペティションとX34M コンペティションのフロントスタイル

1クラス下のX3 MC&X4 MCは、X5 MC&X6 MCとはそれぞれに与えた味付けが正反対であると筆者は述懐する。共にXシリーズのM コンペティションでありながら異なる設計思想は興味深い。

 

X3&X4 M コンペティションとは明確に異なる

 

ただ筆者が面白いと感じたのは、これがX3 M Competition/X4 M Competition(以下、X3 MC/X4 MC)になると、全く逆のキャラクターになっている、ということだ。

 

簡単にいうとハコ型ボディであるX3 MCの味付けは屈強にして硬め。対してクーペボディのX4 MCはより柔軟なサスペンションワークで、510ps/600Nmのパワー&トルクを受け止めているのである。

 

この棲み分けは、とてもわかりやすかった。S58B 直列6気筒ツインターボの高出力に対して、より高重心なボディを支えるためにX3 MCの足まわりは固められた。そしてこれがより運動性能の高いX4ボディだと足まわりを固める必要もなくなり、しなやかな乗り味になる。至極まっとうな進化論であり、これがX5 MC/X6 MCにも受け継がれると思っていたのだが。

 

もしかしたらそこには、X3ボディとX5ボディの剛性差や、ダブルジョイント・スプリングストラット式(X3/X4のフロント)と、ダブルウィッシュボーン式(X5/X6のフロント)の横剛性差が現れているのかもしれない。X3 MCがスタビリティを確保するためにハードな味付けになってしまった分、X4 MCをさらに追い込むわけにもいかず、グレードの整合性がとれなくなったのではないだろうか?

 

BMW X5 M コンペティションとX6 M コンペティションのフロントスタイル

ドライブフィールの違いはもちろんのこと、コンテンポラリーなSUVスタイルとトレンドのSUVクーペスタイルという違いも大きい。よく似ているようなフロントマスクも、実はそれぞれ形状が異なっている。

 

総じてX5 MCは、現在のBMWにおける主役である

 

ぜひコロナ禍が収束した折には開発陣に尋ねてみたいものだが、ともあれ結果としてはM的なスパルタンさを表現するグレードが、X3 MC/X4 MCと、X5 MC/X6 MCでは逆になっている。

 

総じてX5 MCは、現在のBMWにおける主役であると筆者は感じた。イメージリーダーはピュア・クーペのM4 Competitionかもしれないが、現実世界の憧れはSUVスタイルのX5 MC。押し出しの強さと広い荷室容量を実現するボディを、渾身のV8エンジンでなに不自由なく走らせるそのわがままっぷりは、ハイエンドスポーツモデルと呼ぶに相応しい出来映えだ(ハイエンドなラグジュアリーモデルは、7シリーズ以降が担う)。

 

そしてさらなる走りへの欲望を叶えるマニアックな存在が、X6 MCだと言って良い。「だったらスポーツカーに乗ればいいのに」という反論は、時代的に言うとナンセンス。富裕層は欲望の赴くままSUVにさえ速さを求め、メーカーはそれに安全と技術をもって応える。言ってみればセダンなのにスポーツカー並みに速いM3も、最初はモータースポーツをルーツにしてはいるけれど、こうした需要がウケて一時代を築いたのだ。

 

BMW X5 M コンペティションとX6 M コンペティションのリヤスタイル

両モデルから選択する場合、ボディデザインで決めるのはもちろん間違いないが、できれば明らかに差別化されたドライブフィールを確かめてみることをお勧めする。

 

万能感溢れるモンスターを走らせるのは、紳士・淑女であって欲しい

 

だからM6 Competitionは“現代のスポーツカー”である。そういう意味ではもっとその外観にえぐみを利かせてもよいと思うが、そのアンダーステイトメントっぷりもBMWのスタンスであり、Mモデルの知性なのだろう。ランボやAMGはトゥマッチでも、Mには清潔感やスポーツ性を感じるという紳士淑女の声も多い。

 

もちろん真のスポーツカーとは、もっと次元が高いところにいるものである。しかしスポーツカーがトラック(サーキット)へと追いやられた今、こうしたSUVが路上の覇者となってゆくのだろう。

 

だからX5 MC/X6 MCのように万能感溢れるモンスターを走らせるのは、紳士・淑女であって欲しいと筆者は思う。

 

 

REPORT/山田弘樹(Kouki YAMADA)

PHOTO/森山良雄(Yoshio MORIYAMA)

 

 

【SPECIFICATIONS】

BMW X5 M コンペティション

ボディサイズ:全長4955 全幅2015 全高1770mm

ホイールベース:2970mm

車両重量:2400kg

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4394cc

ボア×ストローク:89.0×88.3mm

最高出力:460kW(625ps)/6000rpm

最大トルク:750Nm/1800-5860rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク

タイヤサイズ:前295/35ZR21 後 315/30ZR22

車両本体価格(税込):1859万円

 

BMW X6 M コンペティション

ボディサイズ:全長4955 全幅2020 全高1695mm

ホイールベース:2970mm

車両重量:2370kg

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4394cc

ボア×ストローク:89.0×88.3mm

最高出力:460kW(625ps)/6000rpm

最大トルク:750Nm/1800-5860rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク

タイヤサイズ:295/35ZR21 後 315/30ZR22

車両本体価格(税込):1899万円

 

 

【問い合わせ】

BMW カスタマー・インタラクション・センター

TEL 0120-269-437

 

 

【関連リンク】

・BMWジャパン公式サイト

http://www.bmw.co.jp

 

 

【関連記事】

・「SAV」の本領発揮! BMW渾身のX5&X6 M コンペティションの凄まじいパフォーマンスを測る :前編