ランボルギーニ アヴェンタドール、1万台目がラインオフ! フラッグシップV12の歴史を振り返る

公開日 : 2020/09/11 17:56 最終更新日 : 2020/09/11 17:56


ランボルギーニ アヴェンタドールが1万台の生産を達成

Lamborghini Aventador

ランボルギーニ アヴェンタドール

 

 

フラッグシップの系譜を継ぐV12モデル

 

アウトモビリ ランボルギーニは2020年9月10日、サンタアガタ ボロネーゼの工場で1万台目のアヴェンタドールがラインオフしたと発表。ランボルギーニを代表するV12モデルは2011年に登場以来、モデルラインナップを広げながら堅調な売上を確保してきた。

 

1万台目のアヴェンタドールはGrigio Acheso(マットグレー)にRosso Mimir(マットレッド)のラインを組み合わせたアド ペルソナム(ビスポーク)仕様だった。インテリアの配色はRosso Alala(レッド)×ブラック仕上げ。これからタイに向けてデリバリーされるという。

 

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4の正面イメージ

ムルシエラゴの後継として2011年に誕生したアヴェンタドール LP 700-4。V12搭載のフラッグシップとして、現代ランボルギーニを象徴する存在。

 

自社製カーボンモノコックを採用

 

アヴェンタドールシリーズは2011年にクーペの「LP 700-4」がデビュー。サンタアガタ ボロネーゼ工場で作られる自社製カーボンファイバー製モノコックを採用、V12エンジンの生む強烈なパフォーマンスに相応しい強靱な骨格が与えられた。8250rpmで700hpの最高出力を発揮するという圧倒的スペックは、当時のスーパースポーツカー市場に新しいベンチマークを刻んだ。0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は350km/hに達した。

 

トランスミッションはシングルクラッチ式のISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)を組み合わせ、プッシュロッド式サスペンションを搭載。レーシングカーに匹敵する精密な操縦性を実現するとともに、カウンタックらV12モデルにお馴染みの跳ね上げ式ドアも採用している。

 

ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4のカーボンモノコックイメージ

アヴェンタドール LP 700-4は自社製カーボンファイバー製モノコックを採用して登場した。

 

V12のサウンドを堪能できるオープントップモデルも

 

2012年11月にはロードスターを追加。2セクション分割式のルーフはオールカーボンファイバー製とすることで、各セクションたったの6kg以下という重量を実現した。助手席保護システムを装備するとともにルーフの支持方法に合わせるべく、リヤピラーの設計も見直している。

 

また、同年3月のジュネーブ・ショーでは「アヴェンタドールJ」もお披露目された。クラシカルなフロントウインドウを備えた究極のオープンモデルは、その大胆なデザインからコンセプトモデルかと思われたが、たった一人のオーナーのために製作されたワンオフモデルだった。もちろん“ロードリーガル”として。

 

ランボルギーニ アヴェンタドールJのフロントイメージ

2012年3月のジュネーブ・ショーでお披露目されたワンオフのオープンモデル「アヴェンタドールJ」。クラシカルなフロントウインドウに注目。

 

ミウラ50周年の節目に捧げる50台の限定車

 

2016年には「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」が登場。伝説のミウラの誕生から50年という節目を記念して、先達に敬意を示す限定モデルが生み出された。オリジナルのミウラのカラースキームや特徴を採り入れた特別仕様は、50台のみが生産された。

 

進化型の「アヴェンタドールS」も同じ年に導入された。エアロダイナミック面を見直すとともに、サスペンションやエンジンにも改良を加えている。V12エンジンの最高出力は+40hpの740hpへと高め、後輪操舵も採用。トラクションやステアリング、サスペンションのセッティングを個別に調整できるエゴモードも新搭載していた。

 

ランボルギーニ アヴェンタドール ミウラ オマージュのイメージ

伝説のミウラが生誕から50年を迎えたのを祝して、50台の限定もでる「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」が登場した。

 

ニュル最速を樹立したSVJという孤高の存在

 

そして、2018年。「アヴェンタドールSVJ」が登場した。Superveloce(超高速)にイオタの“J”を組み合わせた三文字は特別な意味をもつ。その名前にふさわしく、ニュルブルクリンクでは量産最速タイムを記録。20.6kmを6分44秒97で駆け抜けた。

 

ランボルギーニが特許を取得しているアクティブ・エアロダイナミクス・システムの「ALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」の最新バージョン、2.0を搭載し、先進のエアロダイナミクス性能を付与されたSVJは、生産台数900台のみの限定であった。また、創業年に由来する“63”の数字を与えた63台の限定車「SVJ 63」も導入している。

 

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJのリヤビュー

SV(超高速)にイオタのJを組み合わせた3文字を関する「アヴェンタドールSVJ」。ニュルの量産最速記録を更新した。

 

2019年に現れたワンオフモデルの「アヴェンタドールS by スカイラー・グレイ」もユニークだ。「ストリートアートの新たなプリンス」と呼ばれる19歳のスカイラー・グレイは、アンディ・ウォーホルやキース・ヘリング、ジャン=ミシェル・バスキアなどと比較される存在。

 

ランボルギーニ アヴェンタドールS by スカイラー・グレイのサイドビュー

ストリート界の気鋭アーティスト、スカイラー・グレイがアートワークを施したワンオフモデル「アヴェンタドールS by スカイラー・グレイ」。

 

その彼が、アヴェンタドールSをキャンバスにアートワークを施した。ランボルギーニのペイントショップで3週間を費やし仕上げられた世界に1台の車両は、アートカー界に新しい1ページを加えた。

 

登場から9年を迎えたフラッグシップ、アヴェンタドール。V12を積んだランボルギーニの象徴として、大きすぎるほどの足跡を刻み続けている。