新型ディフェンダーのPHV仕様が本国で登場。ランドローバー最新のオフローダーは電動化も推進!

公開日 : 2020/09/12 14:55 最終更新日 : 2020/09/12 14:55


ランドローバー ディフェンダー P400eのサイドビュー

Land Rover Defender P400e

ランドローバー ディフェンダー P400e

 

 

電気だけで約43km走行可能

 

ランドローバーは2020年9月9日、新型ランドローバーにプラグインハイブリッド仕様「P400e」を追加すると発表した。5ドアの110のみの設定となり、電気のみの走行距離は27マイル(約43km)。

 

ランドローバー ディフェンダー P400eの渡河イメージ

各方面から高い評価を集めている新型ディフェンダーにPHVが追加された。2.0リッター直4ガソリンターボに105kWのモーターを組み合わせ、力強い加速を実現している。

 

新型ディフェンダーのPHV「P400e」は、300ps/400Nmの2.0リッター直列4気筒“インジニウム”ガソリンターボエンジンに、105kWのモーターをプラス。システム最高出力404ps、システム最大トルク640Nmを発生する。

 

ランドローバー ディフェンダー P400eの概要図イメージ

リヤに搭載するリチウムイオンバッテリーの容量は19.2kWh。7kWの普通充電で約2時間、急速充電なら約30分で8割チャージできる。

 

110ファミリーの中で一番の加速力

 

PHVの身上はむろん省エネだが、モーターのスパイスにより0-100km/h加速5.6秒と、110の中でももっとも俊足なモデルとなっている。全長4.7m、全幅2mの体躯を鑑みれば、十分過ぎるほどの頼もしさだろう。

 

容量19.2kWhのリチウムイオンバッテリーを後軸間に低く搭載。7kWの普通充電で約2時間、急速充電なら約30分で80%までチャージすることができる。満充電状態なら最長27マイル(約43km)は電気だけで走行可能なため、近場の通勤に利用するユーザーであれば、平日はガソリンを一滴も使わずに過ごすことができる。エネルギー回生機能も備えるP400eのWLTPモードの燃費は85.3mpg(30.1km/リッター)。

 

ランドローバー ディフェンダー P400eのリヤビュー

バッテリーが満充電なら、最長約43kmまでガソリンを一滴も使わずに走ることができる。専用のアプリを使えば、遠隔からでも充電状態のチェックが可能。

 

エアサスペンションを標準搭載

 

「P400e」にはエアサスペンションが標準設定となる。また、20インチアルミホイールや3ゾーン独立調整エアコン、プライバシーガラス、UVカットガラスも全車に装備。

 

発進直後から最大トルクを発するモーターのアシストは、4輪駆動を駆使するオフロードシーンでも重宝する、とランドローバーは主張する。

 

ガソリン、ディーゼル、PHV、3ドア、5ドア、商用仕様など、細やかなバリエーションを加えて商品力をさらに高めていく新型ディフェンダー。PHVモデルの日本への導入如何、次期は未定である。