マクラーレン セナ GTR LMデビュー! 1995年ル・マン参戦車のカラーリングを完全再現

公開日 : 2020/09/18 14:55 最終更新日 : 2020/09/18 14:55


5台が揃ったマクラーレン セナ GTR LM

McLaren Senna GTR LM 825/1 “The Ueno Clinic”

マクラーレン セナ GTR LM 825/1 “上野クリニック”

 

 

95年のル・マン24時間に参戦した5台へのオマージュ

 

マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が手掛けたスペシャルな5台の「マクラーレン セナ GTR LM」を公開した。5台それぞれが、1995年のル・マン24時間総合優勝車を含む、マクラーレン F1 GTRへのオマージュとして製作されている。

 

ル・マン24時間レースを意味する「LM」の名称が与えられた5台は、MSOが誇るビスポーク部門の能力を示したものだと言えるだろう。1995年のル・マン24時間で優勝、3位表彰台、4位、5位、13位でレースを終えた5台のマクラーレン F1 GTRへのオマージュとしてデザイン・製作された。

 

5台のセナ GTR LMのカラーリングは、オーダーメイドのハンドペイントによるもの。すべてのマシンが少なくとも800時間以上かけて塗装されている。マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは、セナ GTR LMの発表に興奮を隠さない。

 

「この信じられないほど素晴らしい、マクラーレン セナ GTR LMコレクションは、1995年のル・マン優勝から25周年を祝うのに相応しい存在です」

 

「1995年にマクラーレン F1 GTRが成し遂げた偉業は、史上最高の耐久レースにおいて示した素晴らしいパフォーマンスのひとつとして広く知られています。マクラーレンにとっては、F1 GTRはレースのDNAを持ったロードカーの出発点です。ここには切っても切れない強いつながりがあるのです」

 

マクラーレン セナ GTR LM 825/6 “ハロッズ”

「上野クリニック」「ガルフ」「ハロッズ」など、当時のスポンサーロゴやカラーリングは、それぞれ許可を得て完全に再現。ルーフにはACOによる車検ステッカーも配されている。

 

McLaren Senna GTR LM 825/6 “The Harrods”

マクラーレン セナ GTR LM 825/6 “ハロッズ”

 

公式許可を得た当時のスポンサーロゴを再現

 

5台のマシンの塗装は、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズにより、ハンドメイドで仕上げらた。「上野クリニック」「ガルフ」「ハロッズ」などのブランドや、ル・マンの主催者であるACO(Automobile Club de l’Ouest:フランス西部自動車クラブ)の許可を得て、ロゴやカラーリングを再現。またルーフには、ル・マン24時間レースの車検ステッカーのレプリカも貼られている。

 

コクピット内のカーボンファイバー製タブの内側には、オリジナルのマクラーレン F1 GTRのシャシーナンバーを示すプレートを配置。また、レースの日付、そのマシンに乗っていた3名のドライバーの名前、フィニッシュしたポジションなどが記された。カラーリングの迫力に加えて、ディティールも徹底的に追及されている。

 

マクラーレン セナ GTR LM 825/2 “ガルフ”

サーキット専用モデルとして開発されたセナ GTRをベースに、各部に手が入れられた「セナ GTR LM」。ミッドに搭載される4.0リッターV8ツインターボは、20psパワーアップした845psを発揮する。

 

McLaren Senna GTR LM 825/2 “The Gulf”

マクラーレン セナ GTR LM 825/2 “ガルフ”

 

4.0リッターV8ツインターボは20psパワーアップした845psを発揮

 

ベースとなった、サーキット専用モデルのセナ GTRは、1000kgを超えるダウンフォースレベルを実現した。足まわりにはマクラーレンのGT3マシン用のサスペンションを導入。車高は34mm低い1195mm、フロントトレッドは77mm拡大され1731mm、リヤトレッドは68mm拡大した1686mmというディメンションを採用している。

 

搭載される「M840TR」4.0リッターV型8気筒ツインターボは、ノーマルのGTRから20psパワーアップした最高出力845psを発揮。トルク特性を見直したことで低回転域でのトルクを高め、9000rpmに近い回転数でのレブリミット設定が可能になった。トランスミッションは、ローンチコントロールを搭載した7速SSG(シームレスシフト・ギヤボックス)が組み合わせられる。

 

マクラーレン セナ GTR LM 825/7 “ジャカディ”

ル・マン仕様のF1 GTRにホイールを供給していたOZレーシング製、当時のデザインを再現した特注の5本スポークホイールが採用された。

 

McLaren Senna GTR LM 825/7 “The Jacadi”

マクラーレン セナ GTR LM 825/7 “ジャカディ”

 

1995年のF1 GTRと同デザインの特注OZ製ホイール

 

GTRに採用されているインコネル製エキゾーストシステムは、標準仕様ではリヤウイング下部のリヤデッキから排出される。GTR LMでは、専用デザインの「LMツインエキゾーストパイプ」を追加したことで、さらに鋭いエキゾーストノートを楽しむことが可能になった。

 

足元には、ル・マン仕様のF1 GTRにホイールを供給していたOZレーシング製をチョイス。MSOが特注でオーダーしたGTR LM専用の5本スポークデザインが採用された。また、サテンゴールド仕上げのブレーキキャリパーもF1 GTRを彷彿とさせるもの。サスペンションのウィッシュボーンは、アルマイト処理が施されている。

 

マクラーレン セナ GTR LMのコクピット

コクピットには、F1 GTRに搭載されていたゴールドのギヤリンケージをオマージュし、アルマイト加工が施されたゴールドのギヤシフトパドルなどが採用されている。

 

1995年仕様のF1 GTRに敬意を評したコクピット

 

F1 GTRのゴールドのギヤリンケージに敬意を表したコクピットは、アルマイト加工が施されたゴールドのギヤシフトパドルと、コントロールボタンを備えたレーシングステアリングホイールを採用した。

 

他にも「LM」ロゴをあしらったチタンナイト製ライドペダル、レザー製ドアプルストラップ、軽量カーボンファイバー製レーシングシート、特注のヘッドレスト刺繍、MSO製6点式レーシングハーネスなどの専用装備が与えられている。

 

MSOのマネージングディレクターを務めるアンサー・アリは、GTR LMについて、以下のように説明した。

 

「マクラーレンの最も目の肥えたお客様のリクエストに合わせて、信じられないようなシリーズを製作することができました。あらためてMSOの持つ高い技術力を示せたと思っています。私たちのチームは、お客様が思わず息を呑むような製品を、デザイン・生産し、お届けすることができます」

 

「マクラーレン セナ GTR LMは、私たちが約2年間に渡って愛情を注いできたプロジェクトです。マシンの性能面を完璧にするだけでなく、スポンサー企業やパートナーの協力を得て、“公式”モデルとしての真正性を高めるために、多大な時間を費やしたのです」

 

マクラーレン セナ GTR LM 825/5 “シーザー”

本来であれば、1995年から25周年に当たる今年のル・マン24時間で、マクラーレン F1 GTRと、5台のセナ GTR LMによるパレードランが行われるはずだったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2021年に延期が決まっている。

 

McLaren Senna GTR LM 825/1 “The Cesar”

マクラーレン セナ GTR LM 825/5 “シーザー”

 

2021年のル・マン24時間でスペシャルイベントを企画

 

今回、ACOの協力により、5名のセナ GTR LMオーナーには、息を呑むような機会が提供されることになった。5名のオーナーは、1995年に参戦したオリジナルのF1 GTRとともに、ル・マン24時間レース決勝当日の朝、自身のセナ GTR LMでパレードランを行う。さらにVIPとして、偉大な耐久レースを心から楽しむことができる。

 

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続いているため、このスペシャルイベントは、2021年に延期されることが決まった。

 

「新型コロナウイルスの感染拡大により、お客様が楽しみにしていた特別なイベントを2021年まで延期せざるを得ませんでした。それでも、それぞれのオーナーの皆様は、MSOが手塩にかけて作り上げた最高の作品でこれまでにない体験を楽しむことができるでしょう」と、アリは説明している。