ランボルギーニを自宅で組み立てる! ウラカン EVOの3次元ジグソーパズルが登場

公開日 : 2020/09/25 14:55 最終更新日 : 2020/09/25 14:55


ランボルギーニ ウラカン EVOの3Dジグソーパズルと実車のイメージ

108個の樹脂製ピースで構成

 

ランボルギーニのV10搭載モデル、「ウラカン EVO」が1/18スケールのジグソーパズルになった。108個の樹脂製ピースで構成された3次元パズルは精巧そのもの。対象年齢8歳以上で、価格は33.49ユーロ(約4300円)。小売販売オンラインショップなどで購入できる。

 

手掛けたのは100年以上の歴史を誇るドイツの玩具メーカー「Ravensburger(ラベンスバーガー)」。一見簡単そうなのに奥が深い、大人でも夢中になって遊べるゲームの数々を発明・販売してきた名門だ。

 

ランボルギーニ ウラカン EVOの3Dジグソーパズルと実車のイメージ

ランボルギーニ ウラカン EVOを1/18スケールで忠実に再現した3Dジグソーパズルが登場。大人まで夢中になれる精巧なつくりが特徴。

 

ヘッドライトからホイールまで忠実に再現

 

ウラカン EVOの3Dジグソーパズルは、“Y”をモチーフに採り入れたヘッドライトやヘキサゴン(六角形)のディテールなど、実車のデザインを忠実に再現。ボディカラーもオリジナルのパールオレンジ「Arancio Xanto」を採用している。

 

サイズは幅25.1cm、高さ12.4cm。Aesir(アシール)と呼ぶデザインのホイールやフロントスプリッター、リヤディフューザーにいたるまで、ウラカン EVOの特徴を細部にわたり精巧に表現した。

 

ランボルギーニ ウラカン EVOの3Dジグソーパズルと実車イメージ

合計108の樹脂製ピースで構成された3Dパズル。ヘッドライトやバンパーのデザインまで、あらゆる部分を忠実に表現している。

 

接着剤や工具は一切必要なし

 

樹脂製の各ピース裏には数字がプリントされており、それに従い組み立てていく。立体構造のピース同士は互いにぴたりとジョイントするように設計されているため、接着剤などは一切必要ない。

 

ランボルギーニ ウラカン EVOの3Dジグソーパズルの箱イメージ

ドイツの玩具メーカーRavensburger(ラベンスバーガー)は創業100年を超える老舗玩具メーカー。3Dパズルは接着剤も工具も必要ない、新世代のプロダクト。

 

作ってばらして、また作って。繰り返しランボルギーニで遊ぶことができる3Dパズル。自宅に1台用意しておけば、オブジェとしても玩具としても活躍すること間違いなさそうだ。