マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_13 | 7枚目の写真 (全19枚)

公開日 : 2020/10/12 17:55 最終更新日 : 2020/10/12 17:55

AUTHOR :

  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_A | 1枚目の写真 (全19枚) スパイダーの登場に合わせて、スポーツシリーズに3つの新色が追加された。左からベガ・ブルー、キュラソー・ブルー、シシリアン・イエロー。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_18 | 2枚目の写真 (全19枚) ブレーキはカーボンセラミックディスクが標準装備。キャリパーはフロントが6ポット、リヤが4ポットの対向式。スイッチひとつでフロントの車高をアップさせることができるので、段差も苦にしない。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_17 | 3枚目の写真 (全19枚) フロントのラゲッジスペースの容量は150リッター。意外と深さがあって使いやすい。ふたり分の小旅行くらいなら十分だろう。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_16 | 4枚目の写真 (全19枚) TFT液晶のメーターは、様々な情報を瞬時に表示。ナビゲーションの経路誘導も表示可能で、日本語にも対応している。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_15 | 5枚目の写真 (全19枚) センターコンソールにはスイッチ式のシフトセレクターやアダプティブダンパーの切り替えスイッチが並ぶ。ルーフ開閉とウインドディフレクターのスイッチもここに設置される。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_14 | 6枚目の写真 (全19枚) レザーのシートは薄く見えるが快適性は申し分なく、ホールド性も高い。6ウェイの電動調整式だ。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_13 | 7枚目の写真 (全19枚) 上下を2分割し、センターの縦型液晶モニターに操作を集約することでスイッチ類を減らしたシンプルなインパネはクーペと共通。シフト用パドルはサイズが大きく、操作がとてもやりやすい。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_12 | 8枚目の写真 (全19枚) V8ミッドシップモデルはスーパースポーツ界ではライバルが多いカテゴリー。しかし「走りや耐候性へのネガがまったくないうえに、実用性や操る歓びはさらに上の高みへと引き上げられた」と筆者は570Sスパイダーの実力を高く評価する。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_11 | 9枚目の写真 (全19枚) 斜め上方に開閉する特徴的なディヘドラルドアはスパイダーでも健在。重量がかさむオープンボディを採用するため、570Sクーペより46kg重い1498kgの車重を計上する。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_10 | 10枚目の写真 (全19枚) オープンへの動作は、まずリヤのトップカバーが開き、その後ルーフが2分割で収納され、再びカバーが閉じて完了。所要時間は15秒だ。40km/h以下であれば走行中での開閉も可能。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_08 | 11枚目の写真 (全19枚) オープンへの動作は、まずリヤのトップカバーが開き、その後ルーフが2分割で収納され、再びカバーが閉じて完了。所要時間は15秒だ。40km/h以下であれば走行中での開閉も可能。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_09 | 12枚目の写真 (全19枚) オープンへの動作は、まずリヤのトップカバーが開き、その後ルーフが2分割で収納され、再びカバーが閉じて完了。所要時間は15秒だ。40km/h以下であれば走行中での開閉も可能。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_07 | 13枚目の写真 (全19枚) トップを収納するカバー下には52リッターのラゲッジスペースが生まれた。もちろんオープン時に荷物を入れることはできない。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_06 | 14枚目の写真 (全19枚) オープン化に伴い、エアロダイナミクスも変更を受けている。リヤスポイラーはクーペより12mm高くされた。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_05 | 15枚目の写真 (全19枚) シート背後に備わるウインドディフレクターは電動式で、センターコンソールのスイッチで簡単に上下できる。クローズド時でも開閉が可能だ。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_04 | 16枚目の写真 (全19枚) シート背後に備わるウインドディフレクターは電動式で、センターコンソールのスイッチで簡単に上下できる。クローズド時でも開閉が可能だ。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_03 | 17枚目の写真 (全19枚) マクラーレン 570Sスパイダーの走行シーン
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_02 | 18枚目の写真 (全19枚) 「街中では初期タッチが甘く感じられたカーボンセラミックディスクのブレーキも、ワインディングでは足の指先による微妙なスピード調整が思いのまま」と、570Sスパイダーがスポーツ性能を一切妥協していないことを実感。
  • マクラーレンはスパイダーを選ぶべき! その理由を570Sスパイダーの海外試乗で悟る【Playback GENROQ 2017】 | GQW_McLaren_570S_01_M | 19枚目の写真 (全19枚) マクラーレン 570Sスパイダーの走行シーン

※ スワイプで前後の画像を表示