ロールス・ロイスによる子どもたちのカーデザインコンペ、最優秀4作の中には日本からの募集も

公開日 : 2020/10/15 06:30 最終更新日 : 2020/10/15 06:30


最優秀賞を獲得したハンガリー出身の11歳、レナがデザインした「ロールス・ロイス グロウ」

Rolls-Royce Glow

ロールス・ロイス グロウ

 

 

世界80ヵ国から集まった5000点以上の応募から選考

 

ロールス・ロイスは、世界中の子どもたちによる未来の自動車のアイデアを募った「ロールス・ロイス・ヤングデザイナー・コンペティション」を開催。新型コロナウイルス(COVID-19)ロックダウン下、世界80ヵ国から5000点以上の応募が集まった。今回、ロールス・ロイスのデザインチームが選考を行い、受賞者が決定している。

 

ロールス・ロイス・モーターカーズのトルステン・ミュラー=エトヴェシュCEOは、デザインコンテストの選考について以下のようにコメントした。

 

「ヤングデザイナー・コンペティションの受賞者を発表させていただきます。私たちが注目したのは、様々なディテールをふんだんに盛り込んだ、思考力、努力、表現力の深さを感じさせる作品でした。受賞者の皆さんは、単に『最高のクルマ』を描いただけではなく、物理的な現実世界の制約にとらわれず、自由な想像力を発揮してくれました」

 

ロールス・ロイス・モーターカーズのビスポーク・デザイン部門トップのギャビン・ハートレイは、集まった作品について以下のように語っている。

 

「応募作品の数と多様性は、私たちがビスポーク・デザインの中で常に信じて生きてきたこと、つまり『インスピレーションはどこにでもある』ということを改めて証明していました。大人になった私たちは、空想をはりめぐらすことを早々に止めてしまいがちです。ロールス・ロイスでは、クルマはこうあるべきという既成概念にとらわれず、大胆で創造的であることが求められています。今回のコンペティションから生み出されたアイデアは、『もしも・・・だったら・・・?』という疑問が持つ驚くべき力を思い出させてくれました」

 

最優秀賞を獲得した中国出身の13歳、チェンヤンがデザインした「ロールス・ロイス ブルーバード II」

最優秀賞を獲得した「ロールス・ロイス ブルーバード II」は、中国出身の13歳、チェンヤンによってデザインされた。レコードブレーカーとしてデザインされたとのこと。

 

Rolls-Royce Bluebird II

ロールス・ロイス ブルーバード II

 

技術・環境・ファンタジー・楽しさの4部門で優秀賞を選出

 

「ロールス・ロイス・ヤングデザイナー・コンペティション」では、「技術(Technology)」「環境(Environment)」「ファンタジー(Fantasy)」「楽しさ(Fun)」の4部門で、5000作もの応募作からテーマに合った最優秀作品を選出。また、テーマに拘らず審査員の目にとまった3作品が「優秀賞」を獲得した。

 

各部門の最優秀賞をを獲得したのは、日本、フランス、中国、ハンガリー出身の4名。6歳から16歳の子供たちは、賞品として親友と一緒にロールス・ロイスに乗り、運転手付きのリムジンで学校への送迎を楽しむことになる。

 

さらに、最優秀賞4名と優秀賞3名のデザインは、ロールス・ロイスのデザインチームにより、実際のロールス・ロイスのデザインプロジェクトと同じソフトウェアとプロセスを使用して、美しいデジタルレンダリングイラストに仕上げられた。

 

 

 

最優秀賞を獲得した日本出身の6歳、サヤがデザインした「ロールス・ロイス カプセル」

最優秀賞を獲得した日本出身の6歳、サヤさんがデザインした「ロールス・ロイス カプセル」。どこでも駆け付けられる救急車としてデザインされている。

 

Rolls-Royce Capsule

ロールス・ロイス カプセル

 

ロールス・ロイスの想像を超えた無限のアイデア

 

世界中で新型コロナウイルスのロックダウン状態が続くなか、2020年4月にスタートしたデザイン・コンペティションは、世界中から大反響を呼ぶことになった。テーマは「未来の夢のロールス・ロイス(dream Rolls-Royce of the future)」。多くの作品が殺到したことで、当初の応募締め切りが延長されている。

 

子供たちの無限の発想力により、自動車デザインの領域をはるかに超えた、様々なビジョンを持ったアイデアがロールス・ロイスに届けられることになった。ユニコーン、カメ、宇宙旅行、エジプトのピラミッド、パブロ・ピカソ、蜂など、大人には思いつかない、素晴らしい発想力が含まれていた。

 

トルステン・ミュラー=エトヴェシュCEOは、応募者のなかから将来デザイナーとして活躍する子供たちが現れることを予想している。

 

「ロールス・ロイスのスタッフを代表して、コンテストに応募してくれた若手デザイナーの皆さんに、心から感謝します。デザインを考え、努力し、創造性を発揮してくれた皆さんには、驚きしかありません。素晴らしい才能を持った応募者のなかから、近い将来カーデザイナーとして、ロールス・ロイスで働く人物が出てきても不思議ではありません」

 

「このコンテストから学んだ最も重要なことは、どんな状況であっても、私たちの想像力は常に自由であること。そこから、素晴らしい成果を生み出す力を持っているのです。参加した子どもたちにもこのことを知ってもらい、パンデミックの経験から何かポジティブなものを得てほしいと願っています」