歴代ポルシェ911ターボとPUMAがコラボしたスニーカー登場! 北米では発売即完売の大人気

公開日 : 2020/11/24 11:55 最終更新日 : 2020/11/24 11:55


歴代ポルシェ911ターボとPUMAがコラボレーション

各タイプをフィーチャーした500足を限定リリース

 

ポルシェ 911ターボはデビュー以来、そのデザインとパフォーマンス、そして官能的なエンジンサウンドで高い評価を受けてきた。8世代、約50年の歴史を紡いできた2020年、ポルシェ・カーズ・ノースアメリカ(PCNA)は、911ターボとPUMAの新たなコラボレーションを発表した。

 

今回、PCNAと世界的なスポーツブランドであるPUMAが、911ターボをフィーチャーした限定シューズ「ポルシェ × PUMAコレクション」を共同開発。各タイプを象徴するカラー、リヤウイング、ライトバー、インテリア、ボディラインなど、911ターボの象徴的なデザイン要素がシューズに採用され、ひとつのデザインにつき500足のみが生産される。

 

PCNAのマーケティング担当取締役のペドロ・モタは、今回のコラボレーションについて次のようにコメントした。

 

「ポルシェの伝統的な要素が、PUMAのデザインへとシームレスに採り入れられているのを見るのは、とてもワクワクしました。 この夏、我々は新世代の911ターボを発表しています。この機会を祝うためにPUMAとコラボレーションしたことで、コアなマニアを超えた様々な人々と、このスポーツカーを共有することができました」

 

ポルシェ 911 ターボ タイプ 964 x Puma Future Rider

今回ベースのシューズに選ばれたのは、「フューチャーライダー」と「スピードキャット」。写真はタイプ964の911ターボをイメージしたモデル。

 

Porsche 911 Turbo Type 964 × Puma Future Rider

ポルシェ911ターボ タイプ964 × Puma フューチャーライダー

 

空冷と水冷で分けられたベースモデル

 

このコラボレーションのために、PUMAは1970年代のスニーカーにインスパイアされた「フューチャーライダー(Future Rider)」と、モータースポーツのレーシングシューズをイメージした「スピードキャット(Speedcat)」をチョイス。この2種類のシューズをベースに、911シリーズが搭載するエンジンの重要な進化を反映した2つのスタイル「空冷(Air-Cooled)」と「水冷(Water-Cooled)」のデザインが施されている。

 

「フューチャーライダー」は、空冷911ターボの初代モデルであるタイプ930の3.0と3.3、タイプ964、タイプ993と4世代をモデル化。一方、水冷モデルをフィーチャーした「スピードキャット」は、タイプ996、タイプ997、タイプ991、タイプ992をピックアップしている。

 

PUMAは、リビエラブルー、ガーズレッド、サフランイエローメタリック、GTシルバーメタリックをなど、ポルシェのボディカラーにインスピレーションを得て、ポルシェ・ファンなら誰もが一目でそれと分かるようなフォルムを実現した。

 

ポルシェ 911 ターボ タイプ 992 x Puma Speedcat

最新のタイプ992をイメージした「スピードキャット」モデル。11月16日から行われたプレオーダーの特設サイトオープン時間はわずか2.7秒。これは 911ターボの0-100km/h加速2.7秒へのリスペクトだという。

 

Porsche 911 Turbo Type 992 × Puma Speedcat

ポルシェ911ターボ タイプ992 × Puma スピードキャット

 

11月16日のプレオーダー後即日完売

 

ポルシェとPUMAは独占技術パートナーを結んでおり、ポルシェGTチームやフォーミュラEチームなどに、レーシングウェア、チームウェア、シューズ、バッグ類などを供給。さらに、ポルシェデザインも2019年からPUMAと提携関係にあり、ハイエンドスポーツウェア、フットウェア、アクセサリーのシーズンコレクションを展開している。 

 

911ターボにインスパイアされた「ポルシェ × PUMAコレクション」は11月16日から北米でプレオーダーが行われ、17日から本格販売をスタート。オンラインにおいて即日完売した。残念ながら現時点で日本での販売は明らかになっていない。

 

 

【関連リンク】
・ポルシェ × PUMAコレクション特設サイト
https://www.porsche-design.com/us/en/icons-of-fast/