ロールス・ロイス製の折り畳み椅子が登場! カーボン&アルミ仕立てのモバイル一脚チェアは邦貨約90万円

公開日 : 2020/12/04 11:55 最終更新日 : 2020/12/04 11:55


ロールス・ロイス「Pursuit Seat」の座面イメージ

英国伝統のシューティングスティック風

 

ロールス・ロイス モーター カーズは2020年12月1日に、純正アクセサリーとして「Pursuit Seat(パースィートシート)」を発売した。一脚タイプのポータブルチェアで、価格は6581ポンド(約92万420円)。ロールス・ロイスの正規販売店などで取り扱う。

 

最新の純正アクセサリーとして登場した「Pursuit Seat」は、スタイリッシュなデザインのモバイルチェア。折り畳むと杖のようにも見えるデザインは、英国では「Shooting Stick」と呼ばれ、狩猟やアウトドア愛好家に用いられてきた伝統的なスタイルだ。

 

ロールス・ロイス「Pursuit Seat」の折り畳んだ状態

ロールス・ロイスが純正アクセサリーとして発売した「Pursuit Seat」。折り畳むと杖、広げると椅子として使えるタイプのポータブルチェアだ。

 

カーボン+アルミ+レザー仕立て

 

「Pursuit Seat」のデザインはグッドウッド本社のビスポーク コレクティブ部門が担当。支柱部分は軽量かつ剛性に優れるカーボンファイバー製。金属部分には丹念に磨き上げたアルミニウムを使用している。シートの高さは任意で調整することが可能。

 

シート部にはロールス・ロイス車のキャビン同様に、上質なレザーを手作業で丁寧に貼り込み、アイコンであるスピリット オブ エクスタシーの繊細な刺繍を施している。もちろん、愛車のロールス・ロイスに合わせて、レザーの色を多彩なカラーパレットから選択することができる。

 

ロールス・ロイス「Pursuit Seat」のトーチライト

ロールス・ロイス「Pursuit Seat」は高さを任意で調整可能。また、ヒンジ部分にはアルミ製のトーチライトが格納されている。

 

RRロゴ入りトーチライトも付属

 

支柱の先端は、アスファルトや室内などのフラットな場所でしっかりと安定する末広がりの設計となっている。芝生などの不安定な場所では、格納しているスパイクを伸ばし、土に刺して使用する。

 

また、支柱のヒンジ部分にはアルミニウム製のロゴ入りトーチライトを収納しており、夕闇の中でも愛車までの帰路を安全に照らしてくれる。さらに、ロールス・ロイス全車のコンパートメントにマッチする、優雅なレザーケースも付属している。

 

ロールス・ロイス「Pursuit Seat」を収納したカリナンのラゲージコンパートメント

「Pursuit Seat」を収納したカリナンのラゲッジコンパートメント。ロールス・ロイス車の荷室にマッチするよう、上質なレザーケースも付属している。

 

釣りに写生にガーデニングに、そしてもちろんモータースポーツ観戦にももってこい。ロールス・ロイスのラゲッジに積むのにこれほど似合うアウトドア用チェアはないはずだ。