池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第4回:vs ロータス エリーゼ編】

公開日 : 2020/12/05 17:55 最終更新日 : 2021/08/08 17:59

AUTHOR :
アルピーヌ A110S、ロータス エリーゼ スポーツ220IIと池沢先生

ALPINE A110S × LOTUS ELISE SPORT 220 II × Satoshi IKEZAWA

アルピーヌA110S × ロータス エリーゼ スポーツ220II × 池沢早人師

 

 

ライトウェイトスポーツの頂点を競う素晴らしきライバル

 

約半世紀の時を経た今もなお、クルマ好きのバイブルとして人気の高い『サーキットの狼』。主人公の“風吹裕矢”と共に活躍を果たす「ロータス ヨーロッパ」は、軽量さを武器にフェラーリやランボルギーニといったハイパワーモデルたちを打ち負かす。その物語の礎は作者である池沢早人師先生の実体験によるもので、先生は当時の相棒を務めたロータス ヨーロッパへの思いを募らせる。そこで、今回は「現代に蘇ったライトウェイトスポーツ」と呼び声の高いアルピーヌ A110Sとロータス エリーゼ スポーツ220IIの2台を連れ出し、ライバル2台による究極のドライブフィールを比較してもらう。

 

アルピーヌ A110Sロータス エリーゼ スポーツ220IIの走行シーン

現代のライトウェイトスポーツを代表するアルピーヌ A110Sと、元祖ライトウェイトスポーツの血統を伝えるロータス エリーゼ スポーツ220IIを、同じ土俵で吟味する。

 

軽量さが際立つ本家ロータスの最終兵器!

 

箱根の峠に姿を見せた2台のライトウェイトスポーツ。アルピーヌA110Sとロータス エリーゼ スポーツ220IIは個性的なスタイルを競い合うように佇んでいた。究極ともいえる2台のスポーツカーを同時に試乗できる至福の時が訪れる・・・。

 

前回のレポートでもお届けしたように、フランス生まれのA110SはハイブリッドやEVという新たな時代の方向性を模索する近代自動車のなかに於いては稀有な存在であり、「操る楽しさ」や「走る喜び」といったクルマ本来の魅力を感じさせてくれる一台であった。車両重量も1110kgと、電子機器と安全装備、贅沢な内装によって肥大化した最新モデルたちとは逆行する軽さを武器に、292psを誇るパワーユニットの威力を存分に発揮。「現代に蘇ったライトウェイトスポーツ」の称号が嘘ではないことを証明してくれたのである。

 

ロータス エリーゼ スポーツ220IIと池沢先生

以前に初期型のロータス エリーゼを所有していたこともある池沢先生。最新のエリーゼ スポーツ220IIのステアリングを握って終始笑顔だった。

 

エリーゼは初期モデルとは比較にならない進化を遂げていた!

 

一方、今回のライバルとして登場したロータス エリーゼ スポーツ220IIは、ボクが愛したロータス ヨーロッパのDNAを継承する由緒正しいモデルであり、バックヤードビルダーとしてクルマを生み出してきたコーリン・チャップマンの意志を強く受け継いでいる。実はボクは1996年頃にエリーゼのフェイズ1を手に入れたことがあり、その俊敏な走りを楽しんでいた。今回のモデルは2018年にパリ・モーターショーでデビューを飾ったフェイズ2をベースに熟成を重ねたモデルである。当時を思い出しながら試乗してみたのだが、エンジン、走り、エキゾーストノート・・・その全てに於いて初期モデルとは比べ物にならない進化を遂げていたことに大きな衝撃を受けた。

 

まず気が付いたのが、アルミ素材を剥き出しにした内装が少しばかり豪華になったことだ。ドアやサイドシルにレザーが張られてはいるものの、クッション材などは使用されず軽量化とのバランスを考えた最低限の妥協にロータス社の苦悩が見受けられる。

 

ロータス エリーゼ スポーツ220IIと池沢先生

エリーゼの小振りで操作性抜群の3ペダル、シフトリンケージが剥き出しのシフトコンソールなど、無駄を排した硬派なインテリアを高く評価。

 

どれをとっても魅力的なデザインで構成し、走りに徹した潔さが身上

 

試乗したエリーゼ スポーツ220IIは6速MT仕様となり、ショートストロークのシフトはコンソール部分のリンケージが見えるメカニカルな演出が男心を刺激してくれる。ただし、できることならこのコンソールの高さをあと5cmほど高くしてくれたら、コーナリング中のニーレストとして機能してくれたはず。アクセル側は太いサイドシルがニーレストとして機能していることを考えたら少しばかり残念な部分である。

 

スタイルはフェイズ1と比較するとシャープさを増したデザインへと進化を遂げているが賛否は両論。いまだにフェイズ1を支持するファンも多いようだが、個人的には決して嫌いではない。運転席に座ると左右に盛り上がって見えるマッシブなフロントフェンダーや、サイドを大きく抉ったエアインテーク、緩やかな曲線を描くフロントスクリーンとAピラー、ディフューザーとスポイラーを装備したリヤセクション・・・どれをとっても魅力的なデザインで構成され、走りに徹した潔さがドライバーを高揚させる。アンダーボディはしっかりとフラット化されディフューザーの効果と相まって高速走行時の安定性を実現しているというのも見逃がせないポイントだ。

 

アルピーヌ A110Sロータス エリーゼ スポーツ220IIの走行シーン

共に1.8リッターの過給機付き直列4気筒エンジンをミッドマウントするA110Sとエリーゼだが、100kg近い重量差により走りの性格は大きく異なる。

 

A110Sとエリーゼの同時試乗で痛感したことは「感覚の曖昧さ」

 

今回のアルピーヌ A110Sとの同時試乗で痛感したことは「感覚の曖昧さ」だ。前回の試乗ではA110Sの1110kgの軽量さによるシャープなドライビングに驚嘆したが、エリーゼ スポーツ220IIの、より軽量な924kgによるアドバンテージには更なる衝撃を受けた。

 

共に1.8リッターの4気筒DOHCエンジンをミッドシップに搭載し、A110Sはターボ、エリーゼはスーパーチャージャーと過給器の違いはあるものの基本的なレイアウトは共通。しかし性格の違いは歴然であり、A110S単体で試乗した時にはその軽量さが際立ったものの、エリーゼの軽量さはさらに別次元の走りを見せつけてくれた。まさに「ハンドリングマシン」と言うべき操作性は、ハンドリングのダイレクト感やハードさとしなやかさを持つ足まわりと共鳴することでダイレクトなドライブを提供してくれる。

 

ロータス エリーゼ スポーツ220IIの走行シーン

ロータス ヨーロッパで味わったライトウェイトスポーツの楽しさは両モデルともに濃い。特にエリーゼはスポーツドライブに特化しているためワインディングでの楽しさは痛快のひと言だ。

 

カウンター狙いのA110S、リズミカルに繰り出すジャブのエリーゼ

 

絶対的なパワーは感じられないが、オールファイバーボディとアルミ製のモノコックボディを組み合わせた軽さによるパワーウェイトレシオが俊敏な走りを支えていることは間違いない。パワーとウェイトが絶妙なバランスを見せ、ワインディングならばハイパワーのスポーツカーに後塵を浴びせることができるはずだ。

 

この感覚はボクが描いた『サーキットの狼』の原点でもあり、ロータス ヨーロッパで味わったライトウェイトスポーツ本来の楽しさでもある。両モデルの走りをボクシングで表現するならば、A110Sがカウンター狙いの鋭いストレート、エリーゼがリズミカルに繰り出す軽快なジャブの連打のような感覚だ。共に絶妙なタイミングでコーナーを駆け抜けるのだが似て非なる爽快感でドライバーを誘惑する。

 

ただし、エリーゼ スポーツ220IIがA110Sを凌駕しているかと問われれば、決してそうではない。A110Sと比べ軽量さによるアドバンテージはあるものの、絶対的なドライバビリティは互角だと思う。もちろん、性格の違いはオーナーのライフスタイルにも影響を与える。A110Sは日常を支える快適さと俊敏さを兼ね備えて普段使いも問題ないが、エリーゼはスポーツドライブに特化できる環境を求めるはずだ。

 

アルピーヌ A110Sロータス エリーゼ スポーツ220IIのリヤスタイル

最新のライトウェイトスポーツであるアルピーヌ A110Sは2シーターながらも日常性を備えた万能さが光る。一方、ロータス エリーゼ スポーツ220IIは走りに特化し、スポーツドライブを愛好するエンスージアストのセカンドカーに最適なモデルだ。

 

A110Sは高い協調性をもち、エリーゼは非日常への渇望を満たす!

 

両モデル共に2シーターということもあり、ファミリーカーには適さないものの日常でのドライブや買い物に於いてはA110Sに軍配が上がる。しかし、セカンドカーとして考えるならばエリーゼの魅力は限りなく大きい。ロータス エリーゼ スポーツ220IIは「走りに特化した潔さ」が際立つクルマであり、日常の快適さを捨てたことでライトウェイトスポーツとして魅力を研ぎ澄ますことができたのだと思う。

 

しかし、この類稀なる名車は1995年に登場してから既に四半世紀を生き抜いた長寿モデルとなり、生産中止の噂も流れ始めている。本当の意味でのライトウェイトスポーツを手に入れたいなら、今が最後のチャンスになるかもしれない。

 

 

TEXT/並木政孝(Masataka NAMIKI)

PHOTO/森山良雄(Yoshio MORIYAMA)

 

 

【SPECIFACATIONS】

アルピーヌ A110S

ボディサイズ:全長4205 全幅1800 全高1250mm

ホイールベース:2420mm

車両重量:1110kg(※グリ トネール マットのみ1120kg)

エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ+ターボ

総排気量:1798cc

最高出力:215kW(292ps)/6420rpm

最大トルク:320Nm/2000-6420rpm

トランスミッション:7速DCT

駆動方式:RWD

サスペンション形式:前後ダブルウィッシュボーン

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

ディスク径:前後320mm

タイヤサイズ:前215/40R18 後245/40R18

最高速度:260km/h

0-100km/h加速:4.4秒

車両本体価格(税込):864万円(※2021年1月1日より新価格)

 

ロータス エリーゼ スポーツ220II

ボディサイズ:全長3800 全幅1720 全高1130mm

ホイールベース:2300mm

車両重量:924kg

エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ+スーパーチャージャー

総排気量:1798cc

最高出力:162kW(220ps)/6800rpm

最大トルク:250Nm/4600rpm

トランスミッション:6速MT

駆動方式:RWD

サスペンション形式:前後ダブルウィッシュボーン

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

ディスク径:前後288mm

タイヤサイズ:前195/50R16 後225/45R17

最高速度:233km/h

0-100km/h加速:4.6秒

車両本体価格(税込):682万円

 

 

【問い合わせ】

アルピーヌ コール

TEL 0800-1238-110

 

ロータス コール

TEL 0120-371-222

 

 

【関連リンク】

・アルピーヌ・ジャポン公式サイト

https://www.alpinecars.jp

 

・エルシーアイ 公式サイト

http://www.lotus-cars.jp/

 

 

【関連記事】

・池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第1回:ファーストコンタクト編】

 

・池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第2回:ロードインプレッション編】

 

・池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第3回:ツーリング&ユーティリティ編】